ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

同じものだったんだろうか

2018.05.18 Friday 21:21
0

    JUGEMテーマ:旅行

    JUGEMテーマ:グルメ

     

     

    南洋の部落のどこのはずれへいってもみうける支那人の珈琲店がこの川岸の軒廊のはずれにもあった。

    その店に座って私は、毎朝、芭蕉(ビーサン、バナナのこと)二本と、ざらめ砂糖と牛酪(バタ、バターのこと)をぬったロッテ(麺ぼう、マレー語でパンのこと、おそらくロティか?)一片、珈琲一杯の簡単な朝の食事をとることに決めていた。

     

    金子光晴著「マレー蘭印紀行」内『バトパハ』の中の『霧のプアサ』より

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    翁が食してた「ざらめ砂糖と牛酪をぬったロッテ」はこれだったのだろうか。

    いや違う。

    これは日本の中でも知られ始めた、カヤジャムのトーストだ。

    シンガポールのホーカーズやチェーン店、ペナンやKLの「支那人の」コピティアムではお馴染みのメニューだ。

    バナナは置かれていないところがほとんどであるが、ペナンであれば、早朝のあちらこちらに八百屋の屋台があり、そこで買ってこれらの店に持ち込んでも怒られることはない(ただし、何か注文するのが前提で無論あるが)。

     

    珈琲も日本で知られてるものとは似ても似つかないものとなってる。

    これも知られてるが、コピと特別に呼ばれる。

    濃く煮だしたどろどろの珈琲に、たっぷりの練乳や砂糖を入れて飲むというもので、普段からブラックで飲む我輩にとってはやや「下品」に思える飲み物であった。

    だが、南方の暑さは、体力を徐々に消耗していく。

    この甘いカロリーの塊を溶かしたかのような飲み物は、行く先々で必ず注文していた。

     

     

    シンガポールの団地群の下には、必ずと言ってよいほど、雑多な屋台が集まったホーカーズと呼ばれるオープンエアの食堂街があり、どこへいっても必ず支那人が珈琲とカヤトーストを売る店があった。

    そんなホーカーズへ行き、我輩は、毎朝、カヤトーストと半熟卵二個、コピ一杯の簡単な朝の食事をとることに決めていた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ほんと、毎朝食ってたね

     

    粘つく暑さで、朝のこのセットは体力を支えてくれてた。

    今の若いマレーシア人やシンガポール人は食べないそうだ。

    確かにコピティアムにしてもホーカーズにしても、このセットを食べて、友人たちと談義してるのは高齢者がほとんどだ。

    シンガポールのホーカーズでそんな引退した華僑たちにつかまり、日本の株は買い時かとかいろいろと訊いてきたが、我輩が彼らと全く同じものを食べ、同じものを飲んでたから、向こうも気安さを感じられたのかもしれない。

     

    半熟卵に醤油を少したらし(マレーシアは薄口、シンガポールのは中華街でよく見かけるねっとりした甘く濃いやつ)かき混ぜたものに、カヤトーストをつけて食べると、日本にはないが、日本人の味覚のソレと似た懐かしい風味があって、なかなか美味い。

    欧米の旅行者は、これを気味悪がってか、これを食しているのを見かけなかった。

    ちなみに残った半熟卵をどうするのかと言えば、皿ごと持ち上げて、ズルズルと飲み干す。

    どうもこれもまた気味悪がられるようだが、若い世代の間でも「おじいちゃんの食べ方」として敬遠されてるとも聞く。

    我輩は堂々と啜ったが。

     

     

     

    他に多くの美食があったのは確かであるが、どうにもこのセットは忘れられないものだ。

    台湾の青草茶、豆花。

    アメリカ南部のグリッツ。

    それと似たものがある。

    それだけのために、また行きたくなるというものだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちなみに、ここが我輩イチオシの店。Old Airport Road Food Centreの中にあるToast Hut。ああ…また旅の虫ががが…。

    馬來西亞南遊記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229415

    トラックバック