ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

ごり押しされるが、逃げ道は確保されたな

2013.09.18 Wednesday 21:11
0
    JUGEMテーマ:学問・学校


    もう業界には関わっていないから、とやかく言うつもりは毛頭ない。
    が、いわゆるエロ漫画とか、あるいはそれに類する漫画が徹底的に規制される…そんな方向で線路が敷き始められていることについて、なんか気分悪いものがある。

    規制される?
    うん、規制される。
    何度か書いたが、反対しても、これらのコンテンツにおける”力”は無茶苦茶弱い…いや、ないに等しいんだよ。
    どんなに政治家や高級官僚に対して説明をしても、セミナーを開いても、右の耳から左の耳へ素通り…資料は保存されずにそのままシュレッダーへ。
    無論、真摯に聴く人もいるが、政治力は極めて弱い。

    我輩に反発するなよ?
    そもそもこれは我輩の意見じゃないんだよ。
    行政の流れ、行政の本音、行政のスタンスというのがそうなっているって、徹底的に教えられ、見せられたたもんだから、こうぼやいているだけだ。



    この手の漫画やゲームを規制すれば、日本の漫画文化は廃れる!…と叫んでも、
    いわゆる海外において「クールジャパン」の代表とされるメジャーな漫画などはどうなのだ…と返されてしまう。
    エロエロに頼らずに、優れた漫画がどんどん発表されている、このことに対して規制したところで問題があるのか?…ということに対する、合理的な反論が必要になる。

    エロコンテンツを規制すれば逆に性犯罪が増えるぞ!…という異論についても、より具体的に、かつ万人が納得できる整合性あるデータが必要だ。
    ネットに転がっているような二次三次ソースはかえって挙げ足を取られてしまう。

    成年コーナーをしっかりと設定すればよい!…と主張しても、多くの本屋やコンビニ、ショップなどでそれが厳密に守られているのか。責任は小売店側にあるが、家族連れが多数利用するであろう環境において、規制派に隙を与えるだけだ。



    堂々と自分の子供に読ませられるか?…という質問に「読ませられる」と言えるのか?
    堂々と自分の子供にエロエロなソシャゲをプレイさせられるか?…という問いかけに「進んで遊ばせたい」と言えるのか?
    それらの理由について、ロジカルに答えられるのか?

    頼む、我輩は首を縦に振れる答えが欲しいところだ。



    日本の行政法はその成立において、絶妙なところで玉虫色に帰着する。
    法律での規制では厳しい場合、より拘束力の弱いところで様子をしばらく見ることが多い。
    省令、条例、ガイドライン等がそうだ。



    だが、東京五輪は、色んな意味での”大掃除”になるんだよなあ…。







    てなると、法律で問題ないと最終的に決定した国にサーバを置き、出版DL販売するビジネスに、茜新社とかが乗り出すということになるのかな?
    ちなみに刑法175条を参考までに…


    わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする。


    この刑法は、日本国内のみに適用される。
    そもそも現行法でも日本国内よりサーバにエロエロなものをアップロードし、一般に見せたら刑罰を受けることになる。
    だから、ただ見るだけであるなら問題はない。



    しかしここに「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」7条を出さねばなるまい。


     児童ポルノを提供した者は、三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。電気通信回線を通じて第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録その他の記録を提供した者も、同様とする。 
    2 前項に掲げる行為の目的で、児童ポルノを製造し、所持し、運搬し、本邦に輸入し、又は本邦から輸出した者も、同項と同様とする。同項に掲げる行為の目的で、同項の電磁的記録を保管した者も、同様とする。 
    3 前項に規定するもののほか、児童に第二条第三項各号のいずれかに掲げる姿態をとらせ、これを写真、電磁的記録に係る記録媒体その他の物に描写することにより、当該児童に係る児童ポルノを製造した者も、第一項と同様とする。 
    4 児童ポルノを不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列した者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。電気通信回線を通じて第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録その他の記録を不特定又は多数の者に提供した者も、同様とする。 
    5 前項に掲げる行為の目的で、児童ポルノを製造し、所持し、運搬し、本邦に輸入し、又は本邦から輸出した者も、同項と同様とする。同項に掲げる行為の目的で、同項の電磁的記録を保管した者も、同様とする。 
    6 第四項に掲げる行為の目的で、児童ポルノを外国に輸入し、又は外国から輸出した日本国民も、同項と同様とする。


    現行法ではあくまでも現実の女性について…であるが、規制法が通るとすれば、漫画などに拡大解釈される。
    てなると2項、4項、6項でアウトになる。
    なんと、出版社の思惑通りにならないということになる。

    蛇足だが、5項を読んで、「持つだけでも逮捕されるの?」という誤解があるが、4項が前提条件…つまり提供したり販売したりする目的で持っている場合は逮捕されるのだ。

    孫の入浴記念写真をお持ちのおじいちゃんおばあちゃん、ご安心ください(マテ



    じゃあ、もう他に手立てはないのか?

    うーん…さすがに規制法案についてのたたき台まで読ませてくれていないが、もしこの「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」がベースで進められるというのであれば、あるにはある。



    漫画家をスウェーデン、ドイツ、オランダ等に住まわせる。
    住まわせるのが無理だとはわかっている。
    であれば、執筆期間中、これらOKの国に短期滞在してもらい、原稿を完成させる。
    上記法律での”製造”は禁じられているが、どの段階でそれが法律に違反しているのか、客観的に判断できるものだろうか?
    同人でも漫画を描いたことがある人なら分かるが、大体のストーリーを考え、コマ割をし、ラフ絵を描きこむ。
    最初から完成品に近いラフ絵を描く人もいるが、大抵はキャラクターの立ち位置で終わる。

    エロ漫画?
    いやいや、もしかしたら文部科学省推薦の涙腺崩壊漫画かもしれんぞw

    そして、OKな国で一気に仕上げさせる。



    うん、交通費だけでも、アシが出るね…。
    一週間缶詰部屋を確保するとなると、EUにおける労働関連法に抵触しちゃうね…。
    最初、これらの国の海外領土…と考えたんだけど、Wikiを見る限り絶望的だな…、カリブ海に行くなら、マレーシア経由でAirAsiaに乗ってフランスへ…って、死ぬわ!w



    逃げ道は示された。
    あとはどう逃げるかについて、色々とシミュレーションするは楽しいよ。

    いや、業界の人たちにとっては、地獄が待っているんだけどなあ…
    まったく…変なところに、インチキなキリスト教団体を持ち込みやがって…。
    法務の道を歩みながら | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1228768

    トラックバック