ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

はふーん…居心地良すぎるよー…

2014.07.03 Thursday 23:15
0
    JUGEMテーマ:日記・一般

    唐突だが、サウジアラビアの一般家庭は、ごく普通のソファーとかが居間にあって、そこで寛いだり、お客さんと会話したりするのだが、昔ながらのレストランとかに行くと、遊牧民のテントの中を再現したようなものになっている。
    一面絨毯が敷き詰められ、ラクダや馬の鞍やクッションが並べられ、胡坐で座る。足裏は絶対に見せない。
    大皿にカプサやら肉やらが山盛りにされ、ビスミーラでいただく。
    良い肉だよ…ってんで、器用に我輩の前に肉を投げてくる。
    それをとって食べるとニコニコしてくれる。
    食後に手を洗い、その後ゴロっと横になり、甘いアラビックコーヒーを啜り、ナツメヤシやお菓子を齧り、色んな雑談を深夜まで楽しむ。
    お酒は当たり前だけど出ない。



    でねえ…その雰囲気というかね…いいのよ…我輩自身。



    我輩は早食いだけど、そういう場所に出ると、早食いをとがめられることはない。
    むしろ、美味しそうに(他の日本人には口に合わなかったようだが、我輩にとって最後の晩餐に出しても良いくらいの美味さ)ガツガツ食べることで喜ばれる。
    何よりも量が半端ないから、いくら食べても減るような感じじゃない。
    だから早食いであっても、早食いのように見られない。
    生のナツメヤシは、ジューシーで梨と柿を合わせたさわやかな味が何とも素敵だ。
    珍しいラクダの肉も、不思議な味わいで美味い。
    食後の濃いコーヒーには、砂糖の甘さに加え、香辛料の香りが含まれ、胃腸薬のような役割を持つ。
    カフェインで目がさえるから、会話も続くし楽しい。
    クッションに身を横たえ、砂漠の都市の夜に相応しい涼しさを楽しむ。



    あ…

    ああああ…

     
    サウジアラビアに

    もう一度

    行きてええ!!!



    何度も日記に書いているが、高温だが湿気のない環境は我輩の身体にぴったりだった。
    仕事も楽しかった。
    学生たちの熱心な態度に感動したものだ。
    休日の過ごし方が少々厳しいが、それも慣れればなんてことはなかった。
    いやむしろ、その他の国々の娯楽の多さが異常なだけかもしれない。
    アラブ人問わず、ムスリムとは不思議とウマがあう。
    というか、我輩、イスラームには深い尊敬の念を抱いている。
    無論、先日浅草寺でおかしな行動をした留学生がいて、あれは法律に従って罰するべきだが、
    カルト仏教にも他宗の仏壇を破壊するのもいるわけだし(あれはそもそも仏教でもないしなw)。
    マレーシアもイスラームの国で、とても居心地がよかった。
    無論、ヒンズー教の寺院で施しを受けたり、道教寺院にも参拝したけどね。w




    で、なんで唐突にこんなことを日記に書いたといえば…
    今日、会社での仕事に関連して、有明ビックサイトのコンテンツソリューション展まで行ってきたんだよ。
    必要な情報、名刺交換、ソリューションなどの商談とかを5時間くらいして、さて帰ろう…と思ったら、同じ会場で、国際書籍の展示会も開催されてた。
    おお、ちょっと面白い。
    おお、マレーシアブースが一番大きいな。
    ああ、台湾もいいけど、マレーシアもいいよね。
    マレーシア人とも色々と楽しく英語でお話しできた。
    奥に行くと、ほうほう、イランブースがあるな。
    あ、我輩の名前をペルシャ語で書いてくれた。
    イラン料理のレストランとか紹介してくれた、今度みんなで食べにいこう。
    で、こちらはイスラームの書籍か。



    あ…



    サウジアラビアのブース…



    なんで写真、撮らなかったんだろう…。



    で、飲食厳禁だけど…誰でも自由に座って良い、さっき書いたカーペットにクッションとかあってってってってててて…















    はああ…寛ぐ寛ぐ〜…
    そのままボーっとしてしまい、30分以上ゆったりとクッションに身を置いてうつら寝してしまった。




    夢の中で、リヤドで観た夕日が出てきたんだよ。
    はあ…イスラームに改宗しないと、行けないんだよな…。
    二度と行けないのか…。
     
    山田虎次郎翁を慕いて | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229008

    トラックバック