ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

我輩、なんか変な事を言ったか?

2017.06.02 Friday 15:28
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    会社より義務付けられている人間ドックは、できる限り早いうちに済ませることにしている。

    こういうことを後回しにすると、忘れてしまうというのもあるが、面倒なことはさっさと終わらせたいというのもある。

    日本全国の指定クリニックで受けられるので、一度は観光旅行ついでに北海道あたりで受診でもしようかなと思ったりしたが、旅先で暴飲暴食をして、数値を悪化させたままで受けるというのも本末転倒というものがあり、結局この4年間は、同じところで受けている。

     

    4年目だよ、4年目。

     

    普通のサラリーマン生活をして、4年というのも、なんとも言えない気持ちにさせられるというものだ。

    ストレスはないといえば嘘ではあるが、規則正しい生活に安定した待遇と給与、厚生関係も充実しているというのもあり、まあ悪い日々ではない。誰も知らない世界の片隅で、静かに暮らしているようなものだ。何よりも将来、どうするかという生活設計が遅まきながらもできるというのも、なんとも不思議な気分にさせられる。

    引退してよかったのかどうか、いまだに結論を出そうとはしていないが、まあ自分の人生だ。気楽に送れるように日々を過ごしたいものだ。

     

     

     

    いつもの慣れた道のりでいつもの人間ドッククリニックへ。

    データがしっかり残されているから、いろいろと比較できるのが良い。

    一通り全部終了し、最後に医者からいろいろと言われるまでがワンコース。

     

    体重、胴囲がこの4年の中で減少。体重なんぞ、98キロだったのが、今では91キロにまで下がった。

    中性脂肪は相変わらずだが、平常値まであとわずか。

    悪玉コレステロール善玉コレステロール、ともに正常値。

    血糖値は高いままだが、次第に平常値まで落ち着きつつあるグラフになってる。

    真面目に薬を服用・注射し、食事にも自分なりに気を付け、昼休みにはスタスタと散歩をするようにしてきたが、確かに数値に見合った実感がある。

     

    「アンチエイジングを心掛けたほうがいいですよ」

     

    とアドバイスを受ける。ああ、もうそういう歳なんだね。

    せめて3週間、炭水化物をできる限り避けて(ゼロは逆に危険)、内臓脂肪を消費させるようにすることが重要とのこと。

    ご飯の代わりに豆腐や枝豆を食べるのは良いことらしいが、外食はこれから大変になるな。

    あとは筋肉をつける運動を毎日5分でもいいから続けろという...わざわざジムに行かなくてもいいのか。それはそれで助かる。未だに試算しても、費用対効果に疑問符がついてしまうからな。

     

    まあ、いずれにしても、数値がだいぶ改善されてきたのは確かだ。

    ゲーム業界に残ってたら、心臓とは別の臓器で死んでたかもしれないが、なるほどねえ。

     

     

     

    あ、で検査中に、一つ、謎のことがあったんだ。これが今日の日記の中心事項。

     

    心電図検査。

    妙齢の愛想がよいが、なにか少し疲れている女性検査官が担当。

    指示の通りに上半身裸で検査台の上に横たわり、検査を受ける。

    終わった後で、いろいろとカルテを見ながら、

     

    「心臓病なんですか?」

     

    と訊かれる。

    まあ、あまり知られていない病気だから仕方がないかもしれないが、いつものようにブルガダ症候群あんど冠れん縮性狭心症。

    5年くらい前に倒れて、こんな状況なんですわ…と、心電図のブルガダ波形をなぞって笑いながら説明した。

     

    「そんな大変な病気だとは」

     

    うーん、まあ大変かもしれんね。

    これのせいで、長らく続いた仕事を辞めざるをえなくなり、今は普通のサラリーマンとして毎日静かに過ごしているってなところですよー。あははーw

    まあ、毎日戦場のようなところで苦労するというのもあるかもしれないが、そこから離れて、誰にも気にもとめられず、何気ない日々を送るというのも、悪いものじゃないですよー。

    自分の人生だもん、自分で納得するように生きればいいものじゃないですかねえw

     

     

    って…

     

    え?

     

     

    「そ…そうですよね…」

     

     

    えっと、あの…

     

    なんで突然

     

    泣き出すの?

     

    だ、大丈夫?

     

     

    「あ、ごめんなさい、なんか毎日思ってたことがあって…」

     

     

    あ、ああ、え、なんか我輩、変なこと言った?

     

     

    「いえ!逆に、とても勇気づけられることを仰っていただいて…」

     

     

     

     

     

    ??????

    えーっと。

    我輩、ただの敗残兵のようなものだけど、勇気づけられるような言葉、言ったっけ???

     

     

     

    部屋を出ていく時、深々とお辞儀された。この件だけは、なんとも不思議なことで。

    ブルガダ症候群とICD | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229362

    トラックバック