ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

なんかこれほどゆったりとした年末もないな…

2013.12.29 Sunday 22:04
0
    JUGEMテーマ:日記・一般
    JUGEMテーマ:旅行

    年末年始、テレビなぞ観るつもりはないし、じゃあDVDでも借りようかな…と、検索したら、おやおや…車で5分の所にツタヤがあったとは。
    朝、そこで色々借りて、すぐそばの京王スーパーで買い出し。
    車が汚れているから、吉祥寺近くの洗車センターまで走り、帰りに給油。
    なんだかんだとまだ昼前という。
    そだ、掃除をしよう…食卓の上に積み重ねられたDMとかを全部シュレッダーに。
    床に落ちてる本などを棚におさめ、埃をふき取る。
    夕方となり、ゴミ袋2個分完成。
    早めに入浴し、愚父がまたキチガイ発作を起こしたことを知り、夕食を食べて、くつろぐ。

    なんか…これほどゆったりとした年末もない。
    何というか…良いものだ。
    いつもは、もっとこう…せわしなかったような気がする。
    コミケの準備も整った。
    松飾は既に飾り付けた。
    洗濯物も全部片づけた。
    実家に帰る準備もできた(都内だけどね)。
    せりなさんからのデータは、年明けに拝読することに。
    「大航海時代オンライン」の最新パッチもあてた。



    …あと、何をすればいいんだ?



    うーん…「良いものだ」と言いながら、こういう展開はもしかして、生まれて初めてかもしれん。
    素直に寝れば良いのかもしれんが…​いや、それではつまらんな。
    法務の勉強でもするか?…うーん…少し仕事から離れたい。
    ああ、PCの中身を整理しよ!メールも随分とたまっているからなあ…いっきにデリート!
    んで、ウィルスチェック!











    17個も見つかったよ…感染してなかったのが、せめてものの救いかもしれんが、にしても随分としつっこいもので。



    ああ、そうだ。
    今から旅行計画でも立てるか。

    心臓病を和らげる薬はこの世にたくさんあるが、我輩の場合は旅行だ。

    「山本さん、心臓病なのに、旅行に行きすぎじゃないですか?」

    …と、先日、K君が我輩を気遣ってくれたが、旅行はやはり良いものだ。
    海外旅行は一番良いが、国内旅行も、今年の夏休みに行った呉・鹿児島慰霊の旅において悪いものではないと分かった。
    今から来年、どこへ行くかについて考えよう。
    プランを立てるというわくわく感は心臓に良いものであるし。



    来年は思うことがあって、伊勢神宮参拝へ行くつもりだ。
    今年は遷宮だということで、おそらく混雑しているだろうから外した。
    小学校5年生の頃に親に連れられて参拝したが、人生折り返し地点、感謝をこめて参拝したいものだ。
    調べると、おお…深夜バスがあるんだな…あとは行く時期か。



    台湾旅行は来年も。
    ゴールデンウィークであっても、外資LCCはぼったくりをしないからありがたいものだ。



    で、あとは夏休みか…。
    コミケに受かるか否かによるが、受かったことを前提に考えるか。
    三日目は2014年8月17日。
    会社の全体夏季休暇がはじまるのは、13〜15日…うーん…これを後にずらすとかしてくれる制度になったら、もうちょっと遠くへ旅行に行けるんだけど…。
    これに二日間休暇がプラスされる。
    となると、9月か…敬老、秋分…10月なら体育の日、重ねれば4泊5日…微妙に足りないなあ…。
    せめて1週間であれば…年休を余計にとると、今の職務上(秘書)、にらまれるからなあ。



    …となると、マレーシアか?

    マレーシアでの注意事項とか移動手段などについて、今年、大体理解できた。


    バス移動
    エアアジアの天下
    ICDを埋め込もうと、問答無用でゲートを通される


    最後の項目について、生命の危機を感じたぞ、まったく。

    でも、マレーシアでいいかな。
    日記にも書いたが、お金を使う国ではないから財布に優しく、料理も美味、皆さん優しく人懐こく、英語が使える。
    何よりも気温が比較的高いので、心臓への負担もない(脱水症状だけに気を付ける)。
    てか、前夜機中泊というのがポイント高いw

    ただ、クアラルンプールに長くいるということはしたくない。
    悪い所じゃないけど、比較的新しい首都であるためか、観光スポットが少し足りない…てか、前回の旅行では、到着したその日のうちに、予定してた全スポットを観て回れたからな。



    (まあ、インド人タクシードライバーとのボリウッド映画アクションは想定外だったが)



    KLに到着し、そのまま長距離バスに乗るか…あるいはエアアジアの国内線に乗るか。
    空港近くのホテルに一泊して、移動するというのも良いな。
    さて、ガイドブックを読むと…



    クチン…ネコの街か。
    あるいは、コナキタバル…サバ王国。
    いっそ、ブルネイ・ハシミテ王国へ移動という手もあるな。
    上3か所は、東マレーシアだから、どのみちエアアジアとか利用しなければ。
    検索すると…



    KL→クチン      96MYR 約3,000円

    KL→コナキタバル   126MYR 約4,000円

    KL→ブルネイ     183MYR 約6,000円

    KL→台北       269MYR 約8,000円



    おい、最後。w



    ハブにふさわしい場所にあるなあ…つくづく、マレーシアは。
    惜しいのは、日本とのアクセスについて、クアラルンプールのみというところか…。
    たとえばコナキタバルと成田とかを結ぶルートとかあれば…

    あ…そか。

    別にKLに戻らなくても、行った先から台湾なりを経由すればいいんだ。w



    台北とクチン、もしくはブルネイの直行便は、エアアジアにはないんだな。
    コナキタバルだと、274MYR…8,000円くらいか。東京大阪より安いのって、すごいな。
    あるいはコナキタバルから香港という手もある。これだと382MYR…って高いな、おい…あ、香港の空港利用税の所為ね。



    LCCって、頭の体操として使えるというメリットがある。
    あーだこーだと調べるのが、何ともいえず楽しい。
    よし!
    コナキタバルにしよう!

    …と思ったが、マレーシアについて、二か所、どうにも気になっているところがある。

    一つはバトゥ・パハ。
    流浪の詩人・金子光晴が愛してやまなかった火炎樹の街。
    廃坑となったスズ鉱山の夢のあと。
    ざらめ砂糖とバターを塗ったパンを朝食に、いつまでも滞在してたというその街のどこに、詩人の魂が奪われたのか。



    そしてもう一つは、クアラ・トレンガヌ。

     

    ハリマオこと谷豊がマレーシアとマレー人を愛した原風景の街とは、どのような所なのか、観ておきたい。



    うーワクワクしてきたぞおおおwww
     
    馬來西亞南遊記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1228867

    トラックバック