ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

ブラック企業改め、アウト企業

2013.04.23 Tuesday 21:09
0
    JUGEMテーマ:ニュース 

    国賊どもが首相官邸に入る直前の選挙で、日本全国の最低賃金を一律自給1000円にするという、中小企業や地方の実情を無視した脳味噌ルーピーなマニフェストを真剣に信じてミンスに票を投じた人は…あ、やっぱりダメだ、首吊ってね、常識と中学生並の論理があれば、できないってことくらい理解できるから(はぁと

    厚生労働省のサイトに、最低賃金制度の時給下限についてリストがある。
    雇用する側は、ここにある金額以上の賃金を支払う義務があり、それに従わない場合は、労働基準法により30万円以下の罰金を支払うことになる。要するに行政処分だ。


    「たったの30万円?じゃあ、ブラック企業が減らないはずだな…」


    と思われるかもしれない。
    その感想は半分正しいし、半分誤解されている。
    最低賃金制度を破りまくり、労働基準法を悪意で違反しまくり、パワハラセクハラをして社員を自殺に追い込んでも蛙の面に小便、そんな経営者が毎月、自己啓発の怪しげな本を出して、あー、クッサイクッサイ…。
    社会的に叩かれても、マスゴミやゴーストライターが書いた本を通して”信者”がぞろぞろ生まれるワケで、サイコパスはサイコパスを生むという我輩の仮説通りに光景が見られるわけであるが、果たして、30万円の罰金で済むか?

    答えから言えば、30万円だけで済むことって、まず、ない。

    社会的に「ブラック企業」だと軽蔑されて、募集をかけても誰も応じることはない。
    一定以上の質の高い労働力を維持確保することは、労働力の流動化とか言いつつも、一方では経営効率を将来的に高めるのに有効だ。
    尤も、名のある(?)「ブラック企業」は、離職率が高く、人が寄り付かない場合、サイコパス自らが「成功者」であると飾り立て、自分の所に来れば、自分の考え通りにすれば、つまり「奴隷」になれば、億万長者になれるよ、ただ、なれるのはサイコパス本人だけであり、
    「奴隷」はサイコパスに自分を投影して、死ぬまで騙されるという構図しかないのだが。

    最初から、他人の痛みを知らない、自分だけ得すれば良いという人間が頂点にある場合、「ブラック企業」だと呼ばれても、却ってニヤニヤしていることであろう。
    それほどまでに、精神構図が歪んでいるんだ。
    「社会的制裁」は、次に刊行する本で帳消しになる…そう考えている。



    でも、労働基準監督局の職員がやってきたら、大言壮語なことで煙にまこうとしても、出勤簿や帳簿に、労基法等に違反し、不払いが見つかれば、あるいは雇用契約が明らかに労基法に違反していることが発覚すれば、行政指導が行われる。
    しかし、サイコパスは自分が置かれている状況を理解する能力に欠けている
    そんなことになっても

     「日本人はこれからグローバルマインドで働かなければならない」
     「お金よりも夢が大切なんです」

    とやり返せば、営業停止どころか、労基法を悪意で破った等の犯罪行為を理由に送検される。
    刑事事件となるのだ。

    あまり知られていないことだが、労働基準監督局の職員は、「特別司法警察員」である。
    普通の警察官と同様に、捜査権および逮捕権を持っている。
    武器の携帯はできないが、手錠、捕縄、腰縄は携帯し使っても良い(武器扱いではないため)。

    刑事事件となり、「労基法違反で逮捕」に至ることは殆どないが、ここで是非覚えてほしいのは、労働基準法等に違反する企業は、最悪の場合、前科がつくことがある…職員の数が少ないのが問題であるが、一度でも動けば、この法律がどれほど重いのか、知ることになる。
    また、刑事罰だけでなく、行政処分もまた別箇に課せられる。

    労働基準法も、また最低賃金法・最低賃金制度も、日本国憲法における「生存権」に基づいた法律、制度である。






    これを最初から、悪意をもって、

    「法律を破る俺様KAKKEEE!!!」

    と叫んでいる柳井って、サイコパス以前に、病院に入れた方がいいんじゃないのか?

    仮に東京だと、時給は最低850円。
    単純に割ると、約1177時間。
    (クニウロの実情は知っているが仮に)一日8時間労働としたら147日働けば、単純計算で年収100万円となる。
    アルバイトであれば、平均よりやや低いが、制度上問題はない。
    ただし、正社員だとすると、だ…いろんな報告とかを読む限り

     一日の労働時間 14時間(残業代ナシ)
     月に良くて6日間休み、殆どが4日間、下手すれば2日間 (間をとって、休4日間)
     年末年始の休みなし
     
    となると…だ。

    365ー4×12=317日間
    14×317=4438時間




    100万円÷4438=225円(時給換算)




       ”Grow or Die”



    その前に、クニウロがDieするのは、確実だな。



    えーっと…大学院で学んだばかりの、行政手続法について…少し復習するか。
     
    一億総ブラック企業化への防衛 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1228605

    トラックバック