そういう風に見分けてたのか…

  • 2015.05.02 Saturday
  • 23:02
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
















韓国人が発狂する旭日Tシャツ、マレーシアでは大変人気っぽい。
KLの街中を歩くと、確かにマレー人に限らず、華僑、印僑の若者が着ている。
中には旭日旗のステッカーをバイクに張り付けたり、旭日旗をアレンジした鞄を持ち歩いたり…ちょっと欲しくなったが、鞄を時間内に見つけることができなかった。
マラッカのお土産屋を覗いたら、こんな感じで旭日旗Tシャツがワンサカと売られていて、思わずツィッターで報告。
T2どんからリクエストがあったので、買うことに。

マレー人の店員…年齢は二十歳そこらだろうか…が直ぐに近寄ってきて、我輩に対して

「アーユージャパニーズ?」

と訊ねてきた。

いつも不思議に思うことがある。
前回のマレーシア旅行でもそうだったが、行く先々の店等で、日本人だと直ぐに当てられてしまう。
マレーシア人ではない、ナイジェリアから出稼ぎに来てた店員からも、いきなり

「コニチワ!イイモノアルヨ、シャチョウサン!」

と呼び止められたりした。
ここまでではないとしても、お土産を扱う店や夜市に限らず、マレーシア国内を旅してて、特定アジア諸国の人間や台湾人、香港人、あるいはマレーシア国内の華僑華人とも見られたことがなかった。

お金を渡し、旭日旗Tシャツを受け取った時、訊ねてみることにした…なぜ、我輩を日本人だと?

店員は初め、キョトンと『変わったことを訊くね』という表情を浮かべたが、少し考え…というか、自分なりに脳内で何故区別できるのかを整理したような間をとって、笑みを浮かべながら説いてくれた。
曰く、こんな感じで:



まず容貌からある程度、直感的に判断できる。
髪型がそうだ。
大陸や半島に多いのが、刈り上げのヘアスタイルだ。
日本人の中にも刈り上げているのもいるが、日本人以外の刈り上げは、一昔前のコロニアルホテル(これはよくわからなかったが、おそらく英国植民地時代から伝統のあるホテルとかを意味しているのだろうか)のホテルボーイの雰囲気があるんだ。

着ている服にも特徴がある。
大陸のは、なんていうか、ポロシャツとか、あとはバスケ選手のシャツとか着ているのが多いよね。
朝鮮人の場合は、おしゃれな格好をしているようなんだけど、髪型が刈り上げているからなんかバランスが悪い。
日本人のが特におしゃれではないが、まあ、さっきのような恰好以外であれば日本人だろうと思うわけ。

ああ、あと、声がやたら大きい集団であれば…大陸からだってわかるよね、お客さんも。
とにかくうるさい。
あと通路とかの真ん中を平気で塞ぐんだよなあ。
それと買い物の時に、負けろとか色々言うのはいつものことだけど、釣り銭とかをさっさとよこせというジェスチャーがいやらしくてねえ…(と言いながら、手を上に向けて、指をワシャワシャ動かすジェスチャーを店員がしてくれた。ああ、納得w)。
ただまあ、必ず色々と一気に買うから、まあいいが。
半島の場合は、人によるかな…大体、負けろ負けろと言うのはいつものことだが、負けてあげて結局買わないというのが過去にあたからな…。動きとかについては、ちょっと日本人と見分けがつかないところがあるが、夫婦とかだと一発で分かるね。
旦那がエラそうにしているのが半島から、奥さんが主導権を握っている場合は日本から!(爆笑)

日本人の場合は逆に、こっちの言い値で買うから、なんか逆にいいのか?そんなんで大丈夫なのか?…と思ってしまってな…こちらからちょっとおまけしてあげることにしてるよ。ああ、そのTシャツも、5リンギット、負けておいたから(あ、値札があった…本当だ、5リンギットおまけしてくれた、テレマカシw)。

あと日本人だと、いくつかパターンがあるんだよね。
たとえば若い男性たちのグループだと、なんかヒョロっとしているか(ここはちょっと英語で聞き取れなかったが、こんな意味だったのかな)、ヘラヘラニタニタしているというか、ああ、勘違いしている連中だなあ…でもまあ、良いカモなんだけどね。うん、なんというか、馬鹿というか、あ、帰国してこれは誰にも言わないで!w(書いちゃったもんねw)
女性のグループだと逆に仲良く来て、色々と話をして、うれしそうに買ってくれていくんだけど、なんか雰囲気は地味というか、目立たないというか。半島からの女性集団は衣装とか雰囲気とかが派手だね。大陸のは色々あるけど、ただ女性同士、仲良いという雰囲気ではない、それで分かる。(これにはちょっと思い当たることがあるんだよな…)

中高年で夫婦だと、まあさっき言った通り。
旦那さんがかわいそうに見えてくる。(ぶははははw)



ん?
じゃあ、我輩のように一人で来るのは?



一人で行動するから、日本人だと一発で分かるんすよ。
というか、立ち振る舞いが、日本人そのものなんだよ。
こんな暑い日でも、背筋をシャンとして歩いているのを見たら、わかるってなもんすよ。
まあ、こんな感じで、直ぐに見分けるようにしないと、モノ売るこっちとしては死活問題だからね。



ほう…。
いくつか、ちょっと疑問符がつくところもあるが、全体的になるほどね…。
そういえば、同じマラッカにあるババニョニャ(華人とマレー人の混血”プラナカン”文化)を紹介する博物館で、靴を脱ぐ箇所があったが、自分の脱いだ靴をそろえた所、ガイドのおばあさん(プラナカンの末裔)が

「やはりあなた、日本人だったのね。靴を揃えるの、日本人しかいないもの」

と得意満面の笑みを浮かべてた。



店員さん、ネスカフェのコーヒーを出してくれて、30分と話し込んだよ。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Andy山本の脳内の一部

Feel Free To Follow

flag counter

free counters

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM