850キロ先の聖地

  • 2010.11.22 Monday
  • 21:33
イスラム教徒たちによる『メッカ巡礼』の様子を撮影した画像


サウジアラビア王国出張の時、泊まっていたホテルからタクシーを拾い、職場に向かう道の標識に

「メッカまで●●●キロ」

と掲げられていた。



このまま、車を走らせれば、メッカに入ることができる。
全世界10億人以上の信者たちの聖地。
かの聖地では、いかなる地位は無意味であり、
いかなる武器を持ち込むことも認められない。
ムスリム・ムスリマにとって、ハッジ(大巡礼)の時に、巡礼に赴くことが義務とされ、巡礼を果たした信者の罪が洗い清められる。
リヤドの市場には、巡礼用の縫い目のない生地が大量に売られていた。
白色無地のタオル地のようなものであったが、それはまるで、出産し、湯につかり、清潔なタオルに包まれた赤ん坊のような気にさせるものだった。
ハッジは、生後直後の罪無き状態に戻すことが目的とされ、ハッジを成し遂げた人は、今までの罪が許されたことをアッラーに感謝し、死ぬ日まで良きイスラム教徒として過ごすことに意味がある。
かつてのマルコムXは、このハッジを成し遂げた直後、正統イスラームに帰依したことは、映画などで良く知られている。

しかし、かの聖地に入る資格を、我輩は持ち合わせていない。
イスラームを受け入れた人でなければ入れない。
ましてや、どこをどうみても、生まれた時からムスリムじゃない我輩の様子を見れば、市に入った直後に、宗教警察に首根っこを捕まれるのが目に見えている。



だが、我輩は、すぐ近くにいた。
歴史の教科書でしか知らなかったメッカは、目と鼻の先にあった。
なんとも不思議な気持ちになった。
全世界から、毎日5回の礼拝が、あの地に向かって捧げられている。
そのような地のすぐ近くに、我輩が立っていたということに、なんとも言えない感動を覚えたものだ。

以前、日記にも書いたが、イスラームは宗教以上に、あの過酷な地において生きるための方法そのものの教えなのだ。
もし、これから死ぬまで、サウジアラビアで生活しろという状況になったら、我輩はかの地において、躊躇無く改宗してたに違いない。
それは強制とかではなく、あの地では、イスラームを信奉していなければ、生きていけないということである。
1日に5回礼拝しなければ、息抜きし、水で身体を冷やすタイミングを失う。
アルコールなんぞ飲んだら、脱水症状で死んでしまう…など。



でも、時代なんだねえ…。

たとえば、礼拝終盤で、小石を柱に投げつける儀式が、今では、壁に作られたミニチュア(?)版に対して…。
食事もなんか、ファーストフードっぽくなっているし…。

うー、何を言っているのか、知りたい知りたい知りたいw

  • 2010.11.16 Tuesday
  • 23:23




以前、カプサ好きのアラビア人おっちゃんが主人公のアニメを
紹介したけど、「アブーセグ」という名前らしい。
ちなみに、ヨルダンのアニメ。

意味がわからないし、何を言っているのかもわからない。



でも待てよ…
我輩が日本語を学ぶきっかけになったのは、
「ドラえもん」や「がんばれゴンベエ」の漫画が読みたい、
「勇者ライディーン」や「ゴレンジャー」の台詞が知りたいがためだったよな…。









へ?
実写版もあるの?
もしかして、このおっちゃん、アラブでは有名なコメディアン?

うーん…世界は広いな…。

「未来少年コナン」がぁ…

  • 2010.10.17 Sunday
  • 23:22
サウジアラビアでの
「未来少年コナン」。
1:23以降が、サウジアラビア王国での
主題歌…












いやあ…
これは予想外というか、なんというか…

数ヶ月前のことだけど、
機会があれば、また行きたいな。


ついでに、
サウジアラビア王国での「グレンダイザー」OP。








あれ?
なんかかっこいいぞw

東京ゲームショーに来るのか

  • 2010.08.20 Friday
  • 23:00
サウジアラビア王国の訓練生が、東京ゲームショーに合わせて
来日するかもしれない。
そういえば、現地で約束したもんな。

「日本に来たら、秋葉原を紹介してやる」




…宗教警察が発狂するな、間違いなく。


えっと、まずは、
キッチンジローでトンカツセットを食わせ、
耳掻き屋で太ももピッタリの体験をさせた後、
とらのあなとかでエロ同人誌売り場に放り込み、
海洋堂のむっちりフィギュアの展示物を見せ、
エロゲ売り場に案内し、
居酒屋「こくまろみるく」で泥酔させ…









我輩がブラックリストに載ってしまうな。うん。

「次に何が来るのかのヒントが嗅ぎ取るために、是非とも、秋葉原に行かなければいけないよ」

なんて、無責任な発言をしてしまった「先生」ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。



しかし…あのコンサバティブな格好で、来るのかな。
じゃあ、我輩も。

あ、コスプレになってしまう。
それはよろしくない。

ゲーム開発とゲーム開発教師の間

  • 2010.08.17 Tuesday
  • 20:50
ゲーム制作の経験者で、
教員免許を持っている人について、
我輩は自分以外に、他一人しか知らない。

教員免許を持っているからと言って、
ゲームの作り方を教えられるのかといえば、自信はない。
ただ、少なくとも、カリキュラムの作り方、
評価、教授法、何よりも生徒学生との接し方について、
大学での講義だけではなく、2週間の教育実習から身につくものである。
まあ、その教育実習も、内容によりけりではあるが。
我輩は幸い、三鷹市内の公立中学校で教育実習をみっちり2週間、
行うことができた。
当時の中学校での担当教官は大変厳しく、
授業の進め方、短期的なカリキュラムの作り方から、
授業前後の予習復習の重要性を、これでもかと叩き込んでくれた。

ものすごく感謝している。
感謝しても感謝しきれない。

当時(今はどうか知らないが)、通常であれば
出身高校で行うものであるが、我輩はそれを拒否した。
高校で教育実習の大学生が毎年来ていたが、
大人数で(何せエスカレータ校だったから、卒業生も多い)、
一人一時間しか実習ができないというものだった。

やるのであれば、徹底的に。
当時から変わらない、我輩の生き方。

そのおかげか、実習一週間後には、自分なりの教え方というのを発見した。
なんてことはない、オリジナルの漫画を描き、教科書のストーリーを説明しただけだ。
「不思議の国のアリス」を、アニメ絵で描いたものだから、受け持った2年生以外のほかの学年から、休み時間に絵を描いてとせがまれたものだ…。

でも、距離感を縮めることの大切さが理解できた。
その道具としての漫画が、幸いにしてあった。
ただ、単純に縮めても、先生と生徒とのしっかりとしたラインの引き方も、担当教官に教えていただいた。

最初から教師というのはいない。
いきなり教師になるということは不可能だ。
なぜ、免許制であるのかということを、再認識する必要がある。



で、だ…。



サウジアラビアでー…
ああ…もー…

ラマダーン休暇が近いから、まだいいけど、
ゲーム開発者が教師になってはいけない理由が
痛いくらい分かってきたよ…。

サウジアラビア王国を見習え

  • 2010.08.09 Monday
  • 20:59
【奴隷】 「有給使い切る国」 1位はフランス、日本は最下位



サウジアラビア 76%





6位かい!

てか、ラマダーンの時期に、2〜3週間くらいの
バケーションを取るのが当たり前らしい。
ちなみに、訓練生の何人かが、ラマダーンバケーションを利用して、
メディーナ、マッカまで巡礼(小ハッジ)するとか。

日本でいえば、お伊勢参りか(チガウ。



あと、誤解しないように。
サウジアラビア人は勤勉。
GPOでも、警察官でも、小売店の店主も、
いわんや宗教警察も(彼らが一番まじめだったw)、
働くとなると、まじめに長時間、働く。

但し、空調が効いた室内限定。
そりゃ、我輩でも気温50度のところで、
何かしろといわれても、動きようがないわいな。
環境で、生理的に動けなくなるから、いらぬ誤解が多い。

ラマダーンの期間は、我慢の訓練期間。
結構、意味があるのかもしれんな。


それにしても、この腐れよう…
どこに原因があるというのか。
かつては、復興と繁栄という目標があった。
今あるのは、人の足元を見る、一億ブラック会社化した
誇りを失った日本。

そうなんだよな…現地は平日初日なんだよな

  • 2010.08.07 Saturday
  • 19:55
前々職から使っていたキーボードが正常に動かなくなり(こんなんばっかり)アキバまで出向き、新しい(けどやすい980円のバッファロー型落ち)のを買い、自宅に帰ると、サウジアラビア王国の現地基幹から問題発生の連絡が…



ちょっと待て。
我輩を指名するな、こら。
コミケ前だぞ、おい。
てか、夏休みくらい、あってもいいでしょうに、ねえ。



別の人を行かせる方向で調整をしたいのだが、
上長が夏休み、入ってるからなあ。
我輩が独断で進めたいところではあるが、はてさて
どうしたものか。

香港で夏休みとるか?(マテ

Mohawarah という伝統芸能だそうです

  • 2010.08.06 Friday
  • 00:15
以前、日記で、
サウジアラビアの男性たちが飛んだり跳ねたり歌ったりという
伝統芸能らしきものを紹介したが、
あれはなんぞ?…と、youtubeで
質問をしたところ、ぞろぞろと
サウジアラビア人が懇切丁寧に答えてくれた。





Mohawarah
محاورة

なる伝統芸能で、
マイクの前で歌っている人は、
プロの詩人。
全部即興で、日本の和歌で言うところの五七五七七みたいな
決められたフレーズの中で、詩を作り、みんなで歌い
囃し立てるというアラビアの古典芸能だとのこと。

アジミーフさん、アマールアルアジフさん、イスマイールさん、
カリーフさん、アルアジーフさん、ありがとうございました。

これ、本当に楽しそうなんだよなあ…。

心身ともに合っていたのか

  • 2010.07.31 Saturday
  • 21:39


アラビアパンにチーズを練り、蜂蜜たっぷり…
卵や豆のシチュー




現地のファーストフード
ライ麦のバンズに、蒸し鶏と生野菜、オリーブ油たっぷりのドレッシング
極甘のコーヒードリンク
場合によっては、極甘のアラビアお菓子を山盛り




カプサ(アラビアのピラフ)に、バーベキューした羊、もしくは鶏肉
サラダ
ゴマペースト
デザートにはクナーファ(パンケーキっぽいものに蜂蜜たっぷり)
食後はデーツとアラビックコーヒー、水パイプ


移動はすべてタクシー
運動する機会はなし。




いやね、今日、定期健診を受けたんだけどさ…。
こんな生活を続けたら、数値、悪くなっているだろうなあ…と、思ってたんよ。

結果?



「山本さん、数値が全体的に、良くなってますねえ」



中性脂肪だけ上がったのだが、
他の数値が改善されてしまった。

ふむ…
やはり、アラビアの大地は、我輩にとって、
心身ともに、優しい所だったのかな。

今しがた…

  • 2010.07.23 Friday
  • 00:02
サウジアラビア王国の件に絡んで、
懐かしい友人から電話があった。







アッラーは、本当にいらっしゃるのかもしれんな。
うーん…。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Andy山本の脳内の一部

Feel Free To Follow

flag counter

free counters

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM