ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

「プチ貧乏旅行」の棚卸 9

2019.05.14 Tuesday 16:42
0

    JUGEMテーマ:旅行

     

    13) 会社とかへの土産について

     

    カタギのサラリーマンになって、部署へのお土産という難題にいつもブチあたっている。

    が、あることを通して、その問題が解消された…正確に言えば、「土産を期待されない」ようにした、ということか。

     

    マレーシアとシンガポールはとにかく、土産となるものが存在しない。

    空港の免税店を覗いても、関係性のないマカデミアンチョコとかが平気で売られ、しかも想定より高い。

    シンガポールであれば、マーライオンのクッキーとかチョコとかあるが、これって温泉饅頭のようなもの。

    長野県の温泉まで湯治にきたのに、埼玉県の工場で作られたお土産を買うようなものだ。

    とはいえ、「行ってきました」という証拠にはなる。

     

    スーパーでバラマキものを買うという手はある。

    観光地にある小売店なら、観光客向けのコーナーが大なり小なり存在する。

    石垣島の地元スーパーでも、黒糖やお菓子売り場があり重宝する。

    KLのど真ん中にあるジャイアントというスーパーでは、やはりそのような一角があり、免税店よりも非常に安く売られている。

     

    が、買ったところで、会社では歓迎されるという可能性は低い。

     

    ゲーム業界に居たころは、とにかく偏食の輩が多く、同じチョコレートなのに「外国のだからいやだ」と口にしないのがいた。

    今いる会社でも、羊水が腐りだすと、「ダイエットなのよー」という嘘を垂れ流して、人の土産を腐す糞ババアばかり跋扈している。

     

    なので、ある手をとった。

     

    マレーシアでドリアンのにおいがパッケージから漏れ出すくらいのチョコレートアソートを会社の土産に持っていった。

    当然、阿鼻叫喚。

    総務課長が「頼むから引っ込めてくれ」と願いだす始末。

     

    で、それ以降、会社に土産を持って行くということをしなくなった。

     

    『いいですよ?でも我輩が訪れる国々は、その手のお菓子とかしかありませんから。皆様のような、味覚鎖国状態では、受け入れられませんよねー』

     

    とイヤミを含めて。

     

     

     

    皆様もお試しを。w

    プチ貧乏旅行の勧め | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    ドリアンチップスを買って帰ったことはあるなぁ・・・皆こわごわ遠巻きに見てた〜w
    | YAMA | 2019/05/17 4:14 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229498

    トラックバック