ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

ゲーム開発とゲーム開発教師の間

2010.08.17 Tuesday 20:50
0
    ゲーム制作の経験者で、
    教員免許を持っている人について、
    我輩は自分以外に、他一人しか知らない。

    教員免許を持っているからと言って、
    ゲームの作り方を教えられるのかといえば、自信はない。
    ただ、少なくとも、カリキュラムの作り方、
    評価、教授法、何よりも生徒学生との接し方について、
    大学での講義だけではなく、2週間の教育実習から身につくものである。
    まあ、その教育実習も、内容によりけりではあるが。
    我輩は幸い、三鷹市内の公立中学校で教育実習をみっちり2週間、
    行うことができた。
    当時の中学校での担当教官は大変厳しく、
    授業の進め方、短期的なカリキュラムの作り方から、
    授業前後の予習復習の重要性を、これでもかと叩き込んでくれた。

    ものすごく感謝している。
    感謝しても感謝しきれない。

    当時(今はどうか知らないが)、通常であれば
    出身高校で行うものであるが、我輩はそれを拒否した。
    高校で教育実習の大学生が毎年来ていたが、
    大人数で(何せエスカレータ校だったから、卒業生も多い)、
    一人一時間しか実習ができないというものだった。

    やるのであれば、徹底的に。
    当時から変わらない、我輩の生き方。

    そのおかげか、実習一週間後には、自分なりの教え方というのを発見した。
    なんてことはない、オリジナルの漫画を描き、教科書のストーリーを説明しただけだ。
    「不思議の国のアリス」を、アニメ絵で描いたものだから、受け持った2年生以外のほかの学年から、休み時間に絵を描いてとせがまれたものだ…。

    でも、距離感を縮めることの大切さが理解できた。
    その道具としての漫画が、幸いにしてあった。
    ただ、単純に縮めても、先生と生徒とのしっかりとしたラインの引き方も、担当教官に教えていただいた。

    最初から教師というのはいない。
    いきなり教師になるということは不可能だ。
    なぜ、免許制であるのかということを、再認識する必要がある。



    で、だ…。



    サウジアラビアでー…
    ああ…もー…

    ラマダーン休暇が近いから、まだいいけど、
    ゲーム開発者が教師になってはいけない理由が
    痛いくらい分かってきたよ…。
    山田虎次郎翁を慕いて | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    専門学校で講義を受け持った時の事を思い出しました。
    そこそこ歴史の有る学校なのに、生徒の力量を実力より遥かに下に見てる事が気になりました。
    「やれば出来る」と「やらせて完成させる」の間にはホントに、ほんとうに高い壁が有るのかなぁ?と。


    | a2z | 2010/08/17 10:16 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1227222

    トラックバック