ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

原風景の漫画を持つ国は幸いである

2014.07.12 Saturday 21:10
0
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    「外国人にマレーシアのことを知ってもらいたければ…自分なら、ラットの『カンポンボーイ』を読んでもらうね」

     

    同書解説の出だしに、このようなことが書かれていた。
    我輩はこの本を、昨年のマレーシア旅行で知っている。
    魅力あふれる背景と、歯をむき出しにしていろいろと言い合うマレーシア人の日常生活を描いた漫画だ。
    何故か買わなかった。
    マレー語だらけだったから…てなると、例の萌え漫画はなんだ…ということになる。

    先週、有明ビックサイトでコンテンツ制作展示会と並んで、世界の書籍を展示するイベントがあり、偶然そこで最新翻訳版を見つけ、迷わず購入した。

    「おお、この漫画を知ってるのか」

    とマレーシア人の係の人が笑顔満面で本を袋に包んでくれた。
    他にもマレーシアに関する本とかも購入したら、責任者らしき人と一緒に写真を撮る状況になってしまった。
    帰国後、同国の文化庁とかの広報に、我輩の姿が印刷されていることになるんだろうな、まあ、大変名誉なことである。

    作者LAT、本名モハマド・ノール・カリドは1951年にコタバルで生まれた。
    幼少のころから漫画を描き、13歳の時に初の単行本「友達3人組」を出版、以後、マレーシア、並びに東南アジアにおいてもっとも人気のある漫画家として活躍。

    この「カンポンボーイ」は1979年に初めて出版された自伝漫画。
    マレーシアの地方における日常生活、マレーシア人が生まれ育っていく様子を、郷愁こめて描かれた作品で、テレビアニメ化され、1999年にはアヌシー国際アニメーション映画祭で受賞した。

    これらの活躍で、マレーシア、ペラ州のスルタンより称号”ダト”を授かった。



    確かに和訳ではなければ、理解できないところがある。
    台湾の漫画家が出版した漫画を読めば、漢字で書かれていることもあり、大体の内容を把握することができる。
    しかしマレー語となると、さっぱりだった。
    読んでみて、なるほど、マレー人の人懐っこい、優しさがどこからきているのか、なんとなく理解することができた。
    多民族国家であるが、実際は多数派のマレー人、その他華僑と印僑で構成され、同じマレーシア人であっても、明らかな違いがあり、少し戸惑ったことがあったが、マレー人とは一番仲良くなれた。
    何故かは一年間判らなかったが、この漫画を通して、なんとなく理解できた。

    人生の流れ方が、過去の日本のそれと、非常に似通っているのだ。
    人生の流れ方が似ていると、モノの考え方も似通ってくるようになっている。
    そしてそこに見られる、人生における倫理もまた、似たような形で熟成されていく。



    この漫画の通り、村で生まれ育ったマレー人はどのくらいいるのだろうか。
    今はおそらく、都市部で生まれ育つことのほうが多いだろう。
    だとすれば、これはやや古い話であるのかもしれない。
    だが、幸いなるかな、マレーシア…彼らには、マレー人としての原風景が纏められた漫画「カンポンボーイ」があるということを。

    原風景は個人のストレスを和らげるに必要なものだと、大学在学中に社会心理学の講義で学んだことがある。
    拡大すれば、国民としての原風景を有することは、いかなる困難にも立ち向かえる勇気を持った国家となる。
    それを記録記憶するための方法は、なんでも良い。
    漫画でも良いのだ。

    「カンポンボーイ」は、マレーシアの原風景を納めた漫画である。マレーシアは幸いである。
    日本もまた、時代の流れに沿って、原風景を納めた漫画が市場に登場する。
    「サザエさん」の内容が古くなりかけた頃に、「ちびまる子ちゃん」が登場し、「団地どもお」が次のステップに入ろうとしている。原風景は変化しないが、納めるコンテンツは進化しなければならない。
    だが、何よりも最初のコンテンツができないことには、先に進まない。



    マレーシアは良い国だ。「カンポンボーイ」があるというだけで、幸いな国だ。
    マレー語を少しだけ学んでみようかな。
     
    馬來西亞南遊記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229014

    トラックバック