ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

良い本なんだけど、なんか違和感が…

2014.06.27 Friday 23:39
0
    JUGEMテーマ:グルメ
    JUGEMテーマ:旅行

    数か月後に迫った夏コミ…じゃなくって、台湾旅行。
    マイレージが切れるということで、慌ててチケットを取ったことを日記で書いた。
    小琉球とかに行こうかな…と思ったが、そこまで時間が豊富にあるわけではないということがわかり、

     台南
     高尾
     嘉義
     台北

    を回ることにした。

    台南は「食の都」と呼ばれている。
    とりわけサバヒーなる魚料理が何でも美味いそうだ。
    高雄については豚肉料理が美味しいと聞く。
    嘉義は映画「KANO」の感動もあるが、鶏肉飯の本場に行きたいってなことで。

    なんだ、また食べてばかりだな。
    帰国後に心臓の精密検査があるというのに、悪化させて主治医から41サンチ砲の攻撃を受ける覚悟があるわけねーだろ、我輩。

    食べることだけではない。
    到着したらスーパーか仏具店で線香を買い、あちらこちらの廟をお参りしたいというのもある。
    台北で有名な廟を回って参り、祈祷の仕方について、横浜中華街の関帝廟の係から

     「あなた、日本人じゃないでしょ」

    と怪しまれたくらいに堂に入ってるんよ。
    てか、どのような国であれ、その国民が信奉する宗教に最大限の敬意を払うのが、正しい旅行の仕方だ。
    祈るその国の人の姿に感動し、一緒に祈ることで、わずかでも共感の時間を得ることは、人生を豊かにするものだ。
    イスラームの国に、新興宗教の似非仏教を布教とかする馬鹿は、速やかに空港で宗教警察に逮捕されろってーの。



     

    で、今日、そんな気持ちが通じたのかどうかは分からぬが、偶然このような単行本を見つけた。
    うん。
    とても良い本だ。
    ガイドブックに載っていない店が多くあり、行こうとしている台南について詳しく書いている。
    住所しか書いていないが、グーグルマップがあれば問題はなかろう。
    台北で偶然見つけた美味しい店についても数軒紹介されていて、ちょいとうれしかった。



    ただなあ…
    なんか読んでて違和感が。

    作者は我輩より3歳年下。
    台湾人の男性と結婚し、一女を授かる。
    が、どのような経緯でか判らぬが離婚し、娘を引き取り帰国。

    で…ね?
    文章読んでいて、端々に離婚した旦那とのこととか、未練たらたらな文章が必ず、どこのページにも書かれていててさ…。



    あの、台湾旅行を楽しみにしているおっさんの高揚感に、冷や水をぶっかけないでくれます?
     
    台湾 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229005

    トラックバック