ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

毎日描いてて

2019.02.20 Wednesday 16:46
0

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

     

    以前、日記にも書いたが、毎日、イタズラ描きを描いている。

    有難いことに、iPadProは我輩にとって、毎日の「なにか」を膨らませ、楽しくさせてくれる、素晴らしい道具となっている。

    先日、ビックカメラを覗いたら、SurfaceのLTEがやっと売り出されたが、もう遅いっての。

     

    不満はいくつかある。

     

    噂には聞いてたが、iCloudが全く使い物にならない。同期が遅い以前に、つっついて同期しない。今ではガラクタを一時的に保管するクラウドでしかない。結局、その他のクラウドサービスを使いまくっている。ASUSのが意外と使えるんだよな。

     

    顔認証が馬鹿。

    登録のさいに、頭をぐるっと回したはずなのだが、起動で半分の確率で失敗し、6桁をいちいち打ち込んでいる。

    マスクとかはしてないぞ?

    それでも認識されない。

    最近になって、睨むようにレンズを覗くと、認識されるのが判明したら、まだまだこのシステムは欠点が多いんだろうな。

     

    バッテリーが意外と減りやすい。

    まあ、これはクリスタをぐりぐりし過ぎてるから、我輩のせいかもしれんが。

     

    ほぼ毎日、ワンドロのお題をこなす。

    これは一つのペースメーカー。

    我輩は生来、なまけもので、何か毎日「これをやる」と「きっかけ」がないと起動しないように出来ているらしい。

    受験生だった頃も、代ゼミの某講師の文法書を「やる」という「きっかけ」がなければ(その内容がまた糞つまらないが、数百の構文を覚えれば良いというものだったから、取り組みやすかったんだろうな)、始動できなかった。

    それと同じ。

    ワンドロをこなすと、次に何かを描きたくなる。

    で、そのノリで、就寝までなんやかんやと描くことになる。

    この「なにか」が生きがいになって、張り合いがでてくる。

     

     

     

    で、こういう感じで毎日描いてて、気づいたことがあった。

    30年以上、その画風が美しく、憧れている漫画家がいる。

    これを機会に、ちょっと模写に挑戦しようとしたんだよ。

    美しい画風と書いたが、顔の描き方というよりも、身体の描写への憧れであった。

    顔は我輩の画風でクリスタに描き、身体を模写しようとした。

     

     

     

    できん…

     

     

    バランスが全部崩れる。

    顔の向きと身体の向きがおかしくなる。

    アマチュアの端くれであるが、ある程度、頭身や角度は細心の注意で描き、模写を試みたが、全体がまったくおかしくなる。

     

    何度か模写を試みたが、できない。

     

    そして判ったことがある。

     

    この漫画家の画風は、頭から足先まで、いや背景を含めて、一つの完成されたパッケージなのだ、と。

     

    どこを外したら、全体が成立しない。

    パーツのどこかを模写して、自分の絵に組み入れても、歪んでしまう。

    顔の描き方、漫画家の画風から、既に全体が完成されていたことに気づいた。

     

    決して最初から、このような作風ではなかったこの漫画家。初期の頃はコロコロとしたものだったが、次第に洗練されて、今でも連載されている。そして30年近く経過してて、そのパッケージ化された画風は、他を一切寄せ付けない孤高のモノとなっている。

     

     

     

    逆に我輩は勇気を得た。

    であれば、アマチュアの我輩なりの、自分の「パッケージ」を目指そうという目標ができた。

     

     

     

    ほんと、iPadPro、買ってよかった。

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229479

    トラックバック