ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

童が母を求めるが如くのフェテシズム

2016.06.06 Monday 16:16
0
    JUGEMテーマ:美術鑑賞





















    台湾の親友より、東京で開催されてる台湾イラストレータKCNこと、呉旭曜先生初個展「帝国の曙」のご案内があり、ギリギリ鑑賞することができた。定期精密検査の後、地下鉄を乗り継ぎ、道に迷いながら(てか、新橋駅、再開発しすぎw)やっとのこと到着。
    時間が時間だけに、鑑賞者は我輩一人であった。

    感想?

    感想…ねえ。

    感想を言う資格が我輩にあるのかどうか…
    我輩の狭い感覚から大きく飛躍した、背筋がぞくぞくする表現の数々に、どういう賞賛の言葉を並べたら良いというのだろうか。
    飾られた絵の一つ一つが、台湾人、そして日本人に対する呼びかけ、いや、慟哭にも似たような叫びが飛び出てくるかのようだ。

    呉先生のテーマは、国民党政権によって徹底的に破壊され否定され隠ぺいされた日本統治時代を掘り起こして、独自の世界観でそれを狂おしいまでの深みのある色彩とファンタジーをもって、憧憬として訴えることにある。
    我輩自身、台湾の統治時代を完全なパラダイスだとはこれぽっちも考えていない。ただ良きも悪しきも全ても含めて、”あの頃”を鬼才と言える表現力で、キャンバスいっぱいに描きつくそうという気魄に、ただただ脱帽するしかない。

    日本に対する過大評価された憧れ、幻想と言うこともできるかもしれない。
    だが、数年前に台北で観た「KANO」で感じられた、台湾人の日本に対する「堂々としなさい」という励ましは、同じように台湾人自身に対しても、日本と同じように、世界に対して「堂々としなさい」という訴えと同じくするものであり、日本統治時代を一種の「原風景」としての幻想を通して、独立した台湾人としての誇りを呼び起こすものに連なっている。

    その証拠に、描かれているのは日本人だけではない。
    統治時代に活躍した多くの台湾人も描かれている。蔡阿信、陳澄波などが、多くの郷愁と共に描かれている。
    女媧伏羲を彷彿させる日本と台湾をイメージした姉妹絵には、背筋がゾクっとした。
    一方のみを偏愛するのではなく、台湾がまずあり、台湾の中に日本があり、日本がまずあり、日本の中に台湾があり…それを狂おしいフェテシズムの世界の中に、鑑賞者を誘うのだ。

    そしてそのフェテシズム溢れる幻想は、エロティックではあるが決して劣情をもよおすソレとは全く違う。
    親とはぐれ、泣いて母を求める童…その童の名前を懸命に呼び、必死に探そうとする母…理屈を超えた、離れようにも離れられない「何か」への「愛」…呉先生は描き、これからも描こうとしている。
    そして現実に、共に見つけ、共に抱きしめた時こそ、呉先生の作品は完成される。



    彼の絵は、東アジアへの「預言」なのだ。
    台湾 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    第4回台湾旅行記初日

    2011.09.01 Thursday 23:10
    0
      いつもなら、台湾の同人誌即売会とかを冷やかすのが、最大の目的であったりするのだが、
      今回は特にそのような計画はなかった(少なくとも、この時点では、だが)。
      311以降、多大な援助をいただいた台湾に対して、
      何か恩返しがしたい…でも、どういう恩返しが良いというのだろうか?


      「遊びに来るだけで十分だよ」


      台湾のある方から、そのようにアドバイスをいただいた。
      よーし…遊びに行こう。
      無論、仕事のストレスがひどかったのも原因かもしれない。
      気分転換として、台湾ほど素晴らしい癒しをもたらす国を、我輩はとんと知らない。





      で、ジェットスターを利用したわけだ。
      安いツアーがあったのが幸いした。
      だが、ここで不自然に思われる方も多かろう。
      なぜ、機内の写真を撮らなかったか?



      狭かったんだよ…
      座った途端、前のシートが迫ってきたんだよ…

      (※Andy山本は、カプセルホテルに泊まれないくらいの、軽い閉所恐怖症なのだ)

      2時間のフライト、ずーーーっと眠ってやり過ごした。
      安さのためとはいえ、オーストラリア人、平気なのか?この狭さ。
      3時間が限度だが、エアアジアの場合、
      マレーシアからフランスまでの直行便があるんだよな…我輩、発狂しそ。



      到着すると、現地のガイドと合流。
      なんと、参加者は我輩と鷹のみ。
      お願いをして、SIMを買いに中華電信のブースまで。
      そ、今回の目的の一つとして、台湾製のスマホを買おうというのがあった。
      あったんだけど、結論から言うと、買わなかった。
      HTC製のスマホは確かに魅力的だったが、値段も、ね…想定外の高さだった。

      「中華電信とかと契約すれば、半額です」

      まあ、日本と同じ仕組みなわけだ。
      通信会社がハード代を持って安く端末機を購入させ、契約で利ザヤを得る。
      2年間、台湾と往復するような事態になれば、迷うことはないのだが、
      次回、いつ来れるのだろうか…。

      NTTドコモよ。
      糞ギャラクシーとか入れずに、HTCなどの台湾製端末を入れろ!
      マジな話、ギャラクシータブの一日フリーズする回数が、7回にまで増えたぞ!
      だから今回の台湾旅行では持ってこなかったんだぞ!



      なんやかんやでホテルにチェックイン。
      今回は駅から近い。
      いや、サンルートとかも近いが、大きな交差点で待つというリスクがない分、
      ものすごーーく駅から近いように感じられる。

      で、当然、夜遅くであろうが、突入する場所は…








      うひょひょひょひょひょひょ〜♪
      やはり夜市ざんしょ〜♪

      観光客向けになったとはいえ、平日にも関わらず、AM2時過ぎても
      営業しているから助かる〜♪

      年内中に、この仮店舗(でもでかいよな)から、新しい区域に
      全店移転するようで、この何とも言えない活気ある光景は、今回が見納めとなるわけか。
      さみしいなあ…。






      で、また超大型ステーキを頼んだわけさー。






      安いワケさー。 






      こういうところで食べるわけさー。



      …次第に沖縄弁になるのは、なんでだろ。
      雰囲気が似ているからか?







      食後はやっぱり、これなワケさー。
      あああああ、豆花〜♪




      やはりこうじゃなければね…。










      で、なぜか苦茶を頼んだわけだ。
      苦さにもだえ苦しんだが、
      ここで新しい決意が生まれた。


      帰国まで、

      「苦茶」

      の看板を見かけたら、躊躇せず注文し、
      平気な顔で飲み干せすようになったら、勝てる。




      何に勝てるのか、意味不明だが、
      ことほどさように、台湾に到着したことが、ことほどさようにうれしかったわけさ。w

      台湾 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |