ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

好きな「そば」は、何そば?

2019.01.12 Saturday 23:52
0

    せいぜい、ジャケットをオーダーメイドしただけの今日、ネタがない時はジュゲムに頼ると…

     

    好きな「そば」は、何そば?
     

    三鷹駅構内、武蔵境駅上りホーム、JR吉祥寺駅の今はトイレのある場所、あと一時期あった武蔵小金井駅構内...そ、駅そば。

    いやまあ、他にも神田やぶとかも好きだが、大学時代、これらで良く小腹を満たしてた。

    共通して食べてたのが、かき揚げてんぷらで卵…「天玉」ってやつだね。

    だが、いずれの店も全部潰れて亡くなった。

    JRによる経営方針で、個人商店っぽいところが潰されたと聞いたが、それにしても惜しい。

    決して美味しくない、が、その味になつかしさを覚えてしまう。

     

    三鷹駅構内の改札口の蕎麦の「天玉」は、座布団のような作りで、大きく、サクサク感は皆無だったが、そば汁によるしみ込んで、冬場は味わい深いものがあった。

    武蔵境駅のは、特徴のないものだったが、出汁の濃さが良かった。

    吉祥寺駅の店は広く、中で座って食べることができた。焦がしたネギをかき揚げの上にのせて揚げてたので、その香ばしさが食欲をかきたてた。

    武蔵小金井駅のは、数カ月でなくなった。高架工事の最中での、臨時的な店だったのかもしれない。味に特徴はなかったが、深夜遅くまでやってたのがありがたかった。

     

    最近では、病院での定期検査の帰りに、新宿の永坂更科布屋太兵衛で「きこうち」を。

    中野駅の南口にあるし、JRチェーンだがプラットホームにある「立ち食い蕎麦」は、むしょうに食べたくなる時がある。

    川崎で働いてた際に忙しい時、近くのチェーンに寄ってた。

    今のオフィスも、近所に2軒ある(もっとも、両方とも同じチェーンであまりうまくはない)。

     

    新宿には別として、他のあの何とも言えない「貧乏臭さ」が少し好きだったりする。

    地方への小旅行で、駅弁の代わりに、その駅の立ち食い蕎麦の暖簾をくぐることもある(単に、走っている電車が横シートのみで、社内にて駅弁が食えそうにないからという判断もあるが)。

     

    そばではないが、今はなくなったが、上野駅のガード下で、屋台のラーメンとか海外旅行前に良く食べてた。

    ラーメンだけだったが、あそこに昔の蕎麦屋台があれば、そこで済ませてたかもしれない。

    衛生指導でなくなったのか、惜しいものだ。

     

     

     

    武蔵小金井駅の北口に、少し古い立ち食い蕎麦がある。我輩を目撃したいのであれば、月に2回、そこにいるよ。

    - | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    懐かしい、吉祥寺駅のかき揚げそば美味かったですよね
    俺もよく通ったなぁ
    | 名無し | 2019/01/13 12:11 AM |
    あの香ばしいネギの香り溢れるかき揚げ…
    JRの経営方針とは言え、あのような店がなくなってきてるのは、本当に残念でなりません。
    | Andy山本 | 2019/04/15 2:08 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229453

    トラックバック