ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

安くなれば黙るんじゃね?

2019.01.11 Friday 21:11
0

    人材不足とか、外国人労働者とか、まあなんか色々とあるのだが、サービス過剰が結局のところ、その業界で働きたいと思わせる要素を削いでいるのではと思ってしまう。

    だってそうでしょ?

    時給1,000円前後で、8時間フルに働いて、不特定多数の客相手にペコペコと気を使って、時には糞のようなヤツに絡まれたり、強盗のリスクがあったり、シフトで替えがないと、わずかな追加金で更に働かされたり。

     

    別にマレーシアのやる気ゼロのコンビニ店員の真似をしろとは思わないが、その一方で、客が絶対だとするのを勘違いさせる要素が、日本全体をブラック企業にしているのではないか。

    客は金を払って出て行ったら「神様」だ。だから「ありがとうございました」という声が来る。

    対価を支払わず、クレームで絡み、土下座を強要するのは「神様」でも「客」でもなく、ただの「犯罪者」だ。強盗同様、警察を呼ぶべきである。

     

    で、こういう状況をなんとかするとかで、人工知能とかICタグ管理、いろんな試験が行われている。

    通勤に使っている駅内売店や会社近くのコンビニでセルフレジシステムがあり、我輩はそういうのがあれば、率先して使っている。

    面倒くさくない、さっさと買い物ができる、そういう理由だ。

    店員のサービスとか、それをわざわざ要求するって、コンビニや売店でそれを求めるほど、心は貧しくない。

     

    【投書】セルフレジになり「放り出された」「味気ない」「店側の誠意や感謝を感じることがない」と感じる高齢者

     

    んで、なんなんだ、この投書。

    「心の荒廃」って、店員に対して「俺様は神様だ」って、そっちのほうがよほど「荒廃」しているとしか思えん。

    で、こういうのに限って、無人レジがたとえば5%安くなるという店で、そっちの列で精算してもなお、「心の荒廃」と言うからね、絶対に。

    時代についていけない…というのは、腐った言い訳だ。

    商店街での買い物が普通だった頃から、スーパーの時代へと移った時に、相変わらず商店街で買い物してたのかな?

    「近くのスーパー」って書いてる段階で、そのまますんなりと、「便利」なほうに移ったわけだ。

    商店街と違い、レジ袋とかがあり、回れば商店街よりも安く買い物ができる、新しい環境に順応しただろ?

     

    あ、まさかこの人、黒電話とか使ってるのか?

    まさか、電話局を通して、だれそれにつなぐとか、そんな感じか?

    スマホくらい使ってるだろ。

    電話局を通さないことで、「心の荒廃」でもあるのか?

     

    色々とあげたら、きりがない。

    が、「心の荒廃」と言うのであれば、自分の年金の減り方が激しくなることくらい覚悟した方が良い。

    「心の荒廃」を防ぐ「俺様は神様」の支えとしての人件費が、どれくらいのものになっているのか、理解できんのだろうな。

     

     

     

    てか、毎日新聞の中の連中が、時代に追い付いていないことを、架空の老人に置き換えて作った記事にしか思えんなあ。

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229452

    トラックバック