ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

この単調さを愛しく感じる

2017.10.01 Sunday 00:20
0

    5年ぶりであろうか、昔、いろいろとご迷惑をかけたゲーム会社の社長とお会いした。

    ゲームのノベルティに関する、昔、我輩が描いた原稿が出てきたのだが、返送しますか…ということであるが、挨拶をしたいと思い、受け取りに行くことにした。

    会社を移転するということで、大掃除をしている最中に発見されたのであろう。

    新宿でお土産を買い、久々にその会社のある街へ。

    土曜日だから通用門から入る。

    そうなんだな、この会社のあるゲームが大好きで仕方なかったっけ。

     

    久々にお会いし、いろいろとお話し。

    その中で、今のカタギな生活はどうなのだと訊かれ、ふと、考えてしまった。

     

    朝の9時に出社し、人事のルーチン(「仕事」ではない、あくまでも「ルーチン」だ。我輩にとっての「仕事」は何もない所から何かを創り出すことであり、それ以外は「ルーチン」ワークでしかない)をこなし、午後6時きっかりに帰る。

    残業代のない会社であるから、ダラダラと会社で過ごすような馬鹿はしない。

    やりがいを感じる「ルーチン」なぞ存在しないし、そもそも出世して、会社のためにどうこうするという気持ちはさらさらない。

    毎月、きちんと一人で暮らせ、貯金できる給与がもらえる。

    健康保険で安心して心臓の治療を受けられる。

    土日祝日は休む。

    夏休みがあって、年末年始休むことができる。

    なぜかメーデーも休められる、おかげでGWは長い。

    有休も申請すれば理由なしで受理される。同業界において、消化率が一位であるというのも頷ける。

     

    気付くと、一週間が終わる。

     

    単調な日々。

    このまま定年まで、この「ルーチン」は繰り返されることになるだろう。

     

    ゲーム業界に戻るつもりはないし、戻るべき場所もない。

    過去に数社から、来てくれないかというお誘いがあったりしたが、全部が全部、そのあまりの胡散臭さに断った。

    頭数合わせ、あるいはただ、使い捨てという魂胆が見え見えだった。

     

     

     

    心臓病のために、引退しなければならないということに、慟哭した。

    あの業界で死ぬことが本望だったと、真剣に思った。

    だが離れてから5年。

    たとえ「ルーチン」であっても、今の会社から色んなことを「求められている」ことにわずかな慰めがあり、それが日々の繰り返しの中で積み重なっていくと、この単調な生活があまりにも愛しく感じられるようになった。

     

     

    比較するのは馬鹿げてるが、テレビ映画「バンドオブブラザーズ」のウィンターズ中尉が、ノルマンディ作戦が成功した日の夜の独白が、切なさと共に、ああ、我輩は今この日々こそが、彼の神と自分自身に約束と同じことなのだろうかと、思ってしまう。

    尤も歴史では、中尉は朝鮮戦争にも出征したが。

     

     

     

    戻ることは、やはり無い。

    そもそも真摯に求められるということはないし、我輩が求めたとしても、場所が存在するわけはない。

    命は惜しくはないが、あの状況では犬死になってしまう。

    戻ることに対して説得する相手がいないということであっても、だ。

    結婚するわけでもない。代は我輩で潰える。

    死んだらそのまま忘れられる将来を含めて、この静かで単調な日々が今の我輩の世界だ。

     

     

    我輩がもし戻るとしたら、誰のためでもない、単に我輩が読みたい、遊びたい、楽しみたい、そんなコンテンツを創る時だ。

    - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    いっその事、趣味でゲームの個人開発をされては如何ですか?
    今ならunityでプログラマでなくてもゲーム作れちゃいますし。体に無理のない範囲で完成も3年後とかを見据えて好きなように作ればきっと楽しいですよ。
    Andy氏の新作出たらやってみたいなー。
    | アマチュアゲーム開発者 | 2017/10/05 3:32 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229385

    トラックバック