ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

麻原彰晃、本名:有田芳生

2013.03.23 Saturday 19:50
0
    JUGEMテーマ:ニュース 

    その男には、一切の思想も良心もなかった。
    求めていたのは、自らを良し、高しとすることだけであった。
    そのためにはいかなる手段を使うことに、躊躇することはなかった。

    その男は、自らがこの世の支配者になることを夢想し、自分を賞賛する蒙昧な人間を多数固め、まず、この国において絶対的な権力を得ようと選挙に出た。

    次にその男は、自分の権威を絶対とするために、周囲の中からスケープゴートを数人選び、「ポア」という名で「殺人」を犯した。
    反対する者、疑問を持つ者に対して、如何なる言論も許されなかった。
    ただ、自分の目指す王国のために、反対する者を殺すことしか、この男の思考にはなかった。
    かつて存在したソ連で、スターリンという独裁者が行った、残酷な手段である。
    が、この手段から、周囲の人たちは、その男に対して盲目的に従属することが、自分の生命を保つと共に、共に作られるであろう王国において、高いステータスが得られるという約束がついていた。
    その王国を作るには、この日本を、日本国民全員を「ポア」しなければならなかった。

    やがて、内側における粛清が一区切りつくと、今度は外部における自らに反対する者を殺しはじめた。
    警戒を怠らずに難から逃れた者もいたが、その男と団体に対しての反対者、自由意思で異を唱える者、家族が奪われあらゆる手段で抵抗する者が、その男の命令で殺された。
    中には優秀な弁護士一家の生命が一気に断たれたこともあった。

    だが、その男には、一切の良心の呵責はない。

    自分が王であることを理想とする王国を作ることに、法律は存在しない。
    法律において保障されているはずの自由に発言することも、自由に考えることも、自由に抗議することも、その男の中では許されざるものであった。

    この国を、日本国民全ての武器であるべき「自由」を、
    捏造と詐欺に騙されてきたことに気づき、真実を持って怒りの拳を挙げる「自由」を、
    その男は、許そうとしなかった。




    その男は、日本国民として法において保障されている自由を虐殺する「サリン」をまき散らかそうとしている。






    麻原彰晃、本名:有田芳生。



    皮肉なものだ。
    一時期、片方がもう片方を抗議し、片方がもう片方を殺そうとしていた。

    だが結局、この二人の男は、根っこにおいて、同じなのだ。
    自分の「王国」を作るために、手段を選ばない、テロリストなのだ。

    売国奴政権を討て! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    さもありなん

    2013.03.13 Wednesday 18:14
    0
      JUGEMテーマ:ニュース 

      ミンスが政権にあった頃、そのやりたい放題にブチ切れて、この日記において怒りの感情を思うまま書き連ねたのだが、その際、あるメーカーの(名誉のために黙っておこう、日立製作所だなんてそんな、あ…)専従組合員だった人間が我輩に噛みついてきたことがある。


       「民主党の政権はすべてが正しいんだよ!」
       「日本なんかつぶしたいね!中国に献上したいよ!」
       「日本国民なんか全員、中国の奴隷にならなければならない!」


      まじめな顔で叫んでたからな…言っておくけど、大げさに書いてないよ。w





      だからこのニュースを読んだ時、さもありなん…と思ったわけでね。
      先日の311の時に黙祷をしようということに、意味もなく反対してた馬鹿な連中がいたが、ミンスも、この元専従も、またミンスや汚沢を未だに信じようとしている連中に共通して臭ってくるものがある。

      それは「畏怖の念」が根本から欠如している、偏った精神構造である。
      欠陥品だと暴言を吐かせてもらっても許されるだろう。

      畏怖とは簡単に説明すれば、ある特定の対象に恐怖すると共に、尊敬の念を抱くということである。
      キリスト教世界では、ヌミノーゼ感情と記されることがある。
      厳格であるが、底深い歴史、倫理、道徳などの具現に対する恐れと敬いの精神である。
      ここで注意しなければならないのは、ヤクザや殺人鬼、気まぐれな独裁者や狂犬病にかかった野犬などは「畏怖」の対象ではないということだ。
      それは単なる、「脅迫」「脅し」等である。

      そして、これらの人間は、尊い日本国民としてあたりまえの生活、あたりまえの文化、あたりまえの道徳、倫理規範に対する「畏怖」の念が欠落しているのだ。
      彼らにあるのは、国民のあたりまえだが、日本であることを成している構造への憎しみだけだ。

      その理由は諸説あるが、我輩から言わせてもらうと、全共闘時代で拗らした厨二病の悪化と、それを若い世代に押し付けたという点にある。

       
       日本に革命をもたらせなかった。
       くやしい!
       ならば、中国や朝鮮と手を結んで、この国をつぶして、俺様が支配者になってやる!
       特に中国様は日本国民をチベット等と同じように大虐殺することを望んでいる!
       素敵!俺様の理想と同じだ!


      これが彼らの正体だ。
      そして三年強、そのための準備を続けていたわけだ。
      大臣が過激派から献金を受けるわ、国家機密を特定アジアにダダ漏れするわ…

      日本国民として、平凡だがあたりまえの日常生活。
      海外で暮らした経験があると、日本の日常生活は、退屈かもしれないが、これほど統制がとれ、見えざる道徳律によって相互に自制の効いた美しいものはないと実感できる。



      ミンスやその周囲の連中には、そのようなまっとうな生活を送る能力がないだけなのだ。
      未だに雑居ビルや大学のクラブハウスの隅っこで、カンパという名の乞食やゆすりたかりで生活している。
      さぞかし夢のような三年だったろうな?
      首相官邸に出入りして、機密文書を持ち出して、支那などに渡して、どのくらい金をもらった?

      売国奴政権を討て! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      now we are free ...

      2012.12.16 Sunday 22:01
      0
        JUGEMテーマ:ニュース 





        3年3か月にわたる、贅沢に溺れた全共闘の消し炭よる、そして特定アジアによる略奪が行われた、荒廃した国土からの再出発である。

        3年前、

         マスゴミに言いなりになってた
         
        あるいは、日本を潰して、日本国民を憲法第9条の名のもと、特定アジアによって大虐殺されることを心待ちにしてた

         売国奴

        らが票を投じたことで、この日本で観られたのは、かつてないくらいに堕落した、セルフィッシュにして滑稽な姿。

        マスゴミは率先して、民主党による国土破壊と国民虐殺に加担した。
        官房機密費を全共闘の政治資金に回した。
        ルールを破り、天皇陛下を侮辱した。
        九州の優れた牛肉を破滅に導いた。
        血税を外国人に垂れ流した。
        震災地にまわすべき援助を差し止め、コンクリートという現実には目をつぶっていた。
        被災地における行政の長を罵倒し、自衛官の胸倉をつかんだ。
        国土を侵略する敵の映像の公開を止めた。
        ありとあらゆる約束を破った…そう、一つも守られなかった。

        国民に選べれて、権力を委託された者は、ウソつきであることを公にした。

        上に立つ者は、嘘をつくことが賞賛され、国を私物化することが是とされていた。



        今日、この日、大東亜戦争終戦の日と同じ気構えで、立ち上がらなければならない。
        だが、今度は敗者としてではない。
        新たなる、そして本来「あるべき日本」に戻す希望を持って、再び国家を再建しなければならない。
        「あるべき日本」…それは、かつてこの国は、命を捧げるに相応しいと信じられていたということ…もう一度、そう、信じることができる…それが「あるべき日本」なのだ。



        現在、支那と朝鮮とは有事状態にある。
        当面の目標は、「殴られたら殴り返すことができる」仕組みを早急に整えることだ。
        そのために、国内の制度を再構築されることを期待する。

        売国奴政権を討て! | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

        民主党をそれでも支持する人ってさ…

        2012.12.06 Thursday 21:20
        0
          JUGEMテーマ:ニュース 




          画鋲より人間、小さいんだね…。

          まあ、国旗を切り裂く行為を行った段階で、既に日本の政党ではないことを宣言しているわけであったし、この政党を支持する連中は売国奴として、選挙結果に対して、どう火病するのか、楽しみである。



          それにしても…ここまでみっともない政党って、あっただろうか…。
          売国奴政権を討て! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          地獄の釜の中で煮られている亡者が憑依したのか?

          2012.11.25 Sunday 21:41
          0
            JUGEMテーマ:ニュース 





            「声はある」
            「声はある」
            「声はある」
            「声はある」
            「声はある」




            んん?
            モナ不倫男から、この台詞が出てくるとは、なんかおかしいな?…と思った。



            「ちまたではこういう声もあるのですが」
            「一部政府関係者からこういう声があるのですが」
            「国民の一部からはこういう声がありますが」
            「世論ではこういう声が出ているのですが」


            とか言いつつ、具体的にその発信元、ソース元、声を出した関係者の具体的な名前、一切合財出せず、結局のところ、そのような「声」がなかったことが分かってしまった、自称「ジャーナリスト」、だが化け皮を剥がせば、特定アジアから金を貰っているだけの売国奴の、生前の声と重なったのだが…



            気のせいかな?



            ちなみに、この発言について、きちんとした説明がなければ、
            モナ不倫男を、名誉棄損で訴えることができるし、有罪に追い込むことができる。

            釜茹でにされてる亡者の声を呼び寄せる、イタコ体質なのかな?

            売国奴政権を討て! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            前略、安倍次期首相殿

            2012.11.16 Friday 21:25
            0
              JUGEMテーマ:ニュース 




              日本が、当たり前の国に戻ることを恐れる勢力が、国内にいる限り、大義を成し遂げることは、前途多難でありましょう。
              ましてや、政権を取り戻したとしても、連立を組むであろう政党からの売国奴行為を抑え込むことの難しさは、一国民としてハラハラするものであります。
              支那は日本を侵略することを明確に表明しましたが、実際のところ、未来永劫そのような力はありません。戦争を仕掛けられても、叩き潰すことは簡単でしょう。

              問題は、まさに、この国の中にある、売国奴勢力です。
              それは全共闘の消し炭であったり、
              40歳過ぎても厨二病をこじらせた労組専従であったり、
              経団連であったり、
              宗教政党だったり、
              特定アジアから資金を得ている連中であったり、
              ハニトラにかかった高級官僚であったり、
              マスゴミであったり…

              なんか列挙してたら、軽い頭痛を覚えてしまいました。w

              平凡な一国民として、本来あるべき日本に戻すには、最初の一歩、目指すべき一歩があります。

              スパイ防止法の制定と、その法律を機能させるために必要な行政機関として、内務省を復活させることです。

              スパイ防止法を施行したところで、国家公安委員、警察庁、全国の警察が連携しなければ機能しません。
              が、昨今の不祥事や動きの鈍さを見る限り、個々人が優秀であっても、全国を統括し、なおかつ海外の情報との連動を成さなければ、法律があっても力がなければ意味がありません。
              逆に内務省を設けても、法的整備と法理がなければ、ただの暴力機関になってしまいます。前回の売国党がマスゴミらと手を組んで政権を奪われたことを考えれば、また売国党が政権にいた間、売国党による数々の、そう数知れない様々な事件、極めて卑近なところからして多数あったことを、思い出していただければ幸いです。
              機関が悪用されないために、法整備が必要です。

              力なき正義は無力であり、正義なき力は暴力でしかありません。
              民主党政権はまさに、その代表でありました。

              そして、速やかな憲法改正が必要です。
              日本は、殴られたら殴り返せられるか…ということで、思考が停止しております。
              どんなに口で「護憲」「平和」「第九条」と叫んでも、殴られて殴り返さない人を、我輩はついぞ見かけたことがありません。



              前の政権で、あなたは「美しい国 日本」を目標に掲げましたが、実のところ我輩は、その言葉に少しがっかりしました。

              「美しい国」には前提があります。

              「美しい国」である前提として、「正しい国」でなければなりません。

              国内において国法を守り、
              国際社会において、国際法を守る。
              特定アジア諸国は国法を守ることも、国際法を順守することもできません。
              だから醜い国々であり、醜態を国際社会に晒しているのです。

              そして「正しい国」として最も必要な前提は、「強い国」であることです。

              前述しました通り、力なき正義は無力でしかないのです。



              それ故に、首相に任命されました際には、どうかどうか実現してください。





              日本を「強く、正しく、美しい国」にすることを。




              求められたら、応じましょう。



              日に日に寒くなってまいります。
              インフルエンザの予防接種を受けて、
              風邪をひかれませんように。


              早々


              卑拙な一国民より
              売国奴政権を討て! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              ちょっと待て その候補者 元民主

              2012.11.15 Thursday 21:43
              0
                JUGEMテーマ:ニュース 


                移ったところで、再選されると思っているのであれば、馬鹿だな。
                それにしても、今回の騒動で、分かったことがある。


                全共闘の消し炭って、権力維持のために、何でもするんだね。


                一つの傾向が観られる。

                「革命だ!」「自民党政治反対!」「日米安保反対!」「中国様韓国様北朝鮮様抱いて!」

                と叫んで、日本を潰すことしか考えていない連中に共通しているのは、
                権力コンプレックス。
                連中には、一切の「政策」は存在しない。
                国や国民を思う気持ちは皆無。
                とにかく頂点に立ち、自分の下に、国民という名の奴隷を多数ひれ伏させ、自らの快楽としての権力欲を満たすことにある。
                だから、自力でできない場合は、特定アジアの力を借りる。自国民がそんな行動を許さないから、敵対する国々から援助を受ける。それも嬉々として。

                「日本なんか潰れたらいいんだよ!」
                「民主党に票を入れた俺様KAKKEE!」

                と空しく叫ぶ輩には、明日という日はこない。



                それにしても、大量に出ていくね。
                逃げおおせると思っているのであれば、本当に馬鹿だ。

                そうだ!
                このブログで、脱党した元ミンスの所業について書き連ね、
                選挙区の国民に情報を出すという手があるな。

                売国奴政権を討て! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                久しぶりにテレビを観てみたら、10年後にテレビ局数社、倒産するかもなあ…と思ったよ

                2012.11.14 Wednesday 22:33
                0
                  JUGEMテーマ:日記・一般 


                  「嫌なら観るな!」

                  と言われたから、観ないようになってから幾星霜(マテ 
                  久々に、出勤前にテレビをつけたら、ひどかったな…



                  どこからのテレビ局で


                  東京チカラめし 最高!最強!素敵!抱いて!


                  てな、ステマ剥き出し…というか、提灯記事番組なんだけどね…。
                  テレビしか見ない人であれば、


                  のニュースを知らずに、あの動物園のエサのようなものを出す店に入るんだろうな。
                  ちなみに、会社近くにあったが、直ぐに閉店してた。

                  それにしても…純利益500万円?
                  出店バブルは倒産へのショートカットという、基本中の基本を知らんのか?

                  まあ他に、マクドナルドが世界的に減益、国内の状況もひどい…ってあるが、
                  あのさ…10年前に作ったTVCMを使いまわして、同じメニューしか出さないって時点で、何かおかしくないか?
                  昔、支那料理モドキとか、実験的なもの、出してたっしょ?
                  飽きられてんだよ…かつてのように、冒険できないのであれば、店舗をもっと減らせ。
                  てか、会社前に、2店舗ある時点で、おかしいってわからんのか?



                  で、今度は、このニュース…


                  うん、馬鹿だ。
                  テレビも馬鹿だが、連合って、究極の馬鹿だってことを、今さらながら理解できた。
                  連合は所詮、馬鹿しかいないんだな。
                  それと、沈没中のミンスとどーのこーのをいちいち報道すること時点で、提灯っぷりがひでえなあ。



                  そして、やっとこさ、これか。


                  嘘つきだからなあ…野田。
                  金曜日まで、慎重に。

                  てか、なんだろう、テレビが一斉に、ミンス応援モードにシフトしているんだけど、
                  まだ自分たちを、「情報独占貴族」と勘違いしているんだろうか?

                  …しているんだろうな。


                  売国奴政権を討て! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  人権擁護法への二つの対抗策

                  2012.11.09 Friday 22:05
                  0
                    JUGEMテーマ:ニュース 




                    次の選挙で解体が決定しているためか、ミンスは本性むき出しになってきたな。
                    ミンスは支那朝鮮に日本を売ることが最大の目標であると知られている。
                    ミンスもミンスを支持する連中も、日本を破壊し、日本国民を全員奴隷にすることしか考えていない。これは間違うことなき事実だ。
                    それが今回の、大悪法に踏み出したことが証拠となっている。
                    そしてこれに反対するあらゆる政党も、つまり公明党も、売国党であることが証明された。
                    自民党をどうしても支持できない理由はここにある。
                    もっとも、たちあがれ日本が、維新の会と合同するというのであれば、党員に戻ることを白紙にする。
                    どのみち、誰かが、どこからか、金を貰って、動いているにすぎないのだ。



                    さて、成立するという算段が大きくなったことで、次の安倍政権において、法を廃止するということは、できなくもないが、大変な手続きが必要となる。
                    何よりも、マスゴミが適用されない法律であることから、金を受け取り、廃止反対の提灯記事を書きたてまくるのが見え見えだ。
                    新聞を読む馬鹿からすれば、安倍政権は悪魔に見えるだろうけど、「地獄への道は善意によって敷き詰められている」のだ…悪魔に見えた人が、意外と真っ先に「人権委員会」()という名のゲシュタポによって水責めを喰らうだろうねえ。



                    では、どうすれば良いのか。
                    二つ方法がある。



                    いわゆる「社会的弱者」や「日本人ではない少数派」の「言いがかり」が積極的に取り上げられるという点。
                    うん…こいつは、使えるねえ。
                    我輩は「障害者」という「社会的弱者」だ。
                    しかも、いざという時に国籍を変えて「少数派」になることができる。
                    この法案を作り、通すことに積極的な議員や勢力の責任者に対して、「言いがかり」をいくらでも作り、「社会的弱者」と「少数派」というパスポートを「人権委員会」()とやらに突きつける「権利」がある。
                    「言いがかり」とやらは、簡単にできるぜ?
                    何せ、架空の「従軍慰安婦」とやらの「言いがかり」でギャーギャー騒いでいる婆たちの声を取り上げるのが「人権委員会」()の目標であるとすれば、行政の手続き上、平等に受理しないと「法治」の精神が大きく問われることになるんだぜ?
                    特定アジアの真似をすることに躊躇はあるが、「自分を侮辱する者に対して、その100倍以上、侮辱しろ」というユダヤの格言に従うぜ?それがケンカというものだ。



                    そしてもう一つの対処方法。
                    マスゴミは訴えられない…この不正手段を逆に使えばよろしい。

                    ブログにしろ、ホームページにしろ、「マスコミ」になるのだ。

                    実は「マスコミ」って、ただの私企業に過ぎない。
                    無論、報道に関しての規正があるのだが、「マスコミ」の会社は、誰でも簡単に作れるのだ。最近だと、資本金0円でも作ることができる。
                    株式会社でなくても良い。仲間を集めてNPO法人でも良い、合同会社でも十分だ。

                    たとえば、「NPO法人ぼんのう」というのを作るとしよう。
                    「第8号 人権の擁護又は平和の推進を図る活動」「第12号 情報化社会の発展を図る活動」にあたるものとして、「取材、報道を通しての啓蒙」という形での、「マスコミ」を名乗れば良いのだ。

                    以前、ある仕事で報道ゴッコをしたことがあるが、取材を受ける側としては、新聞社とかテレビとか、そんなことは全く関係ない。
                    「自分は報道です」と宣言すれば、誰でも「マスコミ」になれるのだ。
                    無論、一定の義務こそ、あるけどね。

                    個人で作るのが大きな負担であれば、そうだな…たとえばこのグループが、そういう法人設立の手続きを行い、「社員」登録すれば、誰でも自由に、「人権委員会」()の脅迫に怯えることなく、書きまくることができる。



                    不正不法と戦い、潰すためには、ケンカの仕方を知らなければならないのだ。
                    あともう少し、日本は元の姿に戻る。
                    その為に、日本のマイケルコリンズが必要なのだ。

                    売国奴政権を討て! | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

                    安倍政権へのアドバイス

                    2012.10.19 Friday 23:02
                    0
                      JUGEMテーマ:ニュース 


                      外国籍、とりわけ特定アジアからの献金問題がクローズアップされてるけど、
                      ここで一つ提案。

                      外国籍が政治献金を行った際、それは悪意で行われたことだ。
                      一方(内実はさておき)、受け取った政治家は、善意であったとしよう。



                      献金を行った外国籍に極刑を処するのが、ベストな解決法だろ?




                      悪意で、なおかつ「貶める」ことを目的とした行為だからねえ〜。
                      ミンスのほうも、「調べる時間がなかった」、という言い訳も、立つだろ?

                      あ、ちなみに、不正献金された金は、国庫に移るようにしたほうがいいよ、うん。
                      売国奴政権を討て! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |