ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

倉庫なんぞ借りずに...

2017.04.16 Sunday 23:42
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    ゲーム業界を引退し、心臓の状態が落ち着いた数年後、自宅を整理しようと、もはや使わないであろうものを一時的に保管すべく、湾岸添いにあるプライベートレンタル倉庫を契約した。

    月額2万円。

    かなり高い賃料だと思いつつも、一時的に、そう、3か月くらいで引き払おうと思ってたから仕方ない…そう思って借りた。

    でもね、一度そういうところに預けると、忘れるというのではない…惰性というべきか、そこに置きっぱなしにして安心するというか、預けたらまあしばらく放っておいても良いかな?…てな感じになってしまう。

    想定してた期間を過ぎ、気づくともう2年以上も預けてしまってた。

     

    2万円×24カ月

     

    おおおおおお…台湾まで何往復できるという金額を無駄に支払ってたんだ、我輩のバカ。

    しかも再来月から賃料が値上げだと?

    ダメだ…早く何とかしないと。というか、GWの予定もないのに、そんな時期に車なんか出せないだろ、渋滞がひどくて。

     

    てな感じで、倉庫会社まで連絡し、契約延長を行わず、捨てられるものを捨て、使えるものは持ち帰るということにした。

    この半年間、いろんな書物を電子化して、本棚に余裕ができた。否定的な人も多く、彼らの言うこともいちいちごもっともであるが、本当に好きな本以外、たとえばあまり読む機会のない専門書、逆に普段からスマホやタブレットで読みたい小説や漫画については、かえって電子化したほうが便利だったりする。

     

    さて、車「雪風」を飛ばして湾岸地区へ。いつもは倉庫会社のデリバリーサービスを利用しているが、直接倉庫まで出向くのは初めてだったかもしれない。

    鍵を開け、自分の倉庫スペースを開ける…ふむ、2年という割には、埃とかかぶってないんだね。空調とかいろいろ、気を使ってるところだからかな?

    にしても、箱いくつあるんだ…30個くらいあるぞ?

    しかも、倉庫に入れた当時、区別するために箱に何か記号とか書いているが、どういう意味だったのかさっぱり忘れた…老化の所為にしておこう。生来のいい加減さで、じたばたしても仕方ない。

     

    で、一つ一つ開けてみる…

     

    えっとね…結論から言うとね…

     

     

     

     

    ぜーんぶ、

     

    ゲーム業界当時の

     

    関連書類や資料

     

     

     

     

    山のような企画書、仕様書、設計書、ラフ絵、絵コンテ。キングファイルに綴じられたのが半分以上であるが、残りはクリアフォルダーとか、ホッチキスで止めたりだとかで、もう何が何やら。ざっと見渡しただけで、全部、我輩が作成したものだ。企画書の種類だけで、300くらいあるなあ…よくこんなに思い浮かべて、パワポとかWordとかでまとめたものだ。ああ、当時の我輩が描いた絵も、エロエロだったな…。てか、裏紙に、エヴァンゲリオンの伊吹マヤのエロ絵ばっか描いて、ゲーム企画に関係ねーだろ!てか当時の我輩、マヤageだったっけ(ぉぃ 。

    読みだすデバイスなんぞあるのか…というMOディスクの山。当時、そういえば我輩はMO愛用者だったっけ。にしても、段ボール2個分もMOディスクを使うか?

    企画書とかを作るための書籍もまた、半端ない数だ。当時は現在と違い、インターネットとかで調べるにしても限界があり、書籍とかビデオ、DVDに頼ることが多かった。洋書も多い。広州や香港で買った武術本とかも多い。あ、そういえば神保町でいろいろと古本屋で買った資料、ここに保管してたんだ。実践呪術とか、例の不思議な体験をした古本屋で買った古書とか、古代オリエントの生活とかの資料とか、ああ、ここに置いてたんだなあ…。

    そして、もうゲームの山、音楽CDの山、ゲームやアニメとかのムック本の山。

     

    まあ、なんとゆーかね、自宅に持ち帰るのは無理だわな。

     

    数箱だけ積み込んで、倉庫会社の人と相談し、後日大量廃棄をお願いすることに。何を捨てるかとかについては、再度調整。概算を利くと、想定より安い。

    断捨離という言葉を安易に使いたくないが、過去のモノだ。誰にも覗かれずに、全部廃棄して、清算したい。

     

     

     

    んで、帰路途中で秋葉原に立ち寄り、液晶タブレットを購入。

    5年以上前に、板タブが壊れ、以後、マウスだけで同人漫画を描いてたが、ひどい状況が長らく続いてな…

    倉庫を取っ払うからというので、うりゃあ!ってな感じで買った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    アマチュアだから下手なのは承知しているよ?

    でもね、下手は下手なりにだが、

     

    描くのがこんなに楽しい

     

    ものだったのかと、

     

    ものすごく感動している。

     

    慣れるまでに時間がかかるが、この練習さえも楽しくて楽しくて仕方がない。

    落書きだけだが、1時間に10枚くらいのペースでガリガリ描いてる。

    いや、本当に楽しい!

     

     

     

    …あ。

    そっか。

     

     

    さっき倉庫で見た、あの企画書とかの山も、そうだった。

     

    あの頃、いや、今でもそうなのだが、黙っていても脳の奥底から、アイデアが湧き出し、それを企画書にしたり、絵にしたり、簡単なルールシステムを作ったりするのが、飯を食うよりも、寝るよりも好きだった。自分でも何かの精神病じゃないかとも思ったこともあった。今でもこうして、駄文を書いてる最中でも、どこからともなく、何かしらのアイデアが出てくる。いや、囁いてくるというのか。それをまとめようとすると、激しい狭心症の発作が必ず起こるから、相手にしなくなったが、今でも聞こえてくる。

     

    とにかく楽しかった。

    それと同じ感覚かもしれない。

    金がほしいというのでなかった。

    有名になるという考えもなかった。

    ただ作るということだけが、この上もなく楽しかった。

    それと同じ感じだ。

    無邪気な子供のお遊びのような、無心になれるこの楽しさが、何よりも好きだった。

     

     

     

    ま、GWの予定、決まったな。夏コミの原稿、楽しくやれそうだ。

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    大型特殊の免許を

    2017.04.10 Monday 15:48
    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

      望む望まぬにかかわらず、有事は近づいてきている。

       

      マスゴミは報道しない自由を駆使したり、北朝鮮を刺激するほうが悪いとか喚いていたりしているが、有事になったら無事に済むと思っているとしたら、お笑いである。

      それにしても、近づいてきている。

       

      で、ふと思った。

      そうなったら、何が個人において必要なのか、有事に際して、国民の一人として国のために何かできることはないのか、と。

      一番確かなのは、きちんと税金を納めること、警察消防自衛隊の邪魔をしないこと、必要であれば何かの形で協力すること...自己完結型の環境を持ち合わせていないので、それくらいしかできない。

      避難誘導の邪魔をしないのが、せめてもののできることであるが、それでも何かのスキルがあれば、お手伝いしたいと思ったりする。

      未熟であっても、人手が完全に不足しているのいうのであれば、その技能を有するということで、助けられるのであれば、と。

      無論、不要であればそれでよいし、かえってそのほうが安心である...十分に人員がそろっているということを意味しているからだ。

      だが、何が起こるか分からないのが有事だ。

      一つでも、駒があれば、と。

       

      そんな風に考えて、大型特殊の免許を取ろうかと真剣に考えている。

      GWを使って合宿するというのもあるし、意外と近所(調布)の教習所でも講習が行われている。

      普通免許を取得した大和自動車学校は既に閉校したが、大特取得が可能であった...教員から、「ついでに取ったら?何かの時に役立つよ?」と勧められたが、なんで受けなかったのか悔やまれる。w

       

      とはいえ、大特を取ったから終わりというわけではない。

      周知であるが、これはあくまでも、特殊社長を公道で走らせるための免許であって、これを取った上でショベルカーなどの講習を別途受けなければならない。

      前者は比較的教習所が多いが、講習費用が結構高い。

      後者は費用そのものは安い(なんか、補助も出るっぽい)が、開講している処が極端に少ないし、経験がモノを言う。

      でも、興味は尽きない。

       

       

       

      GW、合宿とかあるかな?

       

       

      - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

      その背後に何が…とか?w

      2017.04.03 Monday 14:30
      0

        JUGEMテーマ:ゲーム

         

        ゲームデザイナーで原画家の松下佳靖氏が、Facebookの中でこんな本を紹介されてた。

         

         

        タイトルからして、ビンビン来るものがあり、あるゲームタイトルについても「紹介されてますか?」と質問したら、別の方から「してるうよー」とのご回答。即、アマゾン注文。

        ビッグタイトルについては、当事者へのインタビューを交えて、発売されなかったことについて書かれてて読み応えがあった。

        やはりメインは、お金の問題…まあ、これは世の中において仕方ないと言えば仕方ない。シリーズものだと、前作が売れなくて、その為に中止解散というパターンが多い。

         

        本の中で、ファンとして気になってたが、最後まで出てこなったタイトルがあり、感慨深いものがあった。

         

        東京ゲームショーで、ぐるぐる回転するだけのマップの上をただ歩くSDキャラしか出てこなかった「モンスターメーカー 神々の箱舟」。いろんな意味で有名だった、多部田プロデューサ曰く、CG、スクリプトなど全部できてる…が、本書では仮に完成したとしても、「発売をしないことを決断する人」と称してる。うーん、眉が唾でベトベトになっちゃうな。w

        まあ、雑誌に書かれてることだけ書かず、直接インタビューしてほしかったが、たぶん、煙にまかれるだけであろう。

         

        「Early Reins」「末廣商店街」...なんつか、マーカス事案が多かったなあ。

         

        「戦場の出前持ち」も出てたとは...ゲーム業界にいた時、こんなゲームがあるのですが...ということで、持ち込まれた思い出がある。ぷにぷにほっぺたに拘りを持って、ここを再現するのに時間と労力を...って説明を受けて、そのシュールな雰囲気は個人的に大好きだったが、何でかその後、話がなかった。

        我輩は推しまくったが、会社の事情だったのかな、まあどうでもいっか。

         

         

         

        全体的に機密保持関連で、インタービューとかできなかったケースが多い。

        でもね、前述の「掲載されてるよ?」と教えていただいた「青山ラブストーリーズ」については、直接関係していなかったけど、混乱しまくってた状況をある程度、教えられたものを。

        背後がね…臭すぎる案件だったんだよなあ。

         

        キーワードは、

         

        KCG青山はどんな感じでできた会社か。

        パワハラ全開のMという人物。

        Windows95「ときめきメモリアル」。

        選択肢とエンディング数。

         

         

         

        どーしよーかなー…久々に炎上ネタを披露したいところだけど(ニヨニヨ

         

        - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        出費のタイミングとゆーやつで

        2017.03.20 Monday 11:45
        0

          JUGEMテーマ:PC関連

           

          そろそろ夏コミケの原稿を開始するかな...と思い、パソコンに電源を入れたら、怪しげな動き。

          買って3年、色々と酷使してきてはいるが、パソコンの寿命ってこんなんだったっけ?

          会社で支給されているレノボ(イヤダッテノニ)は確かに3年取り換えであるが、あれは会計上のことだからな...まあ、使い方が色々と怪しかったから、よいタイミングだったのかもしれんが。

          HDDの状態は、クリスタルディスクで調べると正常だ。

          ただ、コミスタの動きの酷さ、起動までの時間(考えられる起動時のソフトを全部排除しても、だ)、時々ブラックアウト(青スクリーンよりマシかもしれないが)、動画編集等の処理の異常な遅さ(大した量ではないのだが、一晩かけても30%しか処理できなかった時の絶望感といったら)、USB無反応(これには一番ビビった、パワーUSBなのにだよ)...

           

          経験からすると、マザボだろうな、ほぼ間違いなく。

          メモリーが8GBしかないというのもある。

          であれば、増設という手もあるが、これまた経験からして巧くいった試しがない....

           

           

           

          やはり買い替え時、か。

          原稿を描いてた時に、パソコンが沈黙して、バックアップにノートPCを出したらそれもブラックアウトし、その時の夏コミは鷹に以前預けてたコピペコマでやりくりしたという、壮絶な過去があり、そのトラウマが未だに残っている。

          またその時に使ってたペンタブも何故か動かなくなり、その後で買ったPCにも無反応....ある時期から、絵がフニャフニャになったのは、その後、マウスでぜーーーーーーーーーーーーーーーんぶ絵を描いてた所為。

           

          「買えばいいだろ!」

           

          って怒られそうだが、タブレットって、微妙な値段なんだよね...ゲーム業界にいた頃であれば、持ち帰った仕事とかで使いまくれたものが、今は完全なカタギで、週末にしかせいぜい起動しない。

          脳内で差し引き計算したら、

           

          “買わなくてもなんとかなるっしょ”

           

          ってんで、マウスでグニグニ....同人誌を買われた皆さん、ごめんなさい....。

           

           

           

          じゃあ、早速、新しいのを探そう...ってんで、このサイトからまずジャブを繰り出したわけだが...

           

           

           

           

          だから...どうしてこういうヘンなものが、トップに来るんだよ。

          うーん...確かにこういうヒネリものは好きだけどさー...スペックも悪くないけどさ...

          一晩置いて、ちょっと考え直そう。

           

           

           

           

           

           

          うん、これはダメだ。

          元々、リビングとかで使うものであること。

          デザインと音響重視のため、USBポートなどが致命的に少ないこと。

          拡張性がないに等しいこと。

          そもそも、動画編集とか漫画作成に最適なパワーがなさそうなこと。

           

          ファミリー向けに考え出されたものだから、ダメに決まってる。

          なんでグラグラ揺らいだんだろ、我輩。

          それ以前に、液タブなんか接続するのに、色々と問題があるだろう。

           

           

           

          液タブ?うん、むしろこっちを先に買うべきじゃないかろうか、と。w

          - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          ちょっと石垣島、波照間島まで

          2017.03.12 Sunday 11:14
          0

            行ってきておりました。

            大学時代の後輩(とゆーか、友人)達から、

            「暖かいところへ行きたい」

            という誘いがあり、んじゃあ、マイレージを全部使い、宿代も会社の補助とか色々使って...

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            定年退職後、移住を考えてて、マレーシアか台湾か...と思ってたが、まさかのダークホースが...。

            沖縄本島とは全く違うんだね...八重山諸島は。

             

            この話は、また後日。

            - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            版権云々以前の問題だけどね

            2017.02.26 Sunday 22:11
            0

              JUGEMテーマ:ニュース

               

              公道マリオカートレンタルの会社、ついに任天堂から訴えられる

               

              ヤボ用のため、港区の事務所とかまで行く最中に、よくこのカート一団を目撃してた。

              あの任天堂がよくもまあ、こんな怪しげな連中に版権を貸すことができたなあ…と思ってたら、無断使用だったとは驚きというか、それ以前の問題として、21世紀の日本でそういう商売をする馬鹿がいるというのが呆れかえったとゆーか、なんとゆーか。

              張本人はこういう顔で、名前は山崎雄介、会社サイトはアクセスできないとゆーか、おそらく裁判対策として見えなくしているようにしているが、こちらの取材記事でどんなのか覗くことができる。

               

              「版権なんか契約とかしなくていいんだよ!使ってあげてるんだから!」

               

              と、最後に勤めたゲーム会社の社長が、そんなことをのたもうていたのを思い出したが、そうなるとこのマリカーの社長って、「俺様が法律だ!」という昭和の脳筋なのか...いや、普通に考えれば、大学のサークルのノリでやってたというパターンだろうな。

              いずれにしても、今後は和解して傷が広がる前に撤退するのか、計画倒産で夜逃げするか、話題を集めるために裁判をもつれさせる腹積もりなのか...まあ、どうでもいいけどね。道交法ではギリギリだろうけど、あんなのが目の前で運転してたら、怖くて仕方がないったらありゃしない。

               

               

               

              そういえば、こんな倒産ニュースがあったな…

               

              延期されていた 「グルメンピック2017」 の総合企画会社 破産手続き開始決定受ける

               

              小規模店舗での外食店において、出展費はかなり”痛い”ものである。

              どっかの週刊誌(「新潮」だったかな?)の記事で、ここの社長であった中井冬樹は(徹底的に情報を隠しまくってるなあ…)、「やりたかったから...」という理由で、イベント開催のノウハウもないまま募集して、そのままトンズラという展開でそのまま破産。その前に、本社(?)を何度も変えてまくってたのにも、いつの時代の詐欺経営者...と思ったが、意外と若いそうな。

               

              いつの時代の...か...。

               

              いや、ね、ここの会社サイトはまだ生き残っているんだけど、その中である写真が気になったんよ。

              トップから(にしても、Wordpressをそのまま使いましたー…という内容がなんとも…)、「輸出入事業」を開く。

              そこの「食品の製造販売、輸出入事業」で使われている写真をご覧あれ...

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              たいてい、この種の写真は、会社が実際に取り扱っている製品を写真に使うものである。

               

              いや、使わなければならない

               

              何故ならこの写真自体が、会社が何を取り扱っているかを正確に示すパンフの役割を有し、他社のモノを掲載したら、訴えられても仕方がない。ホンダの自家用車のパンフに、スバルのセダンが掲載してたら、おかしいでしょ?

               

              で、この写真を、よく見ると...だ。

              なんで、「リッツ」があるんだ?...ん?でも、「ピッツ」ってなってる。

              「ギネスビール」もあるね?うん?でも、なんかハープの形がおかしい。

              アメリカ名物のマシュマロジャム「フラフ」もあるね?でも、ネーミングが違う。

              マヨネーズの「ベストフード」が、「ベストフィール」だね。

               

              え?

              この会社、いわゆる、偽ブランドの加工食品を輸入してたってこと?

              100円ショップとかで、似ているけどブランド名が違う、味が最悪の外国産インチキ食品が売られているのを見かけるが、そういうものを卸してた会社だとゆーのかな?

              だとしたら、もうこの段階で、会社として存在してはいけない専門商社だってことになる。

               

              ちょっと画像を検索してみるか。

               

               

              ...

               

               

              ...

               

               

               

              んんん???????????????

               

               

               

              えっと、みなさん。

              ちょっとこれは....これは何と言うか....

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              この写真に並べられているものは、インチキである。

               

              いや、正確に言えば、食品ではない。

               

              ある雑貨ファンのこちらのサイトの、この写真から

               

              盗まれたものであった...。

               

               

              ..........

              これはもうなんと言うか、世間を舐めてるというパターンであったとゆーか。

              100円ショップの食品売り場ではなかったとゆーか。

              あとでブログの方に連絡しておくか。我輩も勝手にリンクしているから、クレームがあれば、リンクや画像を切るとしよう。

               

              「個人の更新がストップしている画像だから、盗んで当然だ」

               

              とゆー、発想か。

              いやあ、凄いな...

              今の時代、いくらでも検索で調べられるというのにねえ...。

               

               

               

              いや、そういう時代だと知らないから、こういう結果になったとも言えるのかな。

              - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              こいつは良い本だ♪

              2017.02.06 Monday 11:44
              0

                JUGEMテーマ:台湾

                JUGEMテーマ:グルメ

                 

                 

                なんでこの本を知らなかったんだろう、我輩。

                「また台湾?」と言われそうだが、うん、また台湾なんだ、すまんな。

                 

                ガイドブックに掲載されているレストランに入るのは、安牌であり、それを否定するつもりは毛頭ない。

                実際、台北市内の鼎泰豐はやはり美味しい。小龍包も然り、何よりもここの炒飯は絶品であり、初めての旅行者は当然ながらも、慣れた人でもやはり美味いものは美味いを感じさせる。

                「観光客向けだから、台湾人はあまり行かないよ?」と友人の台湾人は言ってたが、さしずめ、浅草寺門前の天麩羅屋と同じかな?でも劉さん、鼎泰豐と大きく違うのは、鼎泰豐は高いお金を出した分以上の美味を提供してくれる。あの天麩羅屋はインチキでねえ…

                 

                まあ、年に2回以上訪れる台湾であるが、ディープなリピータになると、ガイドブックにない安くて美味しい店をどうやって見つけるか、発掘するかが楽しくなってくる。

                昔と違って、今はグーグルマップとそこにある評価システムにより、この作業はだいぶ楽になってきた。気になるところがあれば片っ端から☆を入れて、到着した後で空腹具合を見計らい、その場所に向かう。

                ブログとかも大変役立つ。一番良いのは、台湾に色んな理由で(お察しください)沈没している人の情報。限られた財布の中から、どうやって安く美味しい、満腹になれる店を見つけ出すのかが、彼らにとって大きな関心ごと故に、当然、穴場情報が簡単に得られるというものだ。

                 

                我輩が見つけた穴場は、台北駅地下街にある乾麺の屋台。

                店名は判らないが、赤く派手な花の壁紙が貼られ、比較的満席状態が続く店を、おばちゃん達が(時々、息子っぽい高校生が)乾麺などをせっせと作る。愛想はないが、安くて量も多く、ニンニクが強い味付くは我輩好みだ。

                この地下街には、他に多くの食堂があるが、常時混雑している店、いつ見ても閑古鳥が鳴いてる店、東南アジアやイスラム圏からの人たちが大勢食事をしている店の三つに分かれている。もっと入って確かめて見てもよいかもしれない。

                ああ、そうそう…郵便局と併設しているお茶スタンドもあるが、別々ではなく、どうやら同じ店員が同じ業務を行っているらしい。このアバウトさが、何とも心地よいものがある。w

                 

                で、前述の店に限らず、たいていの安食堂にあるのが、魯肉飯だ。

                豚肉の煮込みそぼろというものと言えば良いのか、これをご飯にかけたり、乾麺の上にもやしと一緒にかけたりして出される。

                どの店にも「秘伝」があるらしく、とりあえず入った店にこれがメニューとしてある場合、なるべく頼むようにしている。

                量が少ないので、胃の容量からすると大した問題ではない(あ、カロリーは別の話かな)。

                甘味の強い店、酢の酸味が特徴的な店、生姜の辛さが印象的だった台南の屋台は印象深かった。

                スーパーに行けば、缶詰とか売られてて、開けてホカホカご飯にかければ簡単に魯肉飯ができる。日本向けなら、レトルトパックのがあれば売れると思うんだけどなあ...。

                どうもこれは、日本におけるカレーライスや味噌汁とかと同じで、「母の味」に属する料理のようだ。

                高雄で英語のできるタクシーの運転手と、何気にこの事を訊いたら、好みの店は、やはり生まれ育った味の店になるようで、別の運転手と魯肉飯の味について言い合いになったと笑ってたっけ。

                 

                この本を読むと、なるほど、確かに作り方は似ているようで、微妙に違っている。

                生姜を入れるか入れないか、五香粉とかを入れるか素材の風味を重視するか、料理酒としての米酒(日本酒ではない、味がちょっとドギツイw)をどうするか...なるほど、母から娘へ、また家族の求める味によって、家庭によって違う味が出てくるのも当然ということだ。

                逆に考えれば、基本軸さえずれていなければ、自由に作っても良い料理だということだ。

                 

                それにしても、良い本だ。

                大好物の菜脯蛋は、台湾の菜脯(塩気の強い干し大根)がないと作るのは厳しいのか。

                油飯は結構簡単に作れるものなのだな。

                客家料理は...ああ...やはり別の意味での手間が必要か。

                笹塚の店を、これら台湾の家庭料理を作るための素材を買う所だと認識すれば、だいぶ行きやすくなるなあ。

                暫く台湾まで遊びに行けないとしても、味覚から逆ホームシック(?)を癒すこともできるということだ。

                 

                 

                 

                旅行の目的は味から。そう思うと、台湾はやはり、イラフォルモサなのだ。

                - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                徒然と...てか、映画をまた観てるし

                2017.01.30 Monday 01:02
                0

                  JUGEMテーマ:映画

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  JUGEMテーマ:台湾

                   

                   

                  ブログのアクセス数を久々にのぞくと、ある日は3000あって、別の日は100くらいで...二週間以上、放ったらかしにしておくと、何が起こっているのかさっぱりわからんが、キーワード別に見ると、日立でのパワハラとかに御関心ある方が多いようで。

                  書きこまれた方々には、後日、我輩なりの考えを返したいと思うのでよろしくー。

                   

                   

                   

                  仕事が特に忙しいというわけではないが、単調な日々の繰り返し。アイデアを出す際に興奮して、アドレナリンが出たりするが、そのために狭心症の発作が起こりやすいという身体の状況を考えれば、退屈極まりないルーチンの繰り返しのほうが良いに決まってる。が、やはり、寂しい気持ちはあるものだ。

                   

                  そういう時は、どうでもいいことを考えて、現実逃避するのが良い。

                  もっぱらのテーマは、台湾留学。

                  まあ、現状でできるとは思ってはいないが、たとえば定年退職後、台湾のどっかの大学の語学センターに留学するというのはどうかな…という妄想を繰り返している。

                  ただ調べていくと、60歳以上の入学は認められていないそうな...となると、私立の語学教室ということになるのだが、かつて日本語学校で働いていた我輩として、この手の業界に対しては、疑いの気持ちをどうしても抱いてしまう。

                  となると、定年前に留学?

                  それもそれで、すごいリスキーではあるな。

                   

                  学ぶのであれば、台北のように、無理すれば日本語が通じるところではない地方都市が良い。

                  高雄や台南は魅力溢れる街であるし、台中も台北に近く、いざという時に新幹線で移動できる。

                  嘉義のあの町の雰囲気が大好きだ。

                  だがここはいっそ、東海岸...そうだ...花蓮はどうだろうか。

                  一度しか立ち寄っていないが、心の中で数日間、滞在したいと強く思っている街だ。

                  調べると、語学センターを持つ慈済大学というところがある。

                  授業料が安い。

                  台湾の賃貸サイトを覗くと、そこそこの物件でも、一か月2〜3万円で滞在できる。

                  いいんじゃないのー...と思ったら、こちらの大学、全寮制で学生先生全員、制服必須。

                  そっか、還暦過ぎて制服を着るのかw

                  んー…台湾華語もだけど、本音を言えばいわゆる、台湾語(広義での閩南語)を学べるとしたら...台東より南になるのかな。

                  まあ、こんな感じで、現実逃避。

                   

                   

                   

                  映画を一気に二つ観てきた。

                  まったく別テーマであるが、妙なところで一致しているところがあったのが面白い。

                   

                  現代の戦争の形から、新たに生まれる矛盾をテーマとした、映画「アイインザスカイ」

                   

                   

                  そしてこちら、故遠藤周作による、信仰と現実の矛盾をテーマとした、映画「沈黙-サイレンス-」

                   

                   

                   

                   

                  いやあ...同じ日に、こうも根底において同じ「訴え」の映画を観ようとは、思わなかった。

                   

                  過去の戦争と違い、現在は遠隔距離から、秩序を破壊するテロリストや敵を効率的に、味方損害を限りなく0にして、情報を組み合わせて狭い範囲で殺害するのが現代の戦争。鉄砲を持って、突撃ワーな時代はとっくに終わっている。

                  長い年月をかけて、テロリスト集団の首謀者の場所を突き止め、新たなテロが起こされる前にミサイルを撃ちこむ...しかし、そのミサイルを撃ちこむ範囲に、テロとは全く関係のない無辜な少女がいたとしたら?撃ちこんだら、確実のその少女まで巻き添えで殺される。しかし、ここで首謀者を殺さなければ、後日、別の場所で、何百何千もの無辜な市民がテロで殺される。

                   

                  後者については、原作があるから割愛。

                  だがこれも似たシチュエーションだ。

                  宣教師が”転ぶ”ことで、目の前の拷問を受けている信者が救われる。

                  宣教師が殉教を望もうとも、実際に殺されるのは無辜なる信者達なのだ、宣教師は生かされて、無残に死ぬ信者を見ていくしかできない。信仰か、それとも眼前の悲劇から人を救うことか。

                   

                  「沈黙」は長らくカトリック教会で、「禁書」とされてきた。

                  「転んだ」人たちは、教会からすると「腐った果実」であり、それらを日本人の視点から描いた作品は、唾棄すべきものであった。

                  故人はしかしながら、彼らのような「弱き者」に寄りそい、共に涙する「同伴者」としてのイエズスを見出した。

                  確かに「日本人的」であり、バチカンからすると到底受け入れがたいものかもしれない。

                  だが、「沼」の中で、禁制終了後に辛うじて「根を張る」には、その「弱さ」を通しての祈りが必要だったのだ。

                  それに現代の日本のほうも、バチカンの強硬さを責める筋合いはない。現在の日本のカトリック教会もまた、その意固地な「黙って敵に喜んで殺されろ」という考えは、とても「普遍」のものであるとは言えないし、バチカンに全く従っていないただの売国奴に成り下がっている。

                   

                  前者については、無辜なる多数の市民に対する「敵」の「攻撃」を止めるには、無辜なる一人の少女に対する「味方」の「攻撃」は許されるのか。

                  ただここに、この映画の甘さはある。

                  もし、少女ではなく、一人の老人だったらどうだろうか?

                  会議室の英国軍は、躊躇したであろうか?

                  「命は平等だ」という「偽善」を、我輩は信じない。

                  仮に老人だったら、躊躇なぞしなかったであろう。それが愛くるしい少女だったから、自分の孫や娘と重ねたから、苦悶していたに過ぎない。

                  多数のおっさん達の死体が、波打ち際に打ち上げられても、誰も何とも思わなかったが、赤ん坊の死体が地中海の自ら拾い上げられる写真が報道されたことで、欧州が混乱の中に陥る状態となった。

                  一人の少女の命は、多数の市民の命に勝るという根拠があれば、示してほしかった。だがこの映画には、その「偽善」を正当化する根拠は何一つ出すことはなかった。ただ、かわいそうだから...結局、感情論だけか。

                  「恥ずべき作戦」ねえ?結局、いい子ちゃんぶりたいだけなのか。

                   

                   

                   

                  へ?我輩?躊躇しないよ?

                  - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  おすすめの常備菜、おしえて!

                  2017.01.16 Monday 22:36
                  0

                    おすすめの常備菜、おしえて!
                     

                    本当にネタがない。

                    いや、新しい旅行の計画を立てたり、会社でどうにも納得いかないことがあったり…ホント、日記にするにしても、我輩個人としても、大したことのないものばかりで、日記は相変わらずの放置状態。

                    毎日書く必要がない職業になったからというのもあるが、それにしても、書かない状況が長く続くというのも、あまり気持ちの良いものではない。

                    てか、この一週間、このブログを覗く人の波が激しくて…何があったんだ?w

                     

                    な、わけで、困った時のジュゲムネタ。

                    うーん…これは…うーん…個人的な趣向だから、万人向けではないからね。

                     

                     

                     

                    まず切らしていないのは、種抜きオリーブの酢漬け。ご飯のおかずにはならないが、洋食関係の料理を作る際にいろいろと使っている。

                    プッタネスカスパゲッティにはこれは外せない。

                    スープとか作った際の、スプーン休め(?)にも必要だ。

                    チーズトーストを作る際に、数粒スライスして乗せて焼くのも悪くない。

                    正直なところ、なんにでも会うのだが、一方で注意しなければならないのは、内容物だ。安い瓶詰は特に注意。酢ではなく水に漬けてたり、怪しげな化学調味料とかぶち込まれてるものは、素直に棚へ戻すべし。

                    そして、この酢漬けオリーブと共に、小さく切ったチーズ、生ニンニクのかけら、もしもあればプチトマトとかをまとめて和え、オリーブオイルをかけて冷蔵庫に入れれば、立派な常備菜になり、小腹空いた時にぴったりなアペタイザになる。酒の肴にもぴったりだ(意外と日本酒にもあう)。

                     

                    マイブームのミートローフなぞも、常備に最適だ。

                    たくさん作ってしまい、食べきれないものを薄くスライスし、冷蔵庫に保管。

                    食べるときは、市販の安いパルメザンチーズを振りかけて、オーブンで数分焼けば美味しくなる。

                    常備菜ともいえるかもしれないが、ミートソースも余ったものを冷蔵し、ミートローフに少しかけてやはりオーブンで焼けば、食欲そそるものになる。

                     

                    最近はやらなくなったが、自家製ザワークラウトも作って楽しいものがある。

                    紀伊国屋とかで売られてるドイツ製も好きだが、我輩オリジナルのは、酢と胡椒、唐辛子をがっちょり入れるハードティスト。

                    腐って失敗する確率を低くするのにも良い。

                    古くなったら、ソーセージやベーコンと煮込むスープにしたりする。

                     

                    さつまいも煮というのも、思い立った時に作る。輪切りにして、黒砂糖、生姜、お酒とかで煮る、いわゆる台湾流。いつぞやどっかの自助餐で食べて、「あ、これなら作れる」と思い、帰国してから作ったのは始まりだったっけ?どちらかといえば、デザートがわりだね…台湾では、温かいスープとして食べるが、我輩の場合は煮つけのような感じで。

                     

                     

                     

                    参考に全然、ならないわな。

                    「常備菜」って、要するに、冷蔵庫の中にある程度保管でき、食事の時の「ワンモア」という扱いで…なんかどれもこれも、違うニュアンスだなw

                    まあ、とはいえ、料理はいろいろと面白いものがある。趣味というものではないが、食べることが大好きな我輩にとって、作ることもまた好きなことである。

                     

                    女性いわく、間違っても「俺のメシは?」と言ってはいけないらしい。

                     

                    なもんだから、このネタが出てきた時、

                     

                    「なんでこの夫は、妻のために作ってあげないんだ?」

                     

                    と不思議に思えて仕方なかった。

                     

                    夫の分を買うから、妻の分も買ってこようか…って、はあ?

                    買う?

                    作ってあげろよ。

                    疲れてるから?

                    疲れていても、作れる料理なんざ、たくさんあるんだぜ?

                    妻は作るのがあたりまえ?

                    21世紀にそんなことを思うのが異常だわな。

                    後片付けが面倒くさい?

                    あのな、下ごしらえから後片付けまでが料理だっての。

                    てか、冷蔵庫の中を開けろ、戸棚の中を探せ。そこにあるものだけで、作れるものを考えられないのであれば、結婚すんなっての!

                     

                     

                     

                    …と、結婚できないブ男が言っております。w

                    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    なんか映画ばっかり観てるような気がする

                    2017.01.08 Sunday 19:26
                    0

                      JUGEMテーマ:映画

                      JUGEMテーマ:台湾

                      「君、映画好き?」

                       

                      ってな質問をしてくる馬鹿を時々見かえるが、逆に映画が嫌い、親の仇とゆーくらいに憎いという人がいたら、是非とも色んな意味でお会いしたものだ。

                      いやね…先月から今日にかけて、やたらと週末、映画を観に行っているような気がしてねえ。

                      映画鑑賞が趣味というものではない。

                      面白そうな映画が立て続けに封切されているというわけでもない。

                      50歳という年齢が見えつつある独身ブ男の我輩として、週末、ネットに向かってどーのこーのするのが何とも嫌なものがあったりして、じゃあ、外出を…と思っても、行くところはだいたい決まってる。

                      であれば、だ…映画でも観に行こうかな、と。本当は観劇が好きなのだが、夕方開始がメイン。早起きの我輩にとって、夜に終わるそういう劇は、少し苦手だったりする。

                       

                      昨年末、台北で観た映画を含めて、いっきに整理する。

                       

                       

                       

                       

                       

                      おそらく日本では、単館でさえ上映されないであろう。

                      だが、心の奥底まで染みわたる、「失われつつあるもの」への「希望」、そして「失われつつあるもの」と共に「自然と共に去る」ことへの不思議な共感を、画面いっぱいから放たれ、忘れられない内容として帰国後もなおも膨らむ限りない「哀愁」を、このドキュメンタリー映画は魅せてくれた。

                      馬政権下での大陸追従政策に対して、台湾人は多くの反発と、台湾人であることの意義を見つめ直す行動に出た。

                      そのうちの一つが、「台湾熊」だった。パンダを台湾に入れて、中南海におべっか使う馬に対して、半分冗談ではあるが、なぜ台湾に昔からいる黒熊を出さないでそんなモノを出すのだ!・・・と怒ってた。

                      20世紀末、屏東科技大學野生動物保育研究所の黃美秀教授は米国で学んだ熊保護の手法から、台湾黒熊について本格的な研究を始めた。それまで、「いる」のは判ってるが、「どんな」生き物なのか謎だった台湾黒熊の生態、生息地域などについて、フィールドワークを通して、画期的な研究成果を発表していた。

                      そしてある高齢の原住民ガイドがいたからこそ、彼女の名は輝くことはなかった。

                       

                      惜しいなあ…これ、日本でも上映してほしいな…。

                      無論、興業的に厳しいのは判ってる。

                      だが、それだけの価値ある映画であるのは間違いない。

                      なお、字幕は台湾華語だったので、内容全体を掴むことができなかったが、漢字の雰囲気で大体理解できた。こういう点で、台湾映画を現地で観るのは楽しいものだ。

                       

                      そしてにしても、最後の字幕がショックだったな。ただ、それがこの映画のテーマなんだろうな。

                       

                       

                       

                       

                       

                      はい、観に行ったよ。原作を読んだ人間として、映画とのズレ云々を言うつもりはない。

                      全体的にやはりよく纏まっていて、感動できる内容でよく出来てたが、ケチを少しだけ。

                       

                       うん、どうしても、「永遠の0」になっちゃうよね。

                       あれ…撃墜されるシーンとかって、原作になかったよな…まあ、やはりこういうのが、前の映画の…。

                       

                      出光がモデルなんだけど、ふと思った…今は判らないが、同社では「社員は家族」という精神から、残業代とか一切払っていないってのがあったな。

                      今の労働基準法において、同じ精神を抱き続けることができるのかな、と。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      これも観てきた。

                      で、個人的な感想をいつものように…

                       

                       

                       立川爆音映画館で絶対観るな!音割れが酷すぎる!!!

                       うーん…やはり、スターウォーズじゃないよな、これ。まあ、別の映画だと思えば十分に楽しめる。

                       キャラクターについて、もっと教えてくれてもいいのに…。

                       うん、座頭市と、砂ぼうず…だね。w 特に前者・・・震え方とかが正にソレなんだけどw

                       半ブサはヒロインの条件だという点は、継承しているなあ。

                       あれ?文字を原則出さないのに…なんで数字が出てるんだ?間違えたか?

                       なんだろ…これ、「七人の侍」っぽいところもあるんだな。

                       いつもは悪役のはずの帝国軍が、時々まともに見えるのはなんでだろw

                       んで、お約束のパターン。

                       全滅の展開は、昔観た、「ラストインパクト」を思い出すなあ。

                       おお…合掌。若い頃の映像を、CGで起こしたんだな。

                       

                       

                      まあ、スターウォーズファンは観るかもしれないが、それ以上の感想が出てこないな。

                      週末だったのに、劇場は30%くらいしか埋まってなかったし。

                       

                       

                       

                       

                       

                      あー…うん。

                      まあ要するに、「デンマークはナチスについて、とやかく言えるのか!」という内容だったということで。

                      エンディングは映画ならではの脚色で、「許してー」だったが、史実ではあの後、別のところに送られて、ドカンドカンだったんだよなあ。

                      史実を知ってるのであれば、鼻につく内容だった。だから観客、我輩とあと数人の高齢者しかいなかったのか。w

                       

                       

                       

                      さて、次は何を観に行くかな?

                      - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |