ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

腰痛についての独自見解

2019.02.19 Tuesday 15:01
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    ちょっと古い記事だが、30〜40代の人の7割近くが腰痛に悩んでるそうな。

    対処方法として湿布が使われ、沖縄県ではパソコンから離れましょうー…って、まあ要するに、姿勢悪く座りっぱなしになるのが元凶なわけで。

    なる理由については千差万別、病因も人それぞれ、対処療法もあれば、手術で治す場合もあるし、怪しげな民間医療もあったりする。

    ゲーム業界に居た頃、痔と共に、誰もがなる病気であったが、猫背でモニターをジーっと見ていたりする生活を続ければ、そりゃなるわけで。

     

    ただ意外なことに、我輩はあまり腰痛にはならない。

    体重110キロだった頃(今は88キロ、ダイエット成功、台湾客家茶ばんじゃーいw)は、反り返る歩き方のために、腰がややだるくなるというのはあった。

    また運動不足の所為で、年に1回、ぎっくり腰になったりしたが、これは針治療で直ぐに治した(鍼灸師曰く、ぎっくり腰は、腰の筋肉の急激な炎症で、肥満の場合は針で直接治したほうが良いとのことらしいが、ほんまいかいな?)。

     

    腰が少し痛い、だるい、ちょっと不快感がある場合、行っている自分なりの治療法は以下のとおり:

     

     

     [沼を肩幅位に広げる。

     

    ◆…称の姿勢にて、腹式呼吸で、腹が腰まで引っ込むくらいに、思いっきり息を全て吐き出す。

     

     ゆっくりとスクワットの要領で、鼻(腹式呼吸)から(腹いっぱいに膨らむように)息を吸い、腰を落とす。姿勢はまっすぐ。

     

    ぁ,修里泙泯吃叩∧△涼罎龍敍が動いているのを意識して留める。

     

    ァ,罎辰りと腹式呼吸で、腹が腰まで引っ込むくらいに鼻口双方から息を全部吐き出し、思いっきり息を全て吐き出す。

     

    Α,修里泙泯吃叩直立したまま、腹の中の筋肉が動いているのを意識して留める。

     

    А´に戻る。これを1日に5度、10回くらい繰り返す。

     

     

    知ってる人は知ってる、インナーマッスルを補強する体操。

    これで30年以上、慢性的な腰痛を防止してきた。

    が、最近になって、これだけでは腰痛を防止できないのでは…と自分の身体を観察してわかってきた。

     

     

    腰痛の最大の原因について、もう一つ仮説…便秘だ。

     

     

    数週間前、上記の体操をしても、だるい腰痛が数日間続いた。

    いつもなら治るはずが、Г硫鷽瑤鯀やしてみたが、改善する様子は見られなかった。

     

    なぜ…と考えなおすと、4日間ほど便秘だった。

     

    会社から新しいプロジェクト(大げさなものではないが)について、色々バタバタしてて、いらぬストレスがあったり、資料を作成するために数時間、パソコンの前でキーボードを叩いていたりしたのが、便秘の原因だったというのを簡単に見抜いた。

     

    強引に外出の予定を組み、歩く時は大またで速度をあげ(有楽町界隈で、181センチの男が、ワッシャワッシャと歩いてるのを見かけたら、30%の確率で我輩かもしれん)、野菜とヨーグルトの量を増やして、出すものを出したら(トイレが詰まるかと思った)、腰痛が全部消えた。

     

    出し切って、腰を回して判ったことだが、大腸から直腸までの間に、骨盤を支える筋肉があるようで、座りっぱなしだとここの筋肉が急速に衰えるようだ。その筋肉は、骨盤だけでなく、大腸全体をも支えてるように思える。

    しかも高齢になると、この弱り方は若い頃よりもあっという間...に感じられる。

    あるいは元々、筋肉そのものが弱っているということも考えられる。

     

    ここの筋肉が弱ると、大腸全体を支えられなくなり、便が出せなくなる。

    出せなくなると、大腸が重くなり、姿勢だけでなく、内臓から腰の筋肉にいらぬ負担がかかり、腰痛になる。

    だから骨盤の筋肉を鍛えることで、便を出しやすくし、腸が軽くなることで腰への負担をなくし、腰痛を防ぐことができる。

     

     

     

    すげえ、ナニ、このトンデモ学説www

     

     

     

    まあ、とはいえ、腰痛も便秘もどっちも避けたいものだ。

    これは我輩だけのことなので、他人にあてはまるということは、あまりないから、参考としないように。

    要するに、椅子に座りっぱなしはやめて、せめて一時間に一回は立ち歩くこと。

    歩く時は、骨盤周りの筋肉を意識して大またで、姿勢正しく歩く。

    野菜、ヨーグルトを無理なく摂取する。

     

     

     

    でもまあ、年齢を食ったら、あちこちガタが来ると思ったほうがいいねえ。w

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229478

    トラックバック