ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

4年目

2016.04.03 Sunday 22:32
0
    JUGEMテーマ:健康

    心室細動を起こして入院し、心臓をサイボーグ化、一か月以上の入院を終えて病院から出た時、周囲は一面、桜満開の景色だった。
    今年で早くも4年目。
    狭心症の発作は時々発生しているが、心室細動そのものは起こらず、バッテリーも安定し、平静平穏な日々を過ごしている。
    一人だけ生活するには何とかやっていける給料で、休日出勤も残業も無し。
    消費財が上がるから、少しだけアップしてもらいたいところであるが、副業はOKという職にあることから、何かを始めてもいい頃かな…とも思っていたりする。





















    今年も桜は、綺麗であるな。
    西行法師が、

      願はくは 花のもとにて 春死なむ
         その如月の 望月の頃

    と詠ってた…はて?
    ”如月”の”望月の頃”って、旧暦での2月15日になるのでは?
    てなると、桜ではなく、梅の花ということになるのか。
    新暦に直せば、3月後半になるようだが、昔は随分と温暖化が進んでたということか。
    まあ、西行法師については、実はあまり勉強していない、恥ずかしいことであるが。

    今年も無事に、桜を見ることができた。
    爆弾を胸の中に抱えてから、別段、桜に限ったことではないが、四季の移り変わりに対して気に掛けるようになった。
    そしてそれに気づけるようになった我輩自身、悪い事ではないな、と思い始めるようになった。
    20年間、土日祝日年末年始もなく、毎月400時間も働いてたあの頃は、そのような余裕はなかった。
    ”楽しさ”があったかもしれないが、もしかしたらその”楽しさ”とやらは、我輩の完全な勘違いであったにすぎない…ということもあるかもしれん。ジョンミルトンの

    The mind is its own place, and in itself can make a heaven of hell, a hell of heaven.

    を出すまでもなく、臨済録を読むまでもなく、だ。
    去らなければならないと決めた時の失望感は強烈であったが、今にして思えば、馬鹿らしい日々から逃げ出せたことへの祝福にも最近思えてきた。
    同じジョンミルトンが記した「失楽園」で、サタンがこんなことを喚いてたな…

    Better to reign in Hell, than serve in Heaven.

    そんな日々だったのかもしれん。
    まあ、死ぬ瞬間のその時まで、結論は出てこんだろうな。



    死ぬまでゆっくり生きるのも、悪くはないものだ。ゆっくり、現世を観て回るのも、良いものだ。
    ブルガダ症候群とICD | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229294

    トラックバック