ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

ICD交換手術について

2019.03.31 Sunday 21:48
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    長らく日記を更新できなかった。

    実はICD交換手術の手続きとか、入院とか、本番や術後とかでいろいろと忙しく…と、言い訳にはならないか。

    ブルガダ症候群がまだ一般的ではなく、ICDについて知られていない昨今(説明の際には、「お利口さんなペースメーカー」としている)、それでも多くの方が心臓にサイボーグが施されており、また非接触充電技術の応用がまーーーーったく聞かれない状況において、バッテリーが切れかかったら手術で交換という方法しかない。

    それについて、我輩自身も6年後への備忘として、つらつらと書いておこう。

     

     

     

    まず、1回目の埋め込みと違い、唐突に入院ということにならないという点で、大きなアドバンテージがある。

     

    バッテリー交換の告知は、たいてい2~3か月前に行われる。

    容量が10%前後になると、交換時期だと告げられ、入院や手術の手続きを開始するように告げられる。

    病院によって違うが、書類などを持ち、入院手続きの窓口で必要事項を記入し、スケジュール調整を行う。

    その場で決まる場合があるし、我輩が通院している病院では1週間後に携帯電話で報告される。

     

     

     

    入院日程が決まったら、健康保険組合(あるいは国保など)まで、「高額医療制度」の申請を行う。

    必要内容を書き込み捺印して送付したら、三日後にハガキのようなカードが送られる。

    これを入院時に提出しなければ、ン百万円の医療費を払う羽目になるので注意を。

     

     

     

    1週間弱の入院準備を行う。

    旅行慣れしているんであれば、大体何が必要かがわかるが、病院のソレはちょっと違うから注意。

     

    まず、寝間着はレンタルが必須。

    病院はあちらこちらがかなり清潔面で怪しいところがある。

    自分の寝間着は気安いかもしれないが、毎日取り換えてくれるレンタル寝間着がベストの選択。

    タオルの貸し出しも行っているのであれば、少し費用がかかっても、それもお願いするのが望ましい。

    毎日新しいものに交換される清々しさは、なにものにも代えがたい。

     

    下着はパンツだけで良い。

    入院する部屋の気温は、はっきり言って暑い。

    厚着する必要はまったくない。

     

    過去は草履とかで問題なかったが、今は靴でなければならない。

    スリッポンのデッキシューズとかが最適。

    靴下を履く必要のない、綿地が良い。

     

    毎日飲んでいる薬について、5日分小分けにする。

    100円ショップで売られているビニール小袋に入れ、油性ペンで内容と回数を明記する。

    なお、サプリメントは入院中は控えるようにする。

     

    ティッシュボックス、アルコール消毒のウェットティッシュそれぞれ必須。

    病院内は結構埃っぽく、くしゃみが止まらない。

    後者は応用が効くので、強めのアルコールのものを用意しよう(食後の箸を拭いたり、便座を拭いたり)。

     

    結構忘れるのが、帰りの日の服。

    下着、シャツなどを、新品なものにするというのも良い。

     

    病院によって違うが、ノートPC、タブレットは最強。

    今回、iPadとPC(それぞれLTE接続)、ヘッドホンを持って行ったが、退屈するということは全くなかった。

     

    箸、コップ(陶器製が安定してよい)、あと小さい目覚まし時計があればよい(スマホでいちいちチェックするのが面倒)。

    歯ブラシ、歯間ブラシ、リステリン、鼻うがい液。それらをまとめる小さい箱(100円ショップとかで)。

    USB充電、できれば小さいタコ足。

    T字帯は病院売店でも売られているが、アマゾンで購入すれば安い。

    湿布もあればよいが、入院の際に看護師に報告しなければならない(硬いベッドで腰が痛くなる)。

     

     

     

    入院し、周囲に挨拶だけ、付かず離れず。

    理想は4人から8人大部屋。

    看護師と薬剤師に薬と薬手帳を渡す。

    直ぐにレンタル入院着に着替え、寝る。

    シャワーを浴びれるのであれば、早めに浴びること。髭なども剃る。

    やたら絡んでくる同室人がいないのであれば、体力温存につとめること。

     

    前日より点滴を打たれる。

    差し込まれる前にシャワーを浴びること。

     

     

     

    交換手術は初回埋め込みより楽。

    まず、足の付け根へのカテーテル挿入はナシ。

    手術室ではなく、処置室で我輩の場合行われた(とは言っても、本格的な設備がそろっているが)。

    歩いて処置室に入り、横になり、シートを全身に覆わされる。

    両腕両足固定。

    頭部にプラスチックのケースが置かれる。

    左胸が晒されるのと感じる。

    局所麻酔の嫌な痛みの後で、電気メスで切開が行われる。

    古いICDが癒着しているので、取り除かれる際の痛みは尋常ではない。

    が、手術そのものは30分、前後の準備で合計1時間。

    ただし、これはあくまでも我輩の場合。

     

    「リード線が綺麗で、癒着などヒドイものはなく、簡単な交換でした」

     

    とのこと。

     

    交換後にゆっくりと台に座らせて、そのまま立ち上がり、車いすへ移動。

    希望すれば、古いほうのICDを洗って渡してくれる。

    手術の痛みよりも、右肩に抱えている五十肩の痛みに気がそれたのが幸いだったか。

     

    そのまま ベッドまで運ばれるが、歩ける。

    点滴に抗生物質が追加され、5時間安静。

    その後で起き上がり、食事をする。

    さすがにシャワーは浴びれない。

     

    翌日、縫合の様子を確認され、問題なければそのまま退院。

    例の書類で、10万円超えることはない(我輩は差額ベッド代込みで7万円強)。

     

     

     

    4日間で全行程終了。

    退院後は数日、有給を取って、休養。

    風呂ではなくシャワーのみで、縫合個所をゆっくり洗浄。

     

     

     

    で、今日で4日目にして、痛みナッシング。

    走ると、ICDが上下するという違和感はあるが、他に問題はなし。

    てか、昨日、飲んだ。

     

     

     

    ご参考になったかな?

    ブルガダ症候群とICD | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    2月から約1か月入院していた身としては
    必要な物については先に知りたかったですw
    もしコミケにサークル参加されるようなら
    同人誌を購入したいと思います。

    追伸 大神丈ノ助さんが亡くなられてもう13年か・・・
    入院した身で説得力がありませんがお体ご自愛下さい
    | ナオー | 2019/04/01 10:44 AM |
    ナオー様

    墓参せねばと思います。

    それにしても、事前準備すると、これほど楽だとは思いませんでしたw
    | Andy山本 | 2019/04/15 2:22 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229486

    トラックバック