ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

あめりかーんな食事

2019.10.03 Thursday 15:27
0

    JUGEMテーマ:グルメ

     

    アメリカ人てピザとハンバーガー以外何食ってんの?

     

    このまとめを電車の中で読んでて、あ、確かにアメリカの食事とか、色々と誤解されてるんだろうな…というのがあってw

    狭い我輩個人の範囲でよろしければ...

     

     

     

     

     

     

     

    酷い漫画だったな、好きだけどw

     

     

     

    まず、交友範囲で、ファーストフードチェーンとかにはあまり行かない。

    安いけど、不味い。

    ガキが行くところで、いい大人が家族と一緒に入るところではない。

    あと、KFCは日本では御馳走扱いだが、現地では倒産しかかってるレストランのイメージがある。

     

    奥さんが必死になって、健康食をテーブルに出している家は、ある一定の収入を得ている。

    豆腐が冷蔵庫に常備。やたらとキヌアを出してくる。

    ただサラダドレッシングがどうも、油使いすぎじゃね?

     

    どっかの料理研究家曰く、純粋な「アメリカ料理」はバーベキュー。

    だいたい同意できるが、劇的に変化したのはやはりキッコーマンのおかげ。

    家ごとにオリジナルのバーベキューソースレシピと焼き方があり、

    「オレ様のが一番だ!」「ふぁっくゆー!おまえのは牛の睾丸の味だ!」てな感じで殴り合いになったりしないのが意外だが(ぉぃ

    だいたいどこでもバーベキューは美味しいが、アパートのベランダでやるのはちょっと...

     

    オーガニックフードとかが充実しているスーパーチェーンのTrader Joe'sについて、お惣菜や魚には手を出してはいけない。

    コストコは便利だが、収納容量と比例する。

    昔ながらの店は滅亡中だが、意外とNYCのど真ん中でしぶとく生きている。

     

    中華料理は人気減で、なんちゃって日本料理に鞍替えしている。

    どう見てもメニューにはエビチリの写真だが、その隣に日本盛の樽酒が置かれてて、ウェイターが「日本食です」と説明してきて、おいおまえ、おれの名前を(ジャギ

    一時期衰退してたダイナーが最近復活しているのはうれしい。

     

    共稼ぎであっても中流家庭以上であればあるほど、外食回数を少なくしているように思える。

    朝早く、自分でサンドイッチとかを作り、ランチボックスに入れて学校に行く家庭は、概して問題がないように見えた。

    その学校も、安くて粗悪なキャンデイーの自販機があまり置かれていない(その分、授業料とかが高そうだったがw)。

     

    NYCのど真ん中であれば、世界中の料理であればとりあえず食べられる。

    個人的にお勧めはブルックリンにあるボスニア・ヘルツェゴビナ料理を出すレストラン。

    あと、グランドセントラル駅郵便局近くにあるギリシア料理屋もなかなか。

     

     

     

    なに書いてるんだっけ、我輩。

    いやまあ、アメリカは思っているよりも、普通の食事をしているってこと。

    地域差や所得差はあるのは否めない。

    巨体をゆさゆさする動画がよく取り上げられるが、あれも地域によってあまり見かけない。逆に悪意あって、あのようなのをしか動画で見せないというのはどうかと思うぞw

    その人の民族にも拠るものがある。そしてそれが味覚の原風景になり、長じて何かの機会で友人にも試すこととなり、それが既にあるアメリカの他の味覚と交じり合って進化する。

    それがアメリカの食事だ。

     

     

     

    まあ、量は確かに異常だが。

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229534

    トラックバック