ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

一日で使い切ることができんな…

2012.11.19 Monday 21:56
0
    JUGEMテーマ:ニュース 




    今日は、日記のネタがあったにはあったが、またガイキチに絡まれた関係のネタなので、こっちに逃げるね…。
    てかさ…なんでだろ…。
    以前、日記にも書いたけど、我輩は外国人から質問を受けられやすく、ガイキチから喧嘩を売られやすいオーラを発してるようなんだけど…。
    新しい職場は、ロケーションがロケーションだけに、我輩と同じような背広姿のサラリーマンがたくさんいるんだけど、道とかに迷った外国人(国籍問わず)が真っ先になんで我輩に質問してくるんだ…。
    あと、春先だけにしてくれ…今日も朝の出勤時と、帰りにな…ガイキチに…もういいや。



    えっと、このお題ね。
    はてさて困った…生活態度を改めてから、無茶な買い物というのをしなくなった。
    いや、台湾旅費は別だぞ、ゲフン。

    「どうせ、台湾旅行の旅費に使うんだろ?」

    と言われそうだが、うーん…なんだろ。
    旅行って、自分が稼いだお金で行くから楽しいというのがあるんだ。
    会社の出張を旅行とは言わないし、何よりも出張するからには、成果を出さなければならないプレッシャーがある。
    いや、サウジアラビア王国は大変楽しかったけど。
    というか、

    「あげるから好きに使って」

    て言葉の裏には、何か嫌なものが存在してることは間違いない。
    世の中、只で金や物をあげる人は存在しない。
    必ず、裏に何かあるものだ。

    我輩、金銭に関しては、人を信じない主義なので。
    だから、

    「マンション経営について」

    というセールスをしてきても、意味ないぞ。
    さっさと我輩を、DMの名簿から外せ。うざいだけだ。



    ああ、話がずれてしまう。
    えー、そんなわけなので、

      5万円

      これを

      一日で

    てなると、だ。



    失業を長らく味わった我輩が、復職してからずっと思っていたことを、実現するための準備に回したいね。
    5万円で、サーバを長く借りられるだけ借りて、
    失業に苦しむ人、キャリアに悩む人、ワーキングプアから抜け出せない人のための、無料カウンセリングのサービスサイトを立ち上げたい。
    一人だけでしか相談に乗れないから、易々と運営をし、即答できないという点が問題だが、我輩の経験と、知識、情報、そしてわずかな人脈を活用して、同じ年齢で理不尽に苦しむ人たちのために、まだまだイケる!…という答えを出してやりたい。

    いや、本当にそう思う。

    僅か3年、色々あった。
    失業を半年間経験した。
    会社を4度移った。
    心臓で倒れ、20年のキャリアを失った。

    だが、残ったものを拾い集めたら、新しい人生を歩むことができた。
    皮肉なことに、20年の中で、給与も良く、定時に帰ることができる。



    新卒者が就職できない、中高年がリストラに遭い露頭に迷う…というニュースが連日流れている。それに伴う自殺者の数も、何ともやるせない気持ちにさせてくれる。

    絶望の中に置かれる人に共通しているのは、
    自分の経験した生活や仕事以外の世界に移ることへの恐怖があるのだ。

    我輩は、もし5万円があれば…だ。

    絶望の中で、井戸の底を徘徊している人の腕を掴みあげ、
    外に連れ出してあげたい。



    なんか、それならNPOでも作ったほうが良さそうだな。
    あと、リストラを行う企業やコンサルタント()から、利用されかねない問題もあるな。

    日本全土ブラック企業化への対策 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    はじめまして。ゲーム関係の裏話を興味深く読ませてもらったものです。
    自分も障害者というか、躁鬱病を抱えた28歳、大学中退の職歴ゼロという境遇にいるものです。
    本州最北県でニート同然の暮らしをしているわけですが、率直に言って地方と東京など都市部を比べて、どちらがハンディのある人間にとって職が得やすいかなど差があるものでしょうか?
    突然のコメントで質問をする非礼をお詫びしながらもなんらかのアドバイスが欲しく投稿した次第です。
    | simon | 2013/03/27 4:59 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1228439

    トラックバック