足利の河原で

  • 2012.10.21 Sunday
  • 19:34
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
JUGEMテーマ:旅行
 
足利ひめたまが「第五回痛車祭」を開催するというので、ちょいと覗きに行く。
信じてもらうつもりは毛頭ないが、二か月前に、門田稲荷神社と織姫神社まで御礼詣りする計画をうっすらと立てたのだが、狭心症の発作が怖くなり、中止してた。
だが、主治医からOKをいただき、急に計画を思い出して、実行に移したが、偶然なのか、このイベントがあった。
もう「オタク」はやめたつもりであるが、やはりこういうことがあるとなると、覗きたくなるものだ。
参加とかではない、浸かるというものでもない、ただ、面白いと感じる光景と出会う、それが楽しみになってきた。




















おおお…「目標300台!」と主催者側が叫んでいたが、優にそれ以上かもしれん。
ナンバープレートはキャラプレートで隠されているが、オープンなところをみると、関東近県が中心で、東北や新潟からの参加者も多い。
全員、いわゆるオタであるのは間違いないが、「アキバ系」のオタというのはあまりいない。
痛車を見ると、相当のお金をかけてチューニングされたスポーツカーなどが中心で、イベント用に着こなしているからなのか、ややエッジの効いた人が多い。

…まあそれでも、アイマスの映像を前に、オタ芸をしているところをみると、根は同じなんだな。w

観に来ている人も、無論、オタが多いが、半数くらいが地元の、しかも家族連れが多い。
小学生達が親にお願いして、遊びに来ているという雰囲気だった。
中には母親が「東方」(かな?最近、疎いので)のコスプレをして、ベビーカートを押している光景に何度も出くわしたり、孫を連れたお爺ちゃんお婆ちゃんが

「あ、この初音ミクの車、よくできてるねえ…」

と品評したり(笑いそうになったw)、小学校低学年の女の子が「プリキュア」の痛車ではなく、「侵略イカ娘」の痛車を熱心に見ていたり、やはり小学校高学年(かな?)と男の子が























この車をじーーーっと眺めていて、止めるべきだったのかどうか、判断に苦しんだな…我輩....orz.... てか、親が止めろ!w




















ルカ姉さんの痛車に、やじまの姉さんが喜びそうな飾り付け。
こういう人形を使ってのアイデアは、見てて楽しい。

「ほらほら!○○ちゃん!人形さんよ!」
「ほらほら!行きましょう!人形さんのところへ!」

隣の家族連れ。
母親らしき女性が、自分の娘に声をかけている。
うん、そうだね、こういうのはかわいいよn…






















おおおおおおかあさん
それはお人形さんではなく
オリエンタルな人工肉○ボで
ちょ!!!!!!!!行くな!!!!!





ああ…行っちゃった。
まあ、知らぬが花…てね。



ステージでは、地元の小学生のチアガールが踊り、
ひめたま二柱のコスプレの司会が進行をし、
五回目の祭を楽しく催された。

うん。
こういう感じで、趣味を楽しむ人たちの姿が、うらやましいと思えるよ。

コメント
タコルカネタに釣られてきましたよ。
マグロ釣ってる・・・かわいい・・・

嗚呼 私も釣られたい・・・v
  • やぢま
  • 2012/10/22 7:37 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Andy山本の脳内の一部

Feel Free To Follow

flag counter

free counters

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM