ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

プチ貧乏旅行に関する傾向と対策 続き

2018.02.25 Sunday 21:20
0

    前回の続き。

    色々とメモしておかなければ、忘れてしまう年齢になっちゃったんかな、我輩。

     

     

     

    靴と持ち歩き用のカバンは、ネットで買ってはいけない。

    あちらこちらのブログでも、似たようなことが書かれているし、日常生活から旅行に至るまで、経験から「然り」と言うしかない。

    ついでに、カバンを現地で買おうと思ってはいけないことも補足しておこう。

    夜市とかに行けば、出所の怪しい色んなものが山のように積まれて安く売られている場面によく出会う。

    屋台でなくとも、少し外れたところに、アメ横で毎日「倒産セール」をやってるバッタモノと同じ臭いのする店とかを目撃することもある。

    それは東西を問わない。

    台北駅地下街でも、NYCのど真ん中でも、この種の光景はどこででも見られる。

     

    で、例外なく、たとえ聞いたことがあるブランドであっても、数回使っただけで壊れてしまう。

    偽物しか売られていないわけだ。

     

    アウトレットショップで買うという手もある。

    きちんとしたデパートで購入というのもある。

    だが、帰国して計算すると、日本で買うより高くつくということに気づく。

    理由はいくつかあるだろう(為替レート、免税であってもモノそのものが高いまま、等)が、いずれにしても、現地で持ち歩くカバンについては、日本国内のショップ等でじっくり選んで買うのが一番良い選択肢だ。

     

    ところでこの持ち歩き用のカバンについて、この5年間、ずっと悩まされている。

    ICDを体内に埋め込んだことで、今まで通りにディパックを担ぐことができなくなってしまった。

    となると選択肢として

    1. ショルダーバッグ
    2. メッセンジャーバッグ
    3. トートバッグ
    4. ワンベルトバッグ
    5. ウェストバッグ

    1は選択肢の筆頭にあがるが、中のポケットの位置に気をつけなければならない。ただでさえ揺らされることで中身がごちゃごちゃになるが、ポケットの中さえもがカオスになることがある。イヤホンがモバイルバッテリーに絡まりついて、引きちぎれたことが以前あった。

    2は1と似ているが、ジッパーでの開閉がない段階で、海外旅行において「どうぞ盗んでください」と言っているようなものだ。そのそもマジックテープは嫌いだ。

    3でジッパーがあれば…が前提だが、肩にかけられるのは夏場だけ。冬の厚着では無理。

    4は現時点での選択肢となっている。一番良いのが、手で持てる柄がついてることだが、背中に背負う場合、気取った細いベルトでは食い込んで痛くなる。

    5はウェストから離れて、自然と4と同じように使ってしまう。てか、あまり恰好の良いものではない。

     

    ポケットは多すぎてはダメ。旅先で探し物をして、ワタワタすることは「隙」となる。

    開けたら必ず閉めるという習慣を必ずつける。

    目立つデザインや色は忘れ防止になるかもしれないが、ほどほどのところにしないと逆に狙われてしまう。そのバランスが難しい。

    レストラン等で決して椅子にひっかけず、両足に挟むか膝の上、いっそマットレスの代わりに敷くくらいの気持ちで…それ故に、頑丈なものが良い。

    日本人であることを示すものをつけないように…という注意は少々古臭い。国や場所によっては、目立たない程度に主張するようなものをつけると好感持たれる。いっそ、旭日旗のキーホルダーでもいかがかな?

     

     

     

    前回の台湾旅行で、ノートPCは不要という結論になり、タブレットオンリーに全面変更。

    これはかなり大きい。

    ノートPC本体、それにつくケーブルだけで、1.5kg削減。他に延長コード等も不要、全体的に2垪錣蕕譴襦

    とはいえ、タブレットでいきなり会社から「Wordでアレを作れ」と言われる場合もある…本当は好きではないが、Bluetoothの折り畳みキーボードを購入...これだけで300g。軽い...軽すぎる。

     

    ある旅行家は、キャリーケースは嫌いだと書いてたが、我輩の場合、キャリーケースはプチ貧乏旅行というカテゴリーに当てはめると、理想的な梱包方法だ。

    バックパッカーと違い、ある程度の「日常」を持ち運びしなければならない…前回書いたが、我輩の場合は「とりあえず寝る前にシャワーを浴び、綺麗な下着と服に着替える」ということだ。

    服を削減することができない。

    通信についてはタブレットだけになったが、それに付随するものは必須だ。

    また我輩の場合、現地でのショッピング(とは言っても、ブランド品とかではないぞ。スーパーでカヤジャムを買ったり、夜市で怪しい日本語Tシャツを買ったり、現地の同人誌即売会でグッズを買ったり…そんな感じ)が楽しみとしてあるから、破損のリスクを低くしなければならない。

    あと、宿が気にくわなければ直ぐに移るということもしない。一度、荷を下ろしたら少しそこに滞在するのが、プチ貧乏旅行のスタイルだ。だから旅行前のチェックに忙しい。

     

    機内持ち込みキャリーケースはやめておこう。

    預け入り前提であれば、拡張式のは除外すべし(てか、壊れやすい)。

    量販店でチェックし、ネットで安いところを探す、これだ。w

     

     

     

    かなり以前、どこで買ったのかさっぱり覚えていないが、メイドインオーストラリアのデザートハットを愛用している。

    汗染みがひどくボロボロだが、すっかり頭に密着しており、顎紐があるから風の強い日には飛ばされない。我ながら”バッチイ”が、それ故に盗まれるリスクはゼロ。頭部箇所はメッシュなので、熱帯地域を歩くのに役立つ(マレーシアではこれのおかげで何度も助かった)。ただ、つばが全体的に広いので、被ったままバスや電車のシートでうたた寝し辛いところがある。

    昨年、猛暑の折、会社に被っていったが、強烈な汚れ故にドン引きされてしまい、以降、オフィシャルには被っていない。w

     

    こういう愛着深い普段からの小物を、旅行に持っていくのがベストだ。

    さっきも書いた通り、ある程度の「日常」を持ち弄ることで、逆境にあっても落ち着いて対処することができる。

     

     

     

    色々とまだまだ書きたい「プチ貧乏旅行」。

    プチ貧乏旅行の勧め | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229407

    トラックバック