ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

牛肉300グラム

2010.12.15 Wednesday 14:48
0
    オリジナルのハンバーグを出す店が増えて、
    個人的にうれしい限りである。
    が、ラーメン屋などと違い、
    この手の専門店には自己主張という考えが乏しいように思える。
    仕方がないかもしれない。
    数十年前のバブル期にビストロブームがあった時期、
    様々な海千山千の「コンサルタント」()が出てきて、
    味よりも店の作りと中途半端に高額な金額設定がえらそうにふんぞり返り、
    糞不味いゴミを食わせてたが、その後に、渋谷などで
    「ラーメン戦争」()があって、そこからあぶれた連中が、
    黒いTシャツを着て、奇声を発する光景が見られてものだが、
    唯一、貢献があるとしたら、「ラーメン屋」という意匠を定着させたという点にある。
    それ以前は、床もカウンターも、油まみれでツルツルになりながら、
    2週間前のカビが生えた野菜屑をお湯に投じ、業務用の醤油を薄めただけのラーメンを出してた料理屋が、専門店に変貌した時に、

     下手な手書きの習字の店名
     従業員全員、黒Tシャツ
     一杯1000円のメニュー

    という記号が出来上がった。
    好悪は別として、これのおかげで、我々はどんな町に行ったとしても、「ラーメン屋」をいともたやすく見つけることができるのは、こういう共通の意匠が出来上がったからに他ならない。

    しかし、ハンバーグ屋にはないんだよな…。
    一見、只のしゃれた喫茶店だったり、
    60年代アメリカンをテーマとしたファンシーショップだったり、
    ただの定食屋だったりと、共通した記号がまだ存在しない。
    外に出されているメニューで、やっと何の店であるのか、知るに至るのだが、このメニューがまた小さいときた。

    今日みつけた店は、散歩中に偶然見つけたのだが、
    よほど観察しない限り素通りしてしまう店構えだった。
    第1印象は、なんかのオーガニック化粧品のショップかと思ったくらいだ。






    でも、味は最高。
    パテが150グラムだと知るのが遅く、かなりボリュームあるハンバーグになったのだが、つなぎが一切使われておらず、塩コショウだけだったので、久々に肉の味を堪能できた。
    値段がちょっとアレだったが…。
    店内を見渡すと、地元客ばかりだ。
    そうか…三軒茶屋って、こういう町なんだね。
    昔の吉祥寺を思い出した。

    毎週はさすがに来れないが、
    肉の味が恋しくなった時に、寄らせてもらおう。

    店名?
    教えてやんない。
    本当に気にいった店は、よほど親しい友人などでもない限り、
    教えない主義なもんで。
    三軒茶屋ややややや | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    こんな店が残ってるとは

    2010.11.29 Monday 14:45
    0
      新しい部署、新しいデスク、新しいストレス…
      いや、ストレスというほどではないな。
      単に寝不足。
      結局、昨晩午前2時まで資料を作成してしまい、
      眠いのなんの…。

      いつもの喫茶店に入り、コーヒーを一口飲んで
      寝るのも悪くはないが、今日は天気がいい。
      ちょっと三軒茶屋を歩いてみようかな。
      今度は違う方向を…







      うわ…
      本当にこの町は、昭和が残っているな…。
      昔、この手の支那料理屋は、どんな住宅街にも一軒はあったものだ。
      「まんが道」にも出てたっけ、有名な店が。
      味は「懐かしい」の一言で、格段に美味いというものではないが、
      それでも急に恋しくなる味を出す、この手の店が、
      三軒茶屋のあちこちにあって、楽しいものだ。

      もちろん、入った。
      客は我輩一人。
      まあ、時間が時間だけに。
      店と一緒に年輪を重ねた老夫婦が、礼儀正しく迎え入れてくれる。
      日本に来た時、よく、この手の店で頼んだのが
      チャーシュー麺と餃子だ。
      ここでも注文しよう。
      お、結構、早く出してきたな。
      なんでか写真を撮り忘れたが、分厚いチャーシューがゴロゴロ。
      正統派(?)東京ラーメンの醤油。
      やや甘めの出汁は、野菜がベースだからだろうか。
      餃子もバリがついてて、香ばしい。



      ああ、なんかいいね。
      店を出ると、有閑マダムが趣味でやっているとしか思えない
      喫茶店があったが、残念なことに、我輩はニンニク臭い。
      ああ、この臭さも、この手の店ならでは、だな。

      ラーメン屋のチェーン店はあちこちにあるが、
      この手の店のラーメンって、なんで同じ味がするんだろ?
      醤油や出汁のベースが業務用だからか?
      それはちょっと悲しいぞ。
      せめて「昭和」の味は、すべてこれが共通だったと、思いたいものだ。



      オシャレな店もいいが、
      これから、こういう絶滅危惧種の店を探すのが
      楽しくなりそうだ。
      いい町じゃないか、三軒茶屋。
      住むには高いが…。
      三軒茶屋ややややや | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      あれ?いいね、ここ

      2010.11.16 Tuesday 13:40
      0
        三軒茶屋の「空気」に、だいぶ慣れてきた。
        駅周辺はどうにも肌に合わないし、「これぞ!」という飯屋がないのだが、
        最近、ちょっと歩いたところに、
        美味しい魚料理や日本酒を出す店を見つけた。
        ランチもやっており、質、量、値段、店の雰囲気と、全部合格点。
        夜もしっとりと落ち着いた雰囲気で、満点ではないが、十分満足。

        どうやらこの町は、一朝一夕で馴染むようにできてはいないようだ。
        京都のように何世代にもわかって空気と水に慣れ親しむほどではないが、
        最低でも半年間、辛抱しなければならない町だ。



        今日も気になる方角まで歩く。

        お…
        おお…
        なんだ、この昭和の空気満載のアーケードは…
        写メ撮るのを忘れるくらいに、ちょっと感動した(いや、写真を撮ろうとしたら、いかつい昭和の任侠映画の着流し爺さんが出てきて…我輩、人を怖がることはないが、「苦手」なタイプって、あるんだよね…)。

        更に歩くと…







        すげえ…
        昭和初期まで、やってきたよ。
        こんな店が、まだしっかりと…。

        当然、入るわけであるが、予想に反して、本のそろえ方が新しい。
        たいてい、この手の本屋は、20年以上前に絶版となった単行本などが埃をかぶったりしているのだが、最新の新書やら漫画やらがズラー…。

        ということは、儲かっているんだ。
        店長の雰囲気も、何とも優しい。
        会社から相当離れているが、毎週、通いたくなるな…。



        で、この本屋の真向かいに、
        うなぎの寝床のようなラーメン屋発見。
        不味そうな空気があるが、そう、時間もない。
        ここで済ませるか…。



        予想に反して、美味かった。
        というか、鶏がら、じゃないな。
        スープが完全なチキンスープ。
        麺もよし。
        というか、懐かしい味だな…
        昔の東京であれば、当たり前のように食されたラーメン…そんな感じだった。



        三軒茶屋、侮りがたし。
        吉祥寺よりも、よさそうだな…ここ。
        三軒茶屋ややややや | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        徒然と…

        2010.11.11 Thursday 23:21
        0
          上司に教えていただいたつけ麺屋があったが、
          場所が妙に遠く(いや、でも我輩の、ウォーキング好きであれば
          大した距離じゃないが)、二度目は行っていない。
          その代わり、そう遠くないところに、美味しい店を見つけた。
          偶然だったのだが、我輩好みの魚削り節風味たっぷりの濃厚スープと
          太麺がなんとも絶妙で…。
          チェーン店ではなく、よくこの手の店で見られる
          「のれんわけ」系の店だけどね。
          ただ、この店の店員の挨拶が、なんとも…


          「いらっしゃあああす!」

          たぶん、『いらっしゃいませ』なんだろうな。

          「つぅけぇとーくったーきまー!」

          えっと、『つけ麺特盛いただきました』かな。

          「とぁーしゃーーたああ!」

          おそらく、『どうぞ、お待たせしました』だろうか。

          「あじゃじゃじゃしたああ!あじゃじゃじゃしたああ!」

          …『ありがとうございました』×2  か…。



          この店に、

           日本語学校の生徒たちを

            バイトで働かせたいな。




          あとな…



          会社での通訳や

          翻訳で、疲れてるから

          言語変換作業はやらせないでくれ

          昼飯時くらいwww



          「威勢が良い」のと、
          正しい日本語を使うのとは、
          相知れないことなのだろうか…。

          刻み玉ねぎの風味が良いし、
          また来るけどね。




          いつもの喫茶店で、
          マーケティングの勉強。
          以前、痛々しい会話をする人たちがいたが、
          今日は客、我輩一人だけ。

          いいね…。
          落ち着くね…。

          コーヒーも2杯目無料というのもうれしい。
          どうにも我輩は、人と話すのが疲れるように出来てるようで、
          こういう時間と空間を最低30分、一日のうちにないと
          狂ってしまうようにできているようだ。

          うん、だから、マネジメントとか向いてないんだろうな。

          それにしても、今、読んでいるマーケティングの本は、本当に面白い。
          コトラーとかの本じゃなく、理論より実践寄りの内容だから、
          題名を出しても

          「なにそれ?」

          と言われそうなので、割愛。

          それにしても…勉強したいな、本格的に。
          資格目的とかではなく、
          マーケティングの手法が小脳に叩き込まれ、
          仕事において呼吸するかのごとくに、マーケティングマインドに基づいて、
          手法が自然と出るような人間になりたい。




          会社の前に、お菓子の安売りチェーン店が出来た。
          入ってみたが、ご存知のとおり、生来、甘いものが苦手な我輩。
          冷やかしのみ。
          てか、どう考えても、我輩が絶対食べない菓子ばかりだし…。

          ただ、並べられているものは、要するに在庫になったもので、
          バッタ売りされているものなんだよな…。

          どうして、売れなかったのか。
          一つ、手にとって、あれこれ、今しがた喫茶店で読んだ本に書いてあった
          手法で分析してたら、店員から変な目で見られた…。



          マーケティングマインドを持ちはじめると、
          変人になるという副作用があるんだな…。

          でも、分析して、「ではどうすれば売れたのか」と考えることが
          ものすごく楽しい。

          今まで、直感と本能で「売れる」「売れない」「こうすれば売れる」というのがあったが、科学的に整理されると、こうも世界が違ってくるのかと、驚いている。

          まあ、会社でこの手法が通用するのかが、今後の課題だな。
          我輩に欠けているのは、ロジカルシンキングだから。
          うん、痛いくらい自覚している…。
          三軒茶屋ややややや | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          うひょー 痛いーw

          2010.10.15 Friday 14:23
          0
            以前、日記にて「理想的な喫茶店」を発見して
            どーのこーのと書いたが…


            すまん。
            忘れてくれ。


            いや、店の雰囲気は最高だし、
            コーヒーもそこそこ美味いんだけどね…。

            話が前後してすまないが、実は先月、
            WiMAXを契約した。
            入っているプロバイダーがキャンペーンをしてたもので、
            色々悩んだ挙句、WiMAX、それも無線LANタイプのものをレンタルしだした。
            社内のPCから日記を書くのは流石にまずい。
            ノートPCがあるが、ネット接続のために、毎日マックに行くという
            体たらくはしたくない。
            てか、三軒茶屋って、無線LANサービスを提供している店が
            ほとんどないというのも、どうかと思うが…。
            休み時間とかに、カタカタと戯言でも書けられたらいいかなあ…と思った。
            ついでに、以前から携帯電話を買い換えようかどうしようかと悩んでたのだが、よーく考えてみたら、2年契約が済んだからといって、無理してスマートフォンに換える必要って、ないんだね。
            それ以前に、ドコモ、ろくでもないスマートフォンばっかりで…ギャラクシー?あれに手を出すくらいなら、パーム端末でも買うわい。
            てか、2年契約が済んだ段階で、請求書を見ると、4000円以上安くなっている。
            ああ…そか。携帯電話の分割払いが終わったんだっけか。
            じゃあ、その4000円で、WiMAXに入ったほうが、よほどいいや…。

            ごめん、ゴチャゴチャと…。

            で、今では、この携帯モデムと共に外出するのが、休み時間のちょっとした楽しみになっている。
            これで、発見したこの喫茶店で、誰にも邪魔されずにブログをば…。













               電波が入らない…



            一応、ここは世田谷区三軒茶屋。
            でも、この喫茶店の中では、電波が入らない。
            沖縄県の久高島でさえも、WiMAXが入るというのに、



              なんて恐ろしい喫茶店!




            ここはゆっくり、コーヒーを飲んで、静かにしてろっという店なのか!
            そうなのか!
            そうは思いたくないぞ!
            なぜかといえば、隣の席の会話が、




              ものすごーく、痛いのだぞ!







            片方  50歳過ぎた、アルコールが少し入っているようなおっさん
                よれよれの作業着とワイシャツ姿で、でかい声。

            片方  20歳くらいの、どう見てもDQN
                どう見ても、バンド崩れのフリーター。




            「いやあ、こないだ5億円のビジネスをして、儲かったのなんの」
            「おれの先祖、○○藩の藩主で、土地がたくさんあったんだけど、東京出る際に、全部、お世話になった人たちにゆずってさ」
            「AO試験なしで、早稲田大学に受かったんだけど、なんかやることが違う感じがしたんすよ」
            「だから、そいつに5千万円をポンと渡して、『これで人生をやりなおせ』って言ったわけよ」
            「孫社長?マブダチで、よく六本木まで飲みに行くんすよ」














            漫画家の西原理恵子女史が、バンコクで見かけた、屑日本人の集まりについて、漫画で昔、書いていたけど…


            まさか三軒茶屋で

             そんな場面に出くわかすとは

              亡くなった鴨志田さんの

               嫌がらせかと思ったりしたわけよ。








            で、この日記は、会社近くのドトールで打っている。
            新たな喫茶店探しの日に、舞い戻ることになるのか…。
            二重に痛い喫茶店だったな。
            いや、偶然だろうけど、でもWiMAXが入らないというのも、どうかと。
            三軒茶屋ややややや | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

            うひょー 理想的な喫茶店だわさ

            2010.09.17 Friday 14:00
            0
              会社が入っているテナント前に、
              小さな喫茶店があるのを、日記で紹介したが、
              実は最近、行っていない。
              狭いからというのが理由ではなく、
              分煙していないからだ。
              狭い店の中で、副流煙でケホケホする
              色白い結核を患った美少女であれば間違いなく即死する環境で、
              ゆっくりおちついてコーヒーなぞすすれるはずなく、
              地元のチェーンスモーカーの常連が幅を利かす中で、
              世紀末伝説化してしまう我輩の前に出てくるとはいい度胸d



              …すまん。
              さくら剛氏の本を読んでいるうちに、
              日本語が破壊されつつあるようだ、助けてください。



              テナントの2階に、会社の誰もが気づいていない
              広い喫茶室があるのだが、分煙が中途半端あんど禁煙スペースが狭いと来ているから、何ふざけているんだ、出来合いのUCC業務用アイスコーヒーを一杯300円弱で出してる段階で、あるじよべいモードに入っちゃうよおじさんh



              やばい、感染されつつある。
              ここは純文学を読まなければ。
              えっと、メロスは怒った。
              プンプン怒った。
              そういえばメロスの友達の名前はなんだったっけ。セリヌンティウスだったっけ。我輩の記憶で、現在のギリシャ人でこんな舌を噛みそうなのいなかったような気がするが、「ニューシネマパラダイス」の中では。



              気温も涼しくなり、秋めいてきたので、少しだけ遠出をしてみると、
              おお!
              三軒茶屋にこんな喫茶店が!
              改装前の神保町さぼうるを、斜め5度に傾かせたようなボロッちさが
              何とも良いが、なんと、我輩より年上の喫茶店とは。
              これは入ってみなければ。







              あ、いいかも。


              三鷹駅前にあった喫茶室「第九」。
              吉祥寺駅前にあった喫茶店「庭」。
              それらを思い出させてくれて、ホロっとさせてくれるじゃありませんか。


              どっちも、我輩が通い出してから

              つぶれたけどな、3年以内に。




              通い続けたら、つぶれるのか?この店。
              思いっきり、やだぞ。
              我輩がやっと見つけた、隠れ場所だぞ。
              通い続けるぞ、遠いけど。
              でもなあ…どうしよ…。
              このジンクス、最近、また暴れてきているからなあ…。
              三軒茶屋ややややや | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |