ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

毎日ではないとしても

2019.09.30 Monday 21:19
0

    この一か月、久々になんとか日記を書いてみた。

    どれもこれも、当たり障りのない内容を心掛けたつもりだ。

    Twitterでいつも吐き出していることをあえて書かないようにしたのだが、気づいたことがある。

     

    日記を書こうとする意欲がなかなか湧いてこない。

    しかし、書き始めると一気に苦も無く書いてしまうことができる。

     

    駄文の連なりであることは自覚している。

    自分の今置かれている状況からすれば、いくらでも書く時間があるのだが、キーボードに向かうとなるとその気力がわかない。

    が、指を動かし始めると、何かを脳内でひねり出す前に、自然と何かしらのことを書き始めていることに気づいた。

    そして書き始めると、呼吸するようにサラサラと文字が勢ぞろいするのだ。

     

    何故なのか分からない。

    ただ、書くという行為について、意思とは関係なくできることに気づいた。

     

     

     

    「何か」を書き始める時期になったのだろうか。

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229531

    トラックバック