ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

その背後に何が…とか?w

2017.04.03 Monday 14:30
0

    JUGEMテーマ:ゲーム

     

    ゲームデザイナーで原画家の松下佳靖氏が、Facebookの中でこんな本を紹介されてた。

     

     

    タイトルからして、ビンビン来るものがあり、あるゲームタイトルについても「紹介されてますか?」と質問したら、別の方から「してるうよー」とのご回答。即、アマゾン注文。

    ビッグタイトルについては、当事者へのインタビューを交えて、発売されなかったことについて書かれてて読み応えがあった。

    やはりメインは、お金の問題…まあ、これは世の中において仕方ないと言えば仕方ない。シリーズものだと、前作が売れなくて、その為に中止解散というパターンが多い。

     

    本の中で、ファンとして気になってたが、最後まで出てこなったタイトルがあり、感慨深いものがあった。

     

    東京ゲームショーで、ぐるぐる回転するだけのマップの上をただ歩くSDキャラしか出てこなかった「モンスターメーカー 神々の箱舟」。いろんな意味で有名だった、多部田プロデューサ曰く、CG、スクリプトなど全部できてる…が、本書では仮に完成したとしても、「発売をしないことを決断する人」と称してる。うーん、眉が唾でベトベトになっちゃうな。w

    まあ、雑誌に書かれてることだけ書かず、直接インタビューしてほしかったが、たぶん、煙にまかれるだけであろう。

     

    「Early Reins」「末廣商店街」...なんつか、マーカス事案が多かったなあ。

     

    「戦場の出前持ち」も出てたとは...ゲーム業界にいた時、こんなゲームがあるのですが...ということで、持ち込まれた思い出がある。ぷにぷにほっぺたに拘りを持って、ここを再現するのに時間と労力を...って説明を受けて、そのシュールな雰囲気は個人的に大好きだったが、何でかその後、話がなかった。

    我輩は推しまくったが、会社の事情だったのかな、まあどうでもいっか。

     

     

     

    全体的に機密保持関連で、インタービューとかできなかったケースが多い。

    でもね、前述の「掲載されてるよ?」と教えていただいた「青山ラブストーリーズ」については、直接関係していなかったけど、混乱しまくってた状況をある程度、教えられたものを。

    背後がね…臭すぎる案件だったんだよなあ。

     

    キーワードは、

     

    KCG青山はどんな感じでできた会社か。

    パワハラ全開のMという人物。

    Windows95「ときめきメモリアル」。

    選択肢とエンディング数。

     

     

     

    どーしよーかなー…久々に炎上ネタを披露したいところだけど(ニヨニヨ

     

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229353

    トラックバック