ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

よーし…今年は回遊するか

2014.01.10 Friday 21:42
0
    JUGEMテーマ:旅行

    昨年のマレーシア、マラッカへの旅行で、体調を完全回復したわけで…
    てか、日記や年賀状とかに書いたけど、我輩はどうやら、旅行をしなければダメな体になってしまったようだ。
    ふはははは〜♪ やはり旅は良いものだ〜…って、おんなじことを繰り返して書いているが、決してボケたわけではない。
    いや、心臓がダメだと、脳みそに血液が行かず、思考能力がおかしくなるものではあるが、まあ聞いてほしい。

    今年も行きたいのだ。

    「勝手に行けば?」

    うん、まあ…そうなんだけど…単に浮かれている中年のおっさんのたわごとだから、もう少しなんというかその、少年のハートを未だに持ち続けているこの冒険心を讃える黄色い声があってもってああこう書いている自分がみじめになっていくからいいよもう…

    まあ、準備段階から、旅行ははじまっており、これが毎日の生きがいになっているんだから、笑っておくれ。



    さてさて、エアアジアはLCCなのに、それほど厳しい乗り物ではなく、KLのLCCTでの過ごし方も学んだ我輩として、再度、マレーシアか、あるいは東南アジアのどっかへと挑戦したいというものだ。

    基本はLCC。

    日本国内移動に関しては、マイレージを使っての移動は可。
    本当なら、マイレージを使いたいところであるが、どうして片道のみは認められていないんだろうなあ。
    国内線はOKなのに。
    ま、これで関西空港は許容範囲となった。



    さて、どうプランするか。
    今年は周遊がテーマ。



    最も有力なプランは、KLまで移動し、コナキタバルへ。
    そしてそこから台北行きに乗り、成田へ帰る。
    年に二回台湾というのもどうかと、一部からは呆れた表情をいただいているが、一番確実なルート。
    本当は”猫の街”と呼ばれているクチンへ行きたい所であるが、同じボルネオ島なのにバスは殆どなく、飛行機での移動しか手段はない。しかもクチンからは国際線が出ていない(一度KLに戻るという非効率さ)。
    で、コナキタバルは…調べれば調べるほど、リア充しか行ってはならないという観光地…。

    いっそ、同地のリゾート地で、ゆーーーっくりと羽を休めるという手もあるが…夜中、あっちこっちからギシギシアンアン聞こえてきてくるとのこと。


                ('A`)  …



    他を考えてみよう。
    あまり気が進まないが、ソウルや上海、香港まで行っているLCCに乗り、そこから移動するという方法だ。
    もしかしたら意外な国へ行けるかもしれない。



    えっとまずソウル(仁川空港)を調べると…

    ティーウェイ…タイ・バンコクまでの航路があるのか。
    日本代理店がある…って…ソウル行きの便しか紹介してないのか。
    英語サイトは…ない…。
    …仕方がない…朝鮮語についての読み方は分かる。意味は分からないが、少なくともゆっくり音読すれば…ああ、これか。
    えっと…これが…たぶん「インチョン」だろうな。
    で…「バンクク」?
    …ああ、バンコクのことか…何度見ても、吐きそうになる、この文字は…
    うーん…約300,000ウオンでは、あまり美味しくないな。却下。



    で、次は上海。外に出たら、真っ先に公安によって不当逮捕され、翌月、死体博物館に謎の心臓と共に飾られる恐れがあるが、一応調べてみよう。トランジットの中に入ってもダメなような気がするが…。
    そういえば2つ空港があったんだよな。

    …ない。
    おおおおお?
    LCCはあっても、全然うまみがない。
    直接日本から行くことができる所ばかりだ。

    で、鹿児島県知事は、相変わらず馬鹿か?



    えっと…香港。
    滞在するには高いところだが、ここへのLCCのピーチが就航したばかりだ。
    ここからならば…タイ・エアアジアでバンコクか…。
    エアアジア、色んなところで暴れているなあ。タイ直行のLCCが出てこない理由は、エアアジアの存在があるからって、どっかのニュースにあったような記憶が。
    調べてみると…お、一万円強か。しかも昼着。うん、悪い選択肢ではないな。
    となると、こういうルートもあるな。

    香港エクスプレスで成田から香港へ…って…いいかげん、オンラインを整えてくれよ…英語でやっても、成田空港が表示されないし…。
    んじゃあ、逆に行ってみるか?

    エアアジアでKLまで行く。
    直接遠距離バスで、ペナンまで移動…いや、国内航空で素直に移動したほうが良いかもしれん。7時間、バスに揺られる自信がない。
    ペナンも一度行きたい場所だったし、観所も多い。
    ランカウイ島までフェリーで行くというのも良さそうだ。
    その隣のパンコール島には、悲しい大航海時代の足跡もあるし。
    調べるとここまでは、2万円ちょい。

    で、香港エクスプレスを調べると…おおおおおおおおおお???米国ドルでの支払いだが、50ドルちょい???
    これも悪い選択肢ではないねえ。
    コナキタバルで煮え煮えグツグツするよりも。
    で、香港にて一泊して、帰国。

    …ん?
    機中泊?
    羽田には、朝の6時到着???

    てことは…羽田空港から会社まで直接行けって?

    これはちょっと…うーん…。
    そうだ…ペナンからたとえば台湾への飛行機とかあれば…チャイナエア…あかん…。



    あ…もうすぐマイレージで、フィリピン・マニラへの往復チケットが入手できるな。
    一昨年、同じことを言ってたような気がするが…ちょっと調べてみるか…。



    …パプアニューギニア…ポートモレスビー行き?





     「山本提督が着任しました〜♪」





    …いろんな意味でアウトだwwww
    てか、それ以前に治安が最悪なんだな、パプアニューギニアって。
    世界10大犯罪都市、ヨハネスブルグ、ポートモレスビー、カラカス、カラチ、バグダッド、ダマスカス、サンパウロ、マセイオ、アカプルコ、足立区(サイゴマテ

    …やめておこ。
    うーん…リヤド行きがあるが、ムスリムじゃないと入れないしなあ…懐かしい地名で、涙が出そうになった。
    あ、ベトナムへ行くという手もあるか…。
    ホーチミンシティに入り、ハノイまで鉄道の旅。

    …時間がねえなあ…。




    というわけで、しばらく会社とかでニタニタしているかもしれないが、それはあーだこーだと考えているためなので、よろしく。w
    馬來西亞南遊記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1228876

    トラックバック