ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

居酒屋の酔っ払いおじさんの政治談議ってなヤツ?

2015.06.07 Sunday 22:42
0
    JUGEMテーマ:ニュース

    漫画家の西原理恵子女史が若い頃に住んでいた東長崎は、今はどうか知らないが、当時はなかなかの”香ばしい”所であったらしい。
    まあ、足立区や川崎ほど凶悪ではないとしても、朝から酒盛りする仕事をしないおっさんが居酒屋でたむろしてて、

     「おれが思うに、今の政治はなー!」

    ってな感じで、政治に対する不満とかをベロベロ吐いて、お互い頷きあうという、まあ我輩としてはあまりよろしい酒の飲み方ではないなー…というのがあるな。
    酒の席で、政治、宗教の話を持ってくるのが、下の下の飲み方である。
    酒飲みのマナーから著しく離脱しており、二度とそういう人間と飲むべきものではない。
    てか、酒の力を借りなければ、政治の話しかできないのって、悲しいというか、気が弱いというか…まあ、これは古今東西、どこにでも見られる光景ではあるな。

    でもまあ、酒の席だから、無責任な発言をして、それを茶化すというのであれば、それはそれでまあ、悪くはない。
    「マカロニほうれん荘」で前田馬の助が選挙に立候補した時のマニフェスト()でも、酒の力で言えば、大変面白いジョーダンとなるが、あの内容は、今まさに支那がやっていることであるわけで、なるほど、漫画家の鴨川つばめ翁は予見してたのだろうか(チガウトモウ  個人的にそろそろまた、出てきてほしいなあ…。

    まあ、そんな予知能力を持ち合わせていない我輩として、東長崎ではないしても、せめて武蔵小金井駅前の安居酒屋で麦焼酎のロックを飲み、マグロブツとかを肴に、グダグダと言いたいってのもあるわけで。



    まあ、支那との戦争は、確実にくるね。
    フェリー転覆事件もそうだが、独裁国家は外部に敵を作って、目をそらすという常とう手段を繰り返す。
    ただし、全面戦争というのはありえない。
    フォークランド紛争が良い例になろう。
    てか、全面戦争になったら、支那の共産党政権は即崩壊する。
    が、限定戦争になっても、共産党排除の動きが激しくなるのは確かだ。

    で、確実に支那は負ける。
    勝てる方法があるとしたら、敵国にいる華人に武器を持たせるということであるが、日本が一番その点は危ないな。
    北京五輪での長野騒動を忘れたとは言わせない。
    が、テロへの資金援助を徹底的にカットする関連法が既に整っている。
    県外から沖縄にやってきているプロレタリアルンペン同様、金を出さないと動かない連中でしかない。
    あとは金を出している組織…意外と会社かもしれんな?太子町を襲撃しているシーチワワに金を出しているのは、パタゴニアとかだぜ?国としては、パタゴニアに対して、そろそろ行政処分を加えないと、エスカレートするぞ?いや、シーチワワが…ではなく。

    敗れた支那は、意地でも敗戦を認めない。
    だが、それを国内では周知となる。
    ではどうなるか?
    政権が転覆するくらいの反共産党革命が起こるか?
    大陸がバラバラになるか?

    我輩が現実的に予想していることは、北朝鮮並の鎖国をする、と考えている。
    支那共産党の軍事費は膨大であるが、その半数以上が幹部のポケットに入っており、残った殆どが国家における様々な弾圧、規制、スターリンさえも座り小便するくらいの暴力による独裁体制の内政維持に使われている。
    外部との戦争は文字通り、二の次となってる。
    座して転覆されるのを待っているような連中ではない。
    体制維持を図るために、外国とのあらゆる交渉を絶ってでも、反対勢力を根こそぎ断つという方向に転換する。ふく
    あの国には、自由も平等も民主主義も法の精神も、近代化における様々な原則は歴史において存在したことはないし、今後もない。
    その理由を一言で説明するのは不可能であるが、大陸における王朝とは、所詮、集中化した既得利権でしかないということだ。
    得られた利権を易々と手放さない権力に、何を期待できるというのか。

    だからこの点を考えれば、支那に投資をしまくった経済界は、底知れないダメージを受ける。
    さっさと離れろ…と言いたいが、知的財産まで根こそぎ奪われるということを知らずに投資したというのだろうか。



    その時、また凄まじいリストラとかが起こるんだろうな。
    まあ、だとしたら、益々もって、投資しまくった企業にいるとしたら、距離を徹底的において、自分のこれからのキャリアをしっかりと作っていくしかないな。
    ただ、国家は経済だけで動いているのではない…ということも再認識すべきだ。今さらではあるが。



    ああ、それと、台湾は独立して、台湾共和国になってるな、うん。
    リメンバー尖閣諸島 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    エリック・ホッファーの言葉を再び

    2014.06.11 Wednesday 22:47
    0
      JUGEMテーマ:ニュース

      今年2月の日記で取り上げた、沖仲仕の哲学者エリックホッファーの言葉をもう一度取り上げたい。



      敵が最も恐れているものを知るには、

      われわれに対する

      脅迫手段を観察すればよい。
      (222)


      【従軍慰安婦】世界遺産申請で菅官房長官「取り下げ申し入れも」

      はっきり言えば、支那は取り下げることは絶対しない。
      自国がもはや全世界から敵視されている状況において、自国よりも更なる「悪」を仕立てるために、あらゆる虚偽を砂上に組み立てたプロパガンダを喚き散らすのが、特定アジアの姿だ。
      ユネスコのトップに、韓国人がねじりこまれたことも、偶然ではない。
      かの国も財政が完全破たんしている中で、今迄は黙ってATMになってた日本が、法律と真実をもって封じられたことから、強盗乞食になっている。
      まあ、今に始まったことではない。
      が、元来、支那の属国であったわけだから、元に戻れてよかったではないか。w


      ただ、プロパガンダを黙認することは、許されない。
      しかも法則に従い、モンドセレクション金賞級に信頼性が失われることが予想されるユネスコ。
      対抗策は実に簡単明瞭だ。



      敵の脅迫手段を、そっくりそのまま真似れば良い。



      いつぞや、「憲法9条をユネスコの無形文化遺産に」って、過激派が申請した。
      あれをそのまま真似れば良い。
      ユネスコ等の機関では、定められた書式で書面を用意し”押し付ければ”、嫌でも受理しなければならないことになっている。
      トップが一人反対しても、トップには鶴の一声のような権限はない。
      国連の機関は、安保理以外、トップはあくまでも事務局長のようなもので、雑役がメインだ。
      残りの委員間による協議と議決等により決まる。

      天安門事件を文化遺産に申請したい団体があれば、それを支援すれば良い。
      通州事件など、きっちりした一次史料が揃っているから、これを提出すれば良い。
      中越戦争で、ベトナムが受けた支那の侵略行為についても、申請すれば良い。
      テキサス親父が紹介している、「自発的な売春婦でしかなかった、しかも全員ブス」という史料が、アメリカ国立公文書館にしっかり残されているから、これを提出するというのがベストだ。



      結局、特定アジアは敵でしかない。
      福沢諭吉翁の遺言は、21世紀の我々への尊いアドバイスである。
      特定アジアとの「友好」「共存」は、所詮、「悪友」と「つるむ」ことであり、同レベルの低質な存在だと見られてしまう。
      断交あるのみ。
      リメンバー尖閣諸島 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      結局は繰り返される

      2014.05.14 Wednesday 22:47
      0
        JUGEMテーマ:ニュース

        安倍総理、対中国外交で大勝利!!! 世界中を巻き込み共産党を崩壊させる準備完了!!! 日本発の中国包囲網完成で中国メディアが日本に擦り寄り!!!!


        現代の戦争において一つの原則が存在する、それは”お金持ちは喧嘩せず”である。
        また、領土目的で他国を侵略することは、かつての帝国主義時代と大きく違い、膨大なコストがかかってしまう。
        そこがたとえ資源が存在すると言われていても、実際にあるかどうかは掘ってみないとわからないし、仮にあったとしても、侵略という行為を通して制裁を食らい、自国の中で生産に回しても、国際的なマーケットに出されることが一切認められず、膨大な在庫が積み重なり、どのみち国家破産する。

        支那共産党の政治力学は、19世紀どころか、中世で止まっているように見えてしまう。

        古典における同国の文化は既に台湾へ移っており、七色の川が流れる大陸には、もはや外部に敵を作らなければ自壊する筋書きができあがってしまっている。
        核ミサイルは確かに日本に照準を合わせているが、よくよく見れば、自国の中に向けられているという現実もある。

        大陸には国を治める責任ある政権は存在していない。
        あるのは支那共産党という、既得利権にしがみつく王侯貴族による、自らの財布を膨らませるための”事業”のみだ。
        その”事業”のために、買収し、女を抱かせ、盗み、殺し、奪うのが、支那共産党の姿であるのは、誰もが知っていることだ。
        過去3000年の大陸の歴史において、儒教が一切守られていなかったから、逆説的に言えば儒教をやたら賞賛しているだけだ。
        どの歴史の断面を覗いても、統治能力を有した王朝は存在しなかった。
        ただ、”事業”しかなかった。
        そしてその”事業”における人倫に反するあらゆる行為を正当化するために生まれたのが、”中華思想”であり、”冊封”だった。
        理屈はいくらでもつけられよう。
        朱子学に至ってはもうオカルトの世界だ。

        しかしその”事業”が破産している現段階、今後、支那共産党王朝はどのような将来を迎えるのか。



        鎖国する。
        少し大きな北朝鮮になる。
        チャウシェスク政権のルーマニア、ホッジャによるキチガイじみたアルバニアとそっくりだろう。
        ”事業”における既得利権を確保するために、それしか方法はないからだ。
        鎖国するには、外国との交流を断絶するための、強固な中央集権体制が必要となる。
        だが、限られた領土でしか維持することはできない。
        フィリピン、ベトナム、台湾、ASEAN、日本、果ては世界の半分を侵略することへの夢の代償は、北京周辺に押し込められるということになる。



        周王朝から繰り返される、ダイナミックな王朝交代。
        大陸はその広さ故に、平時において流れは止められ、澱みの下で、人同士が食らいあう”事業”が王朝の権力の名の下で行われる。
        だがその広さから、周辺から綻びる。
        如何なる儒教も、如何なる愛国教育も、如何なる道徳も存在しない。

        腐った池の水を取り換えるのと同じように、”事業”が”清算”されることを、大陸では”革命”と言う。



        その時、日本国内でも、その”事業”に深く”関わってた”人々に何も起こらないという保証は、一切ない。
         
        リメンバー尖閣諸島 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        具体的に、どう”バランスが悪い”んだ?

        2013.12.08 Sunday 21:01
        0
          JUGEMテーマ:ニュース

          【沖縄タイムス】「『知る権利よりも国家の安全が重要』だと平気で主張する自民党幹部もいた。危険な発想だ」

          やれやれ…沖縄県民に同情するよ。
          これと琉球新報なる、人民日報の出先機関が、県民を縛っているという実情に、本当に同情する。

          昨晩、やっと可決された秘密保護法とは、国家公務員の守秘義務について、その内容を徹底的に絞り、違反すれば10年以下の懲役が課せられるというものだ。


          ●防衛●
          ・防衛、警備などに関する計画
          ・防衛に関し自衛隊が収集した画像情報
          ・自衛隊が通信内容を秘匿するために用いる暗号
          ・潜水艦のプロペラの材質や形状、戦車などの装甲厚
          ・誘導弾の対処目標性能、潜水艦の潜水可能深度

          ●外交●
          ・領域の保全に関する外国との交渉のための対処方針
          ・北朝鮮による核・ミサイル・拉致問題に関するやり取り
          ・外国が弾道ミサイルを発射した場合にとる措置の方針
          ・特定の国の外交方針について友好国政府から提供を受けた情報
          ・公電に用いる暗号

          ●スパイ防止●
          ・外国からの不正アクセスによる政府機関の情報窃取防止のための防護措置
          ・大量破壊兵器関連物資の不正取引を防止するための計画
          ・外国の情報機関から提供を受けた大量破壊兵器関連物資の不正取引に関する情報
          ・情報収集活動の情報源

          ●テロ対策●
          ・重要施設警備の実地計画 ・重大テロが発生した場合の治安機関の対処方策
          ・外国の情報機関から提供を受けた国際テロ組織関係者の動向
          ・情報収集活動の情報源


          つまり、これらに限定している。
          反対している連中は、これらを読めないし、理解できないようだ。
          我輩の人生において、今後についても、上記の機密を知るべきだという機会は一切来ないと断言する。
          てかさ…外交における”公電に用いる暗号”を知る必要があるのか?
          ”潜水艦のプロペラの材質や形状”を知ろうとして、何か仕事とか日常生活が良くなるということがあるのか?
          明確にこれらが機密事項であることが定義されている。
          我輩として一番気味が悪いのは、強行に反対している連中が、明文化されているこれらの事項を一切隠しているということなのだ。
          と同時に、自分たちがさも、行政の専門家であるそれらの国家公務員よりも優れているという思い違いである。
          そもそもそれらの情報を、あけっぴろげに示すことを強要することで、何がしたいというのか?
          国際テロ組織の情報を、おおっぴろにすることで、何がしたいのか?
          単に知りたいという権利を振りかざして、日本国民が危機的な状況に陥るという状況に対して、ニタニタするのが、これらの連中の素性だ。

          はっきり言おう、この法律について、無知ではなく、確信犯的にその内容を無視して反対する連中は、国民の生命と財産を第一に守る国家の義務を破壊するテロリストだ。

          どこでワインの話が出てくるのだ?
          どこで兵役とかの話が出てくるのだ?
          どこで学術研究の発展が阻害される話が出てくるのだ?
          題目を唱えれば逮捕されるって、どういう論理でそんな発言ができるのか?
          数年間、PKO参加に関して、日本は軍国主義に戻るだとかほざいていたが、軍国主義とやらに戻ったのか?
          さらにその昔、日米安保締結の時に、日本は再び戦争の道に突き進むと国家破壊を目指してたテロリストたちは、老いたその目に、その後、戦争を起こそうとする日本の姿が入ったことがあるのか?

          ダブルスタンダードと笑って済ませられるものではない。

          ”バランス”と言いながら、”バランス”そのものを無視しているのは、いったいどっちの方なのか?
          リメンバー尖閣諸島 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          杞憂であることを望む3つの波

          2013.11.27 Wednesday 22:15
          0
            JUGEMテーマ:ニュース

            【速報】米軍のB52が中国の防空識別圏を飛行→中国「全過程を適切にモニターしていた。」

            今回のこの件で明確になったのは、支那における軍事力がどうのこうのということではない。
            一方的に全世界に対して防空識別圏を宣言したが、結局、それを実行しなかった…つまり、支那は自国で制定した規定さえも、守ことができないくらいに、弱体化しているということを意味している。
            ちなみに、防空識別圏に関して規定された国際法は存在しない。
            元々は冷戦時代、偶発的紛争を避けるために編み出された考えであり、多くの国において領海12海里を設定している。そしてそれが一種の慣例として、世界共通の規定となっている。
            支那がそれを破ったことは、要するに侵略国家であることを宣言したものと同義であるが、破るのであれば、破った通りに行動しなければ、国際的な信用度が一気に失墜する。
            慣例を破ることは、新たな規定を生むことを意味する。
            しかしその侵略国によって生まれるべき新たな慣例を、その国自身が破ったことはすなわち、国際法を守らない国であるというこを宣言したことど同義なのだ。
            国際法を守らないことはすなわち、その国自体、国の中において法律を守る権力が存在しないということだ。

            支那は戦争を起こす。
            これは間違いない。
            法治の行政体制を維持できない国では、軍が暴走しやすい。
            法のない国では、暴力が治安の要となるからだ。
            そもそも人民解放軍は支那の軍隊ではなく、共産党の私兵なのだ。これを知らない人が多い。
            だから国民を守るという意識は皆無であり、共産党の利権のために、共産党の存続だけのために動くようになっている。
            かの国にとって、共産党は法律にとってアンタッチャブルな存在だ。
            だから防空識別圏を勝手に宣言しても、それを実際に維持するための規定が存在しなくても問題があるという発想がない。
            それがかの国における、最大最悪の弱点なのだ。

            戦争は起こる。
            そして支那は確実に敗北する。
            我輩はそれについて一切心配はしてない。

            だが恐れていることは、支那の敗北後に押し寄せる3つの波だ。

            一つは支那における共産党が敗北した後、あの国全体がどのようになるのか、皆目見当がつかないことだ。
            無論、様々な論点でシミュレーションはなされているが、そのどれもがなる可能性もあるし、そのどれもがならないということが断言できるということだ。
            いずれの結末にも、ベストの選択はなく、ベターと言えるものも存在しない。
            日本政府も、海外各国も、どのように対応すべきか、どこに手を差し伸べて、どこと縁を切るのか、その決断に至るまでの情報収集網が張れるのかということが、今後の課題になるだろう。

            二つ目は、マスゴミが一切報道しない「国防動員法」。
            絵空事だと笑えるのかな?
            北京五輪の時、長野での在日支那人による狼藉三昧を忘れたのであれば、



            どうぞご覧あれ。
            ただ、我輩が恐れているのは、これら工作員によるテロではない。
            それらは公安によって簡単に潰される。
            怖いのは有事において、怒りで暴徒と化した日本国民によって、工作員であろうとなかろうと、支那人であるということで文字通り”吊るされる”ことだ。
            犯罪者は法に基づいて逮捕し、司法に渡さなければならない。
            こちらの命を狙う工作員がいれば、手段を問わず、あらゆる手を使って防衛しなければならない。正当防衛は当然のことであり、それにより敵国工作員を死に至らしめても、法において無罪が保障されている。
            我輩が恐れるのは、理性を失ったところで法を忘れての行動だ。
            それでは特定アジアの下品な連中と、同じことになる。

            そして、程度にこそ差はあれ、”売国奴”のレッテルが貼られる基準は、どこにあるのか…ということだ。
            ルーピーや孫崎は、誰もが認める売国奴だ。
            クニウロの柳井なぞも良い例だ。
            だが、仕方なしに、あるいは何等かの事情で、支那とのビジネスをしなければならなかった会社、交流しなければならなかった個人などはどうなるのだろうか。
            わずかな発言、わずかな実績を針小棒大にし、晒し台に三角帽を被せるようなことになれば、支那の文化大革命と同じ、極悪な野蛮さを世界に見せることになる。
            無論、糾弾すべきことは糾弾し、利敵行為を躊躇なくしてきた人や組織については、外患誘致罪などをもって処罰しなければならない。何故なら日本という、日本国民の生命財産を守るべき国家を破壊するという、連中が好む表現で”ナチス”と同じことをしたからだ。
            だが、”ナチス”における”コラボラシオン”について、その程度を今の段階から、ある程度見据えなければ、野蛮な特定アジアと何ら変わらない醜態を見せることになる。



            日本は今まさに、有事の真っただ中にある。
            日本は法に基づいた先進国である。
            それを国民一人一人が自覚し行動するだけで、日本は勝てるのだ。
            いや、既に勝ったのだ。

             
            リメンバー尖閣諸島 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            国家公務員でもスパイでもないし?

            2013.11.26 Tuesday 23:46
            0
              JUGEMテーマ:ニュース


















              特定秘密保護法に関し、あまりにも誤った報道が横行しているので、わかりやすい図を作ってみました。

              秘密の範囲は何も広がりません。もともとからある国家公務員法の守秘義務の範囲内です
              その中で、防衛、外交、特定有害活動、テロ防止と分野を限定して特に厳重に守るべき秘密を特定するわけですから、
              むしろ何が特に重要かを明確にする法律です。

              正しい事実を伝えず、国民を欺いてまで反対世論を作ろうとすることこそ、
              国民の知る権利に反する行為です。


              自衛隊の通信の周波数や暗号などの機密を守らせないようにして
              何をするつもりでしょうか?


              皆さんは、大切な話を打ち明ける場合、口の軽い人と口の堅い人のどちらに話をしますか?
              秘密を守れない人に重要な情報は教えられないのは当然です。

              この法律は、国民の命と安全を守る法律です。




              山田賢司衆議院議員が、Facebookにおいて、今度の「秘密保護法」について非常にわかりやすく解説されてたので、転載。

              今日、無事に衆議院を通過し、あとは参議院で可決成立するのみ。
              我輩も法案の内容を何度もチェックした。
              みんなの党の修正に一理あり、盛り込まれたことに頷く。

              現状の国家公務員法には、一応罰則がある。
              だが、その内容は極めて甘く、またその範囲も曖昧すぎる。


              第百条 職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。

              第百九条 次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
               : 
               :
               十二 第百条第一項若しくは第二項又は第百六条の十二第一項の規定に違反して秘密を漏らした者


              国家公務員としての義務である国家存続と国民の生命財産防衛のため、防衛、外交、特定有害活動、テロ防止と具体的に、限定的に示し、漏洩による厳罰化を示さなかった(これさえも甘いくらいだ)のは、世界を見渡しても、もしかしたら日本だけじゃなかろうか?

              で、反対している声を聞くと、単純にこの法案を読んでいないのか、あるいは法案にある以下の罰則に慄いているのか…と思ってしまう。



              第二十二条
              特定秘密の取扱いの業務に従事する者がその業務により知得した特定秘密を漏らしたときは、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。特定秘密の取扱いの業務に従事しなくなった後においても、同様とする。
              2 第四条第三項後段、第九条又は第十条の規定により提供された特定秘密について、当該提供の目的である業務により当該特定秘密を知得した者がこれを漏らしたときは、五年以下の懲役に処し、又は情状により五年以下の懲役及び五百万円以下の罰金に処する。同条第一項第一号ロに規定する場合において提示された特定秘密について、当該特定秘密の提示を受けた者がこれを漏らしたときも、同様とする。
              3 前二項の罪の未遂は、罰する。
              4 過失により第一項の罪を犯した者は、二年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
              5 過失により第二項の罪を犯した者は、一年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

              第二十三条
              人を欺き、人に暴行を加え、若しくは人を脅迫する行為により、又は財物の窃取若しくは損壊、施設への侵入、有線電気通信の傍受、不正アクセス行為(不正アクセス行為の禁止等に関する法律(平成十一年法律第百二十八号)第二条第四項に規定する不正アクセス行為をいう。)その他の特定秘密を保有する者の管理を害する行為により、特定秘密を取得した者は、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。
              2 前項の罪の未遂は、罰する。

              第二十四条
              第二十二条第一項又は前条第一項に規定する行為の遂行を共謀し、教唆し、又は煽せん動した者は、五年以下の懲役に処する。 2 第二十二条第二項に規定する行為の遂行を共謀し、教唆し、又は煽動した者は、三年以下の懲役に処する。

              第二十五条 第二十二条第三項若しくは第二十三条第二項の罪を犯した者又は前条の罪を犯した者のうち第二十二条第一項若しくは第二項若しくは第二十三条第一項に規定する行為の遂行を共謀したものが自首したときは、その刑を減軽し、又は免除する。 第二十六条 第二十二条の罪は、日本国外において同条の罪を犯した者にも適用する
              2 第二十三条及び第二十四条の罪は、刑法第二条の例に従う。



              なるほどね…。
              国家公務員だけではなく、明らかな反社会的な行動によって、国の根幹である防衛や外交等の機密情報を盗もうと思えば、そりゃ刑罰を受けてもらわなくちゃねえ?
              しかも、日本国外においてやったとしても、同じように手錠ガチャンだわな。
              あと、国家公務員に対して、教唆扇動しても同じ、と。

              なるほど。
              国家公務員ではなく、スパイが恐れる法案なんだね。
              国家公務員として守って当たり前のことだが、スパイはそもそも法律を守らないという前提での職業だったもんね。

              ミンス政権の時に、多数のテロリストが首相官邸に招かれ、あっちこっちに盗聴器を仕掛けたのだが、確かにこの法案が通れば、根こそぎ塀の中に叩き込めるね。

              何よりもこの法案の重要な点は、これを通さないと、尖閣諸島も竹島も北方領土も、
              また対馬をはじめとした様々な問題についても、順調に事を進めることができなくなるということだ。

              ワインごときで逮捕されるとほざくこと、「知る権利」を取り違えている連中の背中を叩けば、
              どのくらいの人民元の札束が落ちてくるんだろうなあ。
              マスゴミ嫌いだからこの法案に賛成しているだろう…とのたもう人もいるが、
              マスゴミがこの法案に反対している理由を知れば、賛成するのが筋だということを理解できていないようだ。



              遅すぎたが、まだ十分に間に合う。
               
              リメンバー尖閣諸島 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

              皮だけミイラをお参りするというのは、どうよ?w

              2013.08.20 Tuesday 21:38
              0
                JUGEMテーマ:ニュース 



                ”軍国主義に殺害されたアジア太平洋の人たちに恥じる気持ちと同情心を持っているか”



                自国民を約4000万人飢え死にさせ、
                自国民を自分の政権を正当化させるために同じく約4000万人虐殺し、
                死後、皮だけ剥がされ薬品に漬けられ、自国民に崇拝を強要させる犯罪者を神格化した国から言われてもねえ?

                自国民だけではない。
                チベットやウィグルを侵略し、何千万人ものチベット人やウィグル人を”民族浄化”しているし、フィリピンやベトナムの領海を侵略するわ、ブータンの領土を泥棒するわ、インドに噛みつこうとしているわ、尖閣諸島に毎日船を出してキチガイのように喚いている、バカな国に言われてもねえ?



                ”14人のA級戦犯とB、C級戦犯を追い出してもらいたい”


                はて?
                靖国神社には戦犯なぞ祀られていないぞ?
                たとえ理不尽にして近代法の精神に反した裁判であっても、罪に問われ、刑を執行し終えた人は、刑を受けた義務を果たしたとして、もはや受刑者でも被告でもなんでもなく、一般国民となる。



                ”自身の罪悪な歴史を適切に清算できない民族は未来への対応能力に欠け”


                ああ、大躍進?文化大革命?
                天安門事件というもあるね。
                これらは”自身の罪悪な歴史”ではない…と。
                ミンスに票を入れた後で、日本がグチャグチャになった後で、
                「俺さまはそれでも民主党を支持しているんだあ!」と叫んでた馬鹿を時折見かけるが、
                要するに鏡がないってわけなんだね。



                そもそも、靖国神社以前に、相手を非難攻撃する前に、相手のことを熟知する基本が、この十年の支那において、ひどく欠落している。
                まさかとは思うが、神道における”神”の概念について理解しているのか?
                まさかとは思うが、靖国神社に位牌があると思っているのか?
                まさかとは思うが、靖国神社は大東亜戦争専用の神社だと思っているのか?
                まさかとは思うが、神社には死体が埋まっていると思っているのか?
                まさかとは思うが、ドイツを引き合いに出せば何でも説明がつくと思っているのか?



                いいぜ、ドイツの真似をして、憲法改正をしようか?
                世界中を侵略したい、21世紀の”中華思想”をもって、国内の矛盾をごまかそうとしているのは周知の通り。
                ”中華思想”とは、世界が自分の主張にひれ伏すことを意味している。
                無論、そんな馬鹿な思想に、特定アジアと日本国内の売国奴はせせら笑う。
                だとしたら、なんとしてでも”大義”をでっち上げるのだが、その”大義”もまた、日に日に劣化している。



                経済とか政治とかで、支那共産党支配の崩壊を予見することは、他の方にお任せしよう。
                我輩は、物の考え方が劣化しているという点で、そろそろ…と断言しよう。

                リメンバー尖閣諸島 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                火病る馬鹿にはシカトが一番なんだな…

                2013.04.03 Wednesday 10:45
                0
                  JUGEMテーマ:ニュース 




                  粛々と工場撤退。
                  粛々と資産整理。
                  技術などを教える必要はない。
                  ODAなど金を出す必要はない。
                  工場である資格もない。
                  一切関わらない。

                  メンツより命の惜しい連中に、空気清浄器を倍の価格で売ればよろしい。w



                  自分のメンツや生活、財布に直結することについて、第三者より問題を指摘されると、ヒステリーを起こされるのは世の常だが、その反論の内容は、論理性は皆無であり、現実に即したものとはなっていない。
                  反論したところで、「メンツを傷つけられたアル!」と叫ぶだけで、ずぶずぶになるだけなので、こういう手合いは放っておくのが良い。
                  放っておけば、相手は益々、貧に窮するだけだから、またその時、ニヤニヤすればよいのだw

                  リメンバー尖閣諸島 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  最も効果的な

                  2013.02.22 Friday 21:22
                  0
                    JUGEMテーマ:ニュース 

                    出所を忘れてしまった。
                    ユダヤの格言だったのか、誰かの名言だったのか、すっかり忘れてしまった。
                    いや、ネットで検索すれば、出てくるかもしれないが、本当にどうでもいいことなので。



                    敵に対する最も効果的な反撃方法は、敵がこちらに対して行っている攻撃をそっくりそのまま返すことである。



                    真実だよな。
                    とりわけ経験上、サイコパスに対して、この手の反撃は極めて効果的だ。

                    人の持ち物を隠してニヤニヤし優越感に浸る馬鹿には、そいつの命より大切な物を焼却炉にポイっと捨てる。

                    他人を小馬鹿にしまくる人間に対して、衆人環視の中、半径50メートル以内に響き渡る罵詈雑言を浴びせかける。泣き出したら、更にその音量を、半径100メートルへと拡張する。
                    何せ、他人を小馬鹿にして自分が上だと周囲に示すことだけでしか自分の存在意義が築けないものだから、そういう状況に追い込まれたら、泣き出すんだよ…マジで。
                    泣き出さなかったら、近くの椅子を使って泣かすという手もある。まあ、具体的に「こう」とは申し上げないが…。

                    薬物で脳味噌が成層圏あたりにいき、ナイフを持って襲い掛かってくるキチガイに対しては、ブロックで脳みそを元に戻すように殴打する。まあ、別のものが出てくるかもしれないから、頃合に注意が必要だ。

                    懲戒免職された桜宮高の小村基なぞ、自殺した高校生に対する暴力をそっくり返したら、確実に自殺するよ。この手のサイコパスの特徴だ。






                    だから、国家そのものがサイコパスに相応しい反応が早速でて、爆笑してしまったよw

                    サイコパスとは絶対に付き合うな。
                    サイコパスが攻撃してきたら、同じ攻撃をそっくりそのまま返して、二度と立ち上げれなくする
                    ようにしなければならない。

                    人生を幸福に送りたいのであれば。
                    リメンバー尖閣諸島 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    腹をくくれ

                    2013.02.05 Tuesday 23:29
                    0
                      JUGEMテーマ:ニュース 

                      湾岸戦争(イラク戦争だったか)の開始前、イラク軍が米軍機に射撃管制用レーダーの照射したことで、米軍は「攻撃を受けた」と見做し、イラク軍のレーダーとSAMに「反撃」をし、破壊したというニュースを、過去、読んだ記憶がある。

                      「射撃管制用レーダーの照射」…これをものすごく簡単に説明すると、
                      キチガイが、ナイフを突きつけてきた状況と同じで、生命を守るためにやむを得ず、ナイフを取り上げてキチガイを刺し殺しても正当防衛が認められる…というものだ。
                      まあ、かなり無茶な説明だけどねw
                      でも実際、「射撃管制用レーダーの照射」という行為は、完全な日本に対する「攻撃」を同義である。
                      証拠もそろっている。
                      しかも数分間、照射し続けたことは、日本を「敵」として、攻撃したことを意味する。
                      いかなる言い逃れはできない。






                      日本が望む望まないに関わらず、支那は日本に戦争をしかける。
                      後先を考える想像力を、支那は一つも持ち合わせていない。
                      支那の望みは、日本全土を侵略すること、日本人を根こそぎ殺りくすること、日本を太平洋全域からアメリカ本土侵略のための前線基地にすること。

                      夢物語?

                      チベットやウィグルの事実を前に、「夢物語」だと片付けるのだとすれば、脳に欠陥があるか、第二次世界大戦前のフランスのレオン・デグレル、ダルラン、ラヴァルのように、

                      「中国は平和国家」「中国は日本と平和を望んでいる」

                      と叫ぶ工作員か、チベットやウィグルの悲劇を日本にもたらそうとする全共闘の消し炭か…。



                      支那は戦争をしかけてくる。
                      マスゴミは「両国に冷静さ」をほざいているが、上のサイトにあるように、日本は粛々と冷静に対応している。




                      戦争を望む人は、この世に誰もいない。
                      だが、自国の不都合な真実をごまかすために、内外に敵を作るのが、独裁国家の変わらぬ姿だ。
                      その国に、冷静さも法律も道義も道理も理屈も存在しない。
                      あるのは、国家自体がキチガイだということ以外、他に表現しようがないということだ。



                      それにしても、

                       「(尖閣諸島を)中国様にあげればいい」

                      とほざいている人間って、
                      キチガイに刃物を突きつけれても、ヘラヘラできるのだろうか。
                      いつも、それについて疑問に思ってたのだが。

                      リメンバー尖閣諸島 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |