ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

プライベートの冬服

2019.09.25 Wednesday 16:34
0

    JUGEMテーマ:ファッション

     

    想定外の買い物とかあったりしたが、通販とかで色々比較して無事に終了。

    なんか当初の予算より、随分かからなかった。

    まあこれはこれで良いのだけど、もう一品くらい、いいよね...。

     

    あっという間に冬が来そうだ。

    異常気象が続く昨今、四季を感じない。あえて言えば二季か。

     

    プライベートの夏服は大体いつも決まっている。

    インド人街で購入したシャツやかりゆしだ。

    下はジーンズ。半ズボンとかは履かない。

    多く悩む必要はない。

     

    が、冬に関してはいつも苦労している。

    着込めばモコモコになり、動きづらい。

    かといって、新素材の中綿などを使ったものは好きになれない。

    木綿布のが好きだが、我輩のサイズに合うものが意外と少ない。

    サカゼンのオリジナルものは、相変わらず論外だ...「デブだから、この程度のデザインで我慢しろ」といういい加減さを、そろそろ改善しようと思わないのかと、小一時間ブツブツ言いたくなる。

     

    そんな中、上野アメ横を久々に歩くと、あの中田商店が。

    そうだ、ミリタリー系の服とかという選択肢もあるんだよな。

    あまり、軍服軍服っぽい(?)ものではなく、民生に落とし込んだものとかがあれば、うれしいかな?

    革ジャンとかも良い選択肢かもしれないな。

     

    ...その前に、なんでこんなに種類があるんだ?

     

    MA-1

    M-65

    M-51

    N-3B

    N-1

    L-2B

     

     

     

    わからん...

     

     

     

    えっと、MA-1はパイロットが着るように短めのジャケットで暖かい。

    M-65は「バンドオブブラザース」に出てくる、あんな感じで、別名「フィールドジャケット」で暖かい仕様となってる。

    M-51はパーカーのようなもので裾が長い。モッズコートの原型のようなものか。

    フワフワフードとかが付いている中綿入りの暖かいのがN-3B。極寒地で戦うパイロット向けに開発。

    N-1は海軍で使用するコート。なんか、ワークマンのドカジャンに似ているが、無茶苦茶暖かそうだな。

    L-2Bは夏用だから除外。

     

    N-1がなんか良さそうだな。コットン地というのもいい感じだ。

    だが、慎重に選ばないと、まんま、ドカジャンになるから気をつけろってのか。

    通販ではなく、実物に触らないとダメなんだな。

    M-51も良さそうだ。会社にも羽織れそうだが、いや、逆にそう使えるとは考えないようが良いかもしれん。二兎追うもの...ではないが、プライベートで使うには嵩張りそうだ。

    MA-1は小学校の頃に着てたっけ。なんかおっさんが着るものじゃないな。

     

     

     

    残り一週間弱。さあ、間に合うかw

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229529

    トラックバック