ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

昔、これの企画を立ててたっけ

2017.07.24 Monday 16:03
0

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    JUGEMテーマ:ゲーム

     

     

    原作のファンなので、劇場(新宿バルト9)まで観に行った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    では、いつもの感想列挙を。

     

    立川の映画館より、こっちのほうが好きだな。

    始まるまで、10分もアニメ宣伝を見せるなよ…てか同じ作品を2度も…

     

     

     

    …しょっぱなから映画の内容ではないな。もとい!

     

     おお!満員!ほぼ全員、男性。

     あれ?あの女性…声優だったような気がするな…どっかで見かけたような…ま、いっか。

     新聞部のドローンネタ…意味もなく付属してるものにはつっこまないが、トゥーンシェードの勝利だな。

     にしても、別のケモナーアニメもトゥーンシェードなのに、この違いはなんだろう。

     うん?の割には、ところどころ、キャラの顔デザインがおかしいな。

     基本は原作ネタ。

     スズヘッド、ギャグでもくどいぞー。

     ムツミの声、上手くなってる。

     畑さん、たくさん出てるなあ…。

     頬ずりの動きが、なんつか…”独特”?

     ノゾミかわいい。

     にしても、笑い声があっちこっちから聞こえるが、原作、読んでないのかな?

     もしかしたら、原作ファンが観に来る映画ではないのか?

     おおおお…もう…へきるが…「合言葉はBEE」で、『穴という穴』ネタで赤面してた時代は過ぎ去ったのか(マテ

     小山先生かわいい。

     お、オリジナルストーリーか?

     …

     ……

     ………

     

     

    あれ?

    これ、シモネタツッコミのギャグ漫画だったよな。

     

     

     

    ラブコメ?

    え?

    なに、この終わり方。

    ラブコメ?

    ちょっとまて、これは話が違う。

    あと、なんか原作そのものが、そろそろ最終回のようなにおいが漂ってきたが、それでいいのか。

    シノと伝説の木の下ということになるのか。

     

     

     

    てな感じ(ワカラン

     

    障碍者割引で1,000円楽しめた。

    1時間だけの内容ではあるが。

    でも、前述の通り、原作ファンの人が観に行くものじゃないのかな。

    声優目的?

    うーん…サイトを見ると、確かに人気声優がたくさん出てるね(新旧問わず)。

    それだけのために劇場が満員になってということか…それはそれですごいことだな。

     

    それにしても、息の長いコンテンツだ。

    原作は10周年。

    しっかりと、限定版DVD付きのを注文してる。

     

    でもその前の作品で、「妹は思春期」のような強烈さがないのが、まあ、仕方がないということかな。

     

     

    15年以上前のコンテンツ。

    実はこれのゲーム企画を、本気で立ててた。

    ジャンルは「ツッコミ」ゲーで、ハードウェアはDS。

    妹のカナミはじめ、続けざまに出てくるシモネタに対して、瞬時にツッコミを入れるという内容。

     

    うん、まあ、お察しの通り、企画段階でアウト。

    あの当時は、任天堂はそういうのが原則ダメだったんだよ。

    だが、その一年後に、「どきどき魔女神判!」が出てなあ…。

     

     

     

    いあ、そもそも作りたいという開発者が社内にいなかった…あのころから人望がなかったなw

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229371

    トラックバック