ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

労働時間を外部にて一括管理するというのは…

2010.12.01 Wednesday 01:03
0
    「半年で900時間残業」「上司から真剣に生きていない」…新入社員が自殺/ウェザーニューズ・千葉市


    さぞかし「真剣に生きている」んだろうねえ、ウェザーニュース。
    同社の「独自の企業文化」サイトを見たが、
    白々しいというか…


    てかな…
    URLを見るとだな…



    calture



    真剣に生きていれば、
    企業の顔はいい加減でも良いということなんですね。

    わかりたくねえ…



    にしても、時々思うのだが、
    出勤退勤の管理を、一括でどこかで、無料にするというビジネス、できないものだろうか。
    社員が数百円ずつ出して、出退勤のバーチャルタイムカードを、外部の第三者機関のサーバにて入力。
    しかも、社員が会社側が用意するタイムカードか、この機関が用意するタイムカードのどちらを選んでも良いとするように法整備。認めない企業には、それ相応の罰。
    で、過労死や精神的苦痛が発生した場合、この機関に登録されているデータが裁判で証拠に使われる。何せ、ブラック企業って、個人データを平気で破壊するからねえ…外食産業とか。

    それにしても、とことん腐った会社だな。
    社是代表メッセージを読めば、典型的なブラック企業だってわかるが、それにしても、人一人を自殺に追い込まれるだなんて…。


    我輩なら、その上司を金属バットで殴り殺しているな。
    自分を追い詰めるより、自分を追い詰める存在に対して、
    優しくする必要はないのだ。
    一億総ブラック企業化への防衛 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    これについては、仕分け、評価したいぞ(真面目な話)

    2010.10.27 Wednesday 19:16
    0
      厚生労働省の「ジョブカード」という制度ほど、意味のないものはない。
      「ジョブ・カードとは、これを作成する過程で自分の職業能力・意識を整理できるキャリア形成支援ツール」とあるが、このサイトにおける説明を何度読み返しても、また実際のジョブカードのフォーマットを見ても、これの意味するところが、まったく見えてこない。

      理由は簡単。
      履歴書や職務経歴書を作るのと、まったく同じだからだ。
      というか、しっかりと「履歴書や職務経歴書の代わりに提出」と書いているし、何なんだろうな、これ…。



      ジョブカードの中身を見ると…


      「職務経歴」「学習歴・訓練歴」「資格・免許」「自己PR」「志望動機」「目標希望」…




      今すぐ、ここから

      履歴書のフォーマットを

      ダウンロードして

      必要事項を入力しろ!



      いや、本当に意味がないぞ、この制度。
      「履歴書の代わり」とかって、

      まんま履歴書だろ?

      「自分のキャリアを見直し」って、

      履歴書とか書いていけば

      自然と見直しできるだろ?




      メリットが見えねえ…。
      でも疑問が一つ…。
      免許更新の時のふざけたブックレットと比べて、
      このジョブカード、何か利権があるのかな…。
      ジョブカードをプリントアウトできない求職者のために、
      印刷して、どこから利ざやとか…てなほどじゃないしな。
      コピーして渡せば済むことだし(もっとも、印刷会社とか出てきたら出てきたで、爆笑ものだけど)。

      職業能力開発局総務課が、仕事を増やして、

      「どや!仕事してるだろ!」

      という自己満足、『仕事をやった』という勘違いによるものであれば、滑稽ではあるが…まあ、霞ヶ関のことだから、そのような自己満足、ありうるな。




      「ハローワークが指導する履歴書は、全く使い物にならない」

      職業訓練学校時代、面接術の講師(野口先生、お元気ですか?)が喝破した。

      そもそもハローワークは役所でしかなく、ルーチンワークを正確に、再現を繰り返すことが仕事である。
      人の数だけ、履歴書も違ってくる。
      一人の募集に、何百何千と応募が来ることも珍しくない現在、
      似たり寄ったりの履歴書や職務経歴書は、自動的に弾かれる。
      「お?」と思わせる、ゴミ箱行きを思いとどまらせる履歴書を作ることが必要なのに、ハローワークが定める履歴書は「その他大勢」扱いになる内容でしかない。
      ましてや、このジョブカードという制度は、この「その他大勢」の履歴書を、更にホルマリンで固めるようなものでしかない。



      ジョブカードは「廃止」=特別会計仕分け1日目−刷新会議


      これだけは評価するぞ。
      でも、「埋蔵金」()とやらは、どうしたんだ?
      一億総ブラック企業化への防衛 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

      これで月17万円

      2010.09.12 Sunday 21:08
      0
        北海道の枝幸町役場が、IT情報技術専門職を募集。しかし、条件が厳しすぎ


        下記資格を全て保有、または
        年度内に取得見込みの方となっています。

         * 電気通信工事担当者DD1種〜3種
         * 第2種電気工事士
         * Cisco認定資格CCNA以上
         * Linux認定資格Lpic-1以上
         * CAD利用技術者2級以上
         * 光ファイバーケーブル融着知識保有者
         * 普通自動車免許一種



        これで月給が17万円。



        極めて最近、似たようなことが周囲であったもので、
        日記に書きたいと思った。

        正直に言って、この募集を出した自治体には、
        雇用に関する考え、管理能力が欠落しており、
        また同時に、現実社会を見たことのない、クローズな世界から
        抜け出せられない偏狭さが見られる。

        スーパーマンを雇うつもりなのか?
        これに準じた人材が、枝幸町にはゴロゴロ転がっているのか?
        これらのスキルをすべて持ち合わせ、僻地に出向かせるのであれば、
        20万円にもならない給料で、ほいほい人が来ると思っているのか?

        おそらく思っているのだろう。

         現実社会における人材の幅についての情報を集める能力欠落
         
         雇用する側のロケーションリスクについての客観的な把握能力欠如

         現実に即した人材と雇用する側の地域リスクのバランス能力の欠如

        この三点が、枝幸町に限らず、
        現実社会を知らない組織や人間が引き起こす原因となっている。



         * 電気通信工事担当者DD1種〜3種
         * 第2種電気工事士
         * Cisco認定資格CCNA以上
         * Linux認定資格Lpic-1以上
         * CAD利用技術者2級以上
         * 光ファイバーケーブル融着知識保有者
         * 普通自動車免許一種


        これ全部を持っている、ねえ?
        これを要求するのであれば、要求する側も
        それ相応のスーパーマンなんだろうな。
        いいかげんにしろ。
        この要求スペックを現実的なものに落とす能力がなければ
        求人をかける資格はない。

        我輩であれば、こうなるな。

         必須スキル
         * 普通自動車免許一種
         * 電気通信工事担当者DD1種〜3種、もしくは第2種電気工事士
         
         下記のうちのどれかのスキル
         * Cisco認定資格CCNA以上
         * Linux認定資格Lpic-1以上
         * CAD利用技術者2級以上

         あれば優遇
         * 光ファイバーケーブル融着知識保有者

        これで募集人員を3名ほどとし、基本給を30万円、能力給追加ということにする。
        一人に何でも求める発想しかないのであれば、それは無能な人事だ。
        人件費がもったいないというほざくならば、全部揃っている人材が仮にいたとしたら、我輩であれば、枝幸町町長の給料の倍以上を出しても足りないと断言する。
        また、一人に全部ひっかぶす愚行を進めるのであれば、その人が倒れてしまった場合のフォローはどうするのか、逆に訊きたい。本当のスーパーマンを望んでいるのであれば、このスキルスペックを求めている人がスーパーマンであるのか、逆に問い詰めたい。



        日本一億総ブラック企業化の現象は、
        求人広告を出す人間の、現実を理解しようとしない無能さによって
        引き起こされている。
        こういう非現実的な人材を求める人間がいるとすれば、唾を吐き掛けたい。
        一億総ブラック企業化への防衛 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

        JAL、マジで倒産しちまえ

        2010.09.08 Wednesday 00:11
        0
          【JAL】 内定です→入社は卒業後になります→(学生卒業)→君達は入社できません→派遣屋を紹介します

          新卒者の甘さを批判することもできようが、
          JALの糞馬鹿さがここまでヒドイとは。

          てか、この内定取り消しが意味するところは、
          JAL自身、もう再建できないということと同義であること。

          パイロットは一朝一夕で一人前にできない。
          あたりまえだが、長期間の投資があって、はじめて航空会社の財産となる。
          つまり、だ。
          パイロットを育てることを断念したということは、
          航空会社として存続できないということを、白状したわけだ。

          倒産してしまえ、JAL。
          この会社が存在する意義も意味も理由も理屈も大義も同情もない。
          一億総ブラック企業化への防衛 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |