ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

年齢差別…日本を死に至らせる病気の一つ

2009.12.20 Sunday 21:39
0
    リンクしている「ニートの海外就職日記」において、
    日本における就職での年齢差別について、
    簡潔ながら見事に説明されている。

    最近のコメントからの引用だけど実にspot on(ズバリその通り)。何度も書いて来たように、この年齢制限ってのは新卒至上主義と並んで日本のクソ労働環境における「悪の2大枢軸w」とも言える存在だよな。年齢制限があるせいで転職のハードルが高く、うんち踏み付けても(ブラック会社に捕まっても)履歴書が汚れるのを恐れて動くに動けなかったりするし。で、クソ経営者はここぞとばかりに労働者の足元を見て「その歳で転職先なんてないから、この仕事にしがみつくしかないんだろw?」とか「家族がいるからヤメられないんだろw?」なんて感じで搾取に励むからな。

    2年前だが、改正雇用対策法によって、年齢を制限しての募集は禁止になった。ただし、この法律における問題は、罰則が存在せず、またあくまでも努力義務であるという点にある。

    つまり求人票や募集記事では、年齢不問と書く必要があるが、
    書類や面接で落とせばいいということになる。
    仕事を懸命にやりたい、自分のキャリアを会社のために活かしたい人を採用しないで、奴隷としてこき使える年下の人間だけを採用する。
    年上に指示を出したくないという、自信のなさが表れている。
    悲しいかな、採用しない理由について、筋の通った説明についても、表示する義務がないというのも、笑える。

    転職エージェントでも、かなりこの種の所が多い。
    IT転職ナビというところを覗いてみると、結構怪しいところがある。
    エージェントの写真を出さないところや、
    「秘密求人ですので、社名は伏せております!」と述べているところほど、
    まともなエージェントじゃないと感じるようになった。
    社名を隠す必要はどこにあるんだ?
    求人を出すことで、会社のイメージが破壊されると思っているのか?
    だとしたら、ブラック企業丸出しだと思えるのだが?
    あと、この中で一社、年齢とか一切問われず、条件が怪しいくらいに良いものがあったので、試しに応募したら、不採用。
    いや、その募集を出している会社が不採用と言うのであれば、それで良い。良くないけど。


    「弊社で検討しましたが(後略)」


    …エージェントが検討?



    なんてことはない。
    エージェントが偽の情報を作って、
    個人情報を抜き取るという手合いのものだった。


    腐ってる…。


    解雇されて、この身を寒風に晒しつつ、同じ境遇の人たちとの会話を通して判ったことは、この国自体、

    真面目に働く人を不要としている
    キャリアより体育会系の根性だけで仕事をしている
    知識や経験より、体力だけあれば良いと考えている

    と言うところか。

    国内の生産力が落ち続けている原因は、
    年齢ではなく、人物で仕事をする能力に乏しい
    日本人の悪い癖になるのかもしれない。




    どこも採用するつもりがないのであれば、
    こっちから、この国と企業に不採用通知を送りつけることに
    なりつつあるのは、確かではあるな。
    - | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    年齢で差別するのはいけないのに、国籍で差別するのはいいんですか、へー。
    | ななみ | 2012/07/10 9:36 PM |
    ななみさん

    国籍法って、ご存じですか?
    ご存じない、へー。
    | Andy山本 | 2012/07/11 11:14 AM |
    日本は本当に先進国なのか疑問に思いますね。
    国が企業に対し、採用にあたり「年齢不問」
    としなさいと一応訴えてるようですが相も変わらず
    やりかたが、いいかげん・中途半端

    日本政府大好きなアメリカでも履歴書に年齢を記載
    する欄は無いらしいですし、ましては面接中に
    うっかり歳でも聞こうものなら違法で訴えられる
    可能性があります。

    中国もそうみたいですね。
    年齢関係なく技を重んじるという文化が定着して
    いるのか?

    国は選んでいるところですが、外国に移住することに
    しました。
    | 中高年 | 2017/05/16 9:47 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1126197

    トラックバック