ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

ここは天国じゃないんだ、だけど地獄でもない?

2017.06.25 Sunday 22:04
0

    JUGEMテーマ:気になる書籍

     

     

    亡きブルーハーツの懐かしい歌じゃないけど、書店でこれを見つけ、重さに一瞬躊躇したが買ってしまい、ページめくるたびにニヤニヤしてししまった。

    大阪民国だめぽツアー」が最近、更新されていないなー…と思ってたが、なるほど、この面白い本の作業に集中していたのか。

    かなり以前からこのサイトを大ファンで、大阪まで行く用事(仕事私用問わず)がある時には、必ずチェックをして、”民国”のボーダーラインまで探索するという悪趣味な行動をしてたものだが、東京とその周辺に関してのサイトが弱かった。

    その不満が全部この本で詰まってて、大満足。

    建前ではない、「住みたくない街」について、いちいちごもっともな解釈と見方でアプローチしているという展開が、遠慮なく発揮されている。

    半月ほど前まで会社事務所があった川崎については、著者は「住みたくない街」第2位にしており、その理由についても、

     

    「飲む打つ買う」のオッサンの町

    あらゆる理由で東京からはみ出した人々が暮らす

    柄の悪さと下品さには定評

    組事務所のある南町

    どぶろく横丁

     

    ああ…なんでンナ所に、事務所が置かれてたんだよ…まあ、テナントが安いというメリットがあったんだろうけど。

    でも、この本のP25にある、「住みたくない街」、つまり「DQN地域によくみられるもの」のリストがなかなか強烈であり、このリストだけでも本を買う価値があるとも言えよう。

    このリストをもとに、通勤に使ってる武蔵小金井駅周辺をあてはめてみると…

     

    北口にはディスカウントストアのドン・キホーテがあるが、南口には石井成城とかがある。

    北口にはドトールとかがあるが、南口(の方角)にはスタバ。

    外食は一人食から大戸屋までいろいろ。

    南口の方角には工業高校、東京経済大学、北口ならちょっとバスで東京学芸大学。

    南北両方にパチンコ屋がある。大きな本屋も南北双方にある(ただし、北口のくまざわの品ぞろえは、共産党のソレ)。

    北口は路上喫煙のチンピラがパチンコ屋の前でうろうろしている、南はあまりいないかな?

     

    中途半端な町田なんだね、ここら一帯は(その理由は、本を読めばわかるw)。

     

     

     

    あとがきにおいて、著者は

     

    自分一人の人生で完結するなら西川口だろうが蕨だろうが川崎だろうが山谷や寿町だろうが、どんな場所に住んでいてもこの首都圏にいる限りはさほど不便を感じず安穏に暮らせるだろう。しかし自分に家族がいる場合は全く話も変わる。

     

    結構、ドキリとさせる言葉だ。

    確かに我輩のような独身ブ男で障害を抱え、結婚は最初からあきらめているような屑としては、どこに住んでいようと、身一つをとりあえず狭いながらも安全な空間さえ確保できれば、どうにでも生活するこができる。

     

    しかし結婚して、しかも子供がいるとなれば、そういう場所に住むわけにはいかない…いや、絶対に住んではならないのだ。たとえ生活費を圧迫しようとも、通学路にチンピラがたむろし、公立の中学校が荒れ、ゴミ収集のマナーが最悪、アンダーグラウンドや公明党共産党のポスターがやたらめたらに貼りだされている場所に、子供をいさせては絶対ならない。

    この本は、取材を通して、生々しい実態を報告している。

    同時に、そういう「住みたくない街」以外のちゃんとした街がまだたくさんあることへの希望をも伝えている。

    だからこそ、この本は読む価値がある。

     

     

     

    それにしても、ざっと読み通してて、あることを思い出した…18世紀の科学者、政治家で、神秘主義の大家である、エマヌエル・スヴェーデンボリについてである。評価については好悪が極端に分かれているが、我輩個人としては、「まあ、こういう考えもあるんだろうな」という程度。全面的にその考えに従う理屈が理解できんし、蛇蝎のごとくに嫌う理由が見当たらない、そんな程度。

    彼は生前(確か「天界と地獄」という書籍だったか)、天国や地獄について説明してたが、その中で、地獄は存在しない、ただ悪しき心を持った人たち同士の魂が集まり荒涼とした世界の中でお互い争いあっている…彼らにとってはそこは地獄ではなく居心地の良い場所に感じてるが、普通の人が見ればそここそが地獄に見える。

     

    つまり、個々人のものの見方によって、天国にも地獄にもなる、というものだ。

     

    禅を世界に紹介した鈴木大拙も、一時期スウェーデンボルグの思想に感銘してたようだが、禅にもなるほど、この考えはある(最も鈴木翁自身、後年、スウェーデンボルグについて言及することはなくなったが)。

     

     

     

    武蔵小金井は中途半端な町田のようにも見える。南口での巨大マンションや高級スーパー等の環境を見れば子供を育てるには良いところかもしれないし、北口の江戸たてもの博物館のところまでバスで行けば、そこも良い環境に違いない。北口周辺に近寄らない限りだが。

    川崎はこれは救いようがない。が、東芝村のある方角、そこ一体の住宅街から出なければ良いだけだ。ただし絶対に京急の方へは出てはいけない。

    クルド人難民がコミュニティを作る真っ赤な蕨市は、その難民たちにとっては住み心地が良いが、家族がイスラムに改宗しない限り住む場所ではない。しかし数駅離れた「埼玉の永世中立国」与野あたりだと、その何もない環境故に、家族であれば安心して暮らすことができる。

     

    要するに、主観と自分の置かれている立場から考えて、住む場所を決めればよいだけのことだ。

    てなると、住宅ローンでマンションとか家を持つのって、理不尽なことになるね。

     

     

     

    うーん、それにしてもここら一帯、やはり一人暮らしには厳しい環境だな。引っ越しする時期かな。

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229367

    トラックバック