ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

「プチ貧乏旅行」の棚卸 6

2019.05.11 Saturday 23:27
0

    JUGEMテーマ:旅行

     

     

    10) 理想の帽子

     

    費用の多寡を問わず、またその行先の寒暑を問わず、旅行において帽子は必需品である。

    熱射病を避ける、落下物に対する衝撃を和らげる、まあこれらは当たり前の話だが、他にもいくつか。

     

     

    まず、寝ぐせを誤魔化すことができる。

    海外の水は、その国によって質が違ってくるが、それがよくわかるのは朝。

    洗面で顔を洗い、髪を撫でつけても元に戻らない場合が結構多い。

    ヘアスプレー?

    我輩、そういうの嫌いなので。

    というわけで、帽子を被れば何とか恰好はつくというわけだ。

     

     

    ひっくり返して、財布や腕時計などを入れる皿代わり。

     

    所謂、携帯式のボタントレー。

    これが結構便利だったりする。我輩も一個、オレンジ色のを使っている。

    が、なぜか2回に1回は忘れてしまうことがある。

    その場合は、慌てずに帽子の中に小物を全部放り込んで寝ることにしている。

    代用できるなら必要ないじゃん?…と思われるが、まあ確かに。

    ただ、帽子も酷使されているし、汗だくの中に放り込むのも、なんか気になるものがあってね。

    とはいえ、こういう使い方できる。

     

     

    雨避けになるが、南方だとクーラーの水がポタポタ落ちてくるのがあるので、それを避けるために必要だ。

     

    長距離バスでの睡眠時、ちょっとしたアイマスクになる、これは結構重要。

     

    あ、上のボタントレーと関連しているが、空港等での荷物身体検査、財布などの金属関係のものをまとめる場合、トレーに直接放り出すことをせず、帽子の中に纏めるのば一番賢い。

     

    一度、熱射病になりかかった時、帽子の中に水を入れて、頭からバシャー!...とやって、無理やり治したこともあったな。まあ、これはちょっと特殊かな。

     

    白タクとか、怪しげな両替、引っ張りとかを避ける場合、視線を隠すように深く被ると効果的。少しでも視線を合わせると、隙になるから。

     

     

     

    ただね…帽子は必須だけど、今まで理想とする帽子を巡り合ったことがない。

    正確に言えば、それぞれの旅行先全てに対応できる帽子がない、ということだ。

     

     

    360度のツバで、頭を覆う箇所が網目になっている、オーストラリアのデザートハットは、南へ行く時によく被っていく。

    日光を完全にシャットアウトし、蒸れない構造で20年近く愛用しているが、これにはいくつか欠点がある。

    後ろのほうにツバが広がるから、被ったまま飛行機やバスのシートに座ることができない(脱ぐしかない)。

    また正直な話、武骨なデザインで、大都市を歩く際に野暮ったくなる(シンガポールやKLの中でこれを被るのはちょっと恥ずかしい感じがする)。

    ブーニーハットも同じ理由で、洗練されたものではない。

     

    野球帽は逆に避けているチョイスだ。

    実はあまり、旅行には向いていないデザインだ。

    網目ではない通常のものは、とにかく蒸れてしまう。寝ぐせが治る以上に、髪の毛が湿気た海苔になってしまう。

    また網目のものは、耐久性がひどく貧しい。一回の旅行で使い捨てどころか、旅行の途中で壊れてしまうくらいにもろい。

    前のツバが風にあおられやすく、飛ばされやすい。

    後ろにあたる日光を避けることができないから、熱射病になりやすい。

    何よりも、好きな野球チームがないのだ。ニューヨークMETSはファンだが、日本に我輩のサイズ、あるわけないし。

     

    試しに今回、ゴアテックスのハンチング帽を被ってみたが、あまりこれも良い選択肢ではなかった。

    汗を出すとうたっても、熱がこもりやすい。

    あと、この帽子はアジアではメジャーではなく、行く先々でジロジロ見られてしまった。

    ベレー帽は普段から愛用しているが、これはシンガポールでは向いていない…警官の帽子がベレー帽だから。

     

     

    真面目な話、これでも買って被ろうかとも思ったが、ウール製なんだね…むりーw

     

     

     

    というわけで、帽子については好みの基準があるし、行先に応じて結局選ぶようにしている。

    重要なのは、飛ばされないようにすること。

    顎ひもがあるか、深く被ることができ、しっかり頭にフィットするか、これが一番重要なことだね。

     

     

     

    てか、我輩の頭がでかすぎるんだよ…65cm、普通に売れっての。

    プチ貧乏旅行の勧め | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229495

    トラックバック