ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

居酒屋の酔っ払いおじさんの政治談議ってなヤツ?

2015.06.07 Sunday 22:42
0
    JUGEMテーマ:ニュース

    漫画家の西原理恵子女史が若い頃に住んでいた東長崎は、今はどうか知らないが、当時はなかなかの”香ばしい”所であったらしい。
    まあ、足立区や川崎ほど凶悪ではないとしても、朝から酒盛りする仕事をしないおっさんが居酒屋でたむろしてて、

     「おれが思うに、今の政治はなー!」

    ってな感じで、政治に対する不満とかをベロベロ吐いて、お互い頷きあうという、まあ我輩としてはあまりよろしい酒の飲み方ではないなー…というのがあるな。
    酒の席で、政治、宗教の話を持ってくるのが、下の下の飲み方である。
    酒飲みのマナーから著しく離脱しており、二度とそういう人間と飲むべきものではない。
    てか、酒の力を借りなければ、政治の話しかできないのって、悲しいというか、気が弱いというか…まあ、これは古今東西、どこにでも見られる光景ではあるな。

    でもまあ、酒の席だから、無責任な発言をして、それを茶化すというのであれば、それはそれでまあ、悪くはない。
    「マカロニほうれん荘」で前田馬の助が選挙に立候補した時のマニフェスト()でも、酒の力で言えば、大変面白いジョーダンとなるが、あの内容は、今まさに支那がやっていることであるわけで、なるほど、漫画家の鴨川つばめ翁は予見してたのだろうか(チガウトモウ  個人的にそろそろまた、出てきてほしいなあ…。

    まあ、そんな予知能力を持ち合わせていない我輩として、東長崎ではないしても、せめて武蔵小金井駅前の安居酒屋で麦焼酎のロックを飲み、マグロブツとかを肴に、グダグダと言いたいってのもあるわけで。



    まあ、支那との戦争は、確実にくるね。
    フェリー転覆事件もそうだが、独裁国家は外部に敵を作って、目をそらすという常とう手段を繰り返す。
    ただし、全面戦争というのはありえない。
    フォークランド紛争が良い例になろう。
    てか、全面戦争になったら、支那の共産党政権は即崩壊する。
    が、限定戦争になっても、共産党排除の動きが激しくなるのは確かだ。

    で、確実に支那は負ける。
    勝てる方法があるとしたら、敵国にいる華人に武器を持たせるということであるが、日本が一番その点は危ないな。
    北京五輪での長野騒動を忘れたとは言わせない。
    が、テロへの資金援助を徹底的にカットする関連法が既に整っている。
    県外から沖縄にやってきているプロレタリアルンペン同様、金を出さないと動かない連中でしかない。
    あとは金を出している組織…意外と会社かもしれんな?太子町を襲撃しているシーチワワに金を出しているのは、パタゴニアとかだぜ?国としては、パタゴニアに対して、そろそろ行政処分を加えないと、エスカレートするぞ?いや、シーチワワが…ではなく。

    敗れた支那は、意地でも敗戦を認めない。
    だが、それを国内では周知となる。
    ではどうなるか?
    政権が転覆するくらいの反共産党革命が起こるか?
    大陸がバラバラになるか?

    我輩が現実的に予想していることは、北朝鮮並の鎖国をする、と考えている。
    支那共産党の軍事費は膨大であるが、その半数以上が幹部のポケットに入っており、残った殆どが国家における様々な弾圧、規制、スターリンさえも座り小便するくらいの暴力による独裁体制の内政維持に使われている。
    外部との戦争は文字通り、二の次となってる。
    座して転覆されるのを待っているような連中ではない。
    体制維持を図るために、外国とのあらゆる交渉を絶ってでも、反対勢力を根こそぎ断つという方向に転換する。ふく
    あの国には、自由も平等も民主主義も法の精神も、近代化における様々な原則は歴史において存在したことはないし、今後もない。
    その理由を一言で説明するのは不可能であるが、大陸における王朝とは、所詮、集中化した既得利権でしかないということだ。
    得られた利権を易々と手放さない権力に、何を期待できるというのか。

    だからこの点を考えれば、支那に投資をしまくった経済界は、底知れないダメージを受ける。
    さっさと離れろ…と言いたいが、知的財産まで根こそぎ奪われるということを知らずに投資したというのだろうか。



    その時、また凄まじいリストラとかが起こるんだろうな。
    まあ、だとしたら、益々もって、投資しまくった企業にいるとしたら、距離を徹底的において、自分のこれからのキャリアをしっかりと作っていくしかないな。
    ただ、国家は経済だけで動いているのではない…ということも再認識すべきだ。今さらではあるが。



    ああ、それと、台湾は独立して、台湾共和国になってるな、うん。
    リメンバー尖閣諸島 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229236

    トラックバック